悪の華道を行きましょうを全巻無料で読む方法!rawや漫画バンクの配信状況や試し読みできるアプリ情報も

漫画「悪の華道を行きましょう」を全巻無料で読めるサイトはあるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやebookjapan、コミックシーモアなど漫画アプリの無料配信状況を調査しました!

「悪の華道を行きましょう」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「悪の華道を行きましょう」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「悪の華道を行きましょう」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 1~4巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 1~4巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 1~5巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「悪の華道を行きましょう」はebookjapanなど3つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「悪の華道を行きましょう 」をクーポンで6巻半額で読める

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「悪の華道を行きましょう」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
悪の華道を行きましょう
ebook公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「悪の華道を行きましょう」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「悪の華道を行きましょう」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「悪の華道を行きましょう」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 配信なし

漫画「悪の華道を行きましょう」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「悪の華道を行きましょう」のあらすじと感想

あらすじ

王子に捨てられた美貌の悪役令嬢。

セレスティーヌは第1皇子の婚約者で、皇子のハートを奪っていったヒロインに嫉妬しいやがらせをする。

そのことが皇子の耳に入りセレスティーヌは悪評の宰相と結婚させることにする。

ハゲでデブのおやじなのに…

以前は見るだけで嫌悪感を感じていたはずだったが、どこかガマガエルのような外見にトキメキを感じてしまった。

2人は初夜を過ごし翌朝を迎える。

セレスティーヌは幼少期に父親を亡くしていたせいで、年齢の離れた父親のような男性に惹かれていて、まさにハゲでデブの宰相は理想の男性像だった。

そんなセレスティーヌを少しバツの悪そうな顔で見つめる宰相だったが、2人の結婚生活は穏やかに過ぎていく。

そんなある日のこと、宰相はセレスティーヌに『自分のことは本当はどのように思っているのだ?』とたずねる。

皇子よりセレスティーヌをいじるようにいわれていた宰相だったがセレスティーヌのことを本当に愛しはじめ…

こ、こんな禿げデブオヤジといやがらせ婚!? ※この作品は『悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ! アンソロジーコミック』収録作品と同一の内容を単話版として再編集したものとなります。

感想

4.5

こんな爽快なストーリーはないです。
これまでの話というのは、大抵は美男美女。
大抵は、薄幸の美少女が王子さまに見初められるという展開です。
ですが、このストーリーでは、見た目も悪いおっさんに嫁ぐ美女。
それも、美女はおっさんを心から愛していて、なんとか自分のことを愛してほしいと願っている。
そこには、純粋な愛が確かにあるんです。
セレスティーヌは、恋愛もののヒロインには珍しい、見事なまでの枯れ専だったという、これまた常識を覆すような設定なんです。
最初は、コメディかなと思うのですが、次第に、セレスティーヌの気持ちがわかってきちゃうんです。
そして、自分をふった第一王子に対して、結婚を祝う言葉を投げ掛けるセレスティーヌに、スッとしました。
(40代・女性)

4.0

なんといっても、宰相が気になった気になって仕方ありません。
最初は、かなり嫌なおっさんでした。
見た目がという問題ではなく、セレスティーヌに対しての態度があんまりだったのです。
ふんぞリ返って、偉そうで、いくら前世の記憶が関係していても、なにもこのおっさんを選ばなくてもと思いました。
ですが、セレスティーヌの真の気持ちに気がついた宰相が、だんだん可愛い中年になっていく姿というのは、かなり胸がキュンとします。
セレスティーヌではありませんが、なぜこんなにも宰相に魅力を感じるのでしょう。
1度、魅力的だと思ってからというもの、宰相のしてること全てが気になってしまうのです。
もしかして、こういう男性もいいかもと思ってしまいました。
(40代・女性)

4.5

前世の記憶を思い出したとはいえ、結婚相手となったハゲデブな宰相に恋をするってあり得るかな?と思ってしまいます。
でも、セレスティーヌは恋しちゃうんだから、分からないものですよね。
宰相が見目の良いセレスティーヌに良い感情を持つのは分かります。
知らず知らずのうちに、本気になっちゃうのもすごくわかります。
だって、セレスティーヌが自分のためにいろいろとやってくれるんですもの。
可愛くて若くて、自分のことが好きな女の子が傍にいたら、そりゃあころっと行っちゃうよなと思います。
でも、割とセレスティーヌも腹黒な部分があって、宰相の好感度アップなどのためには、周りを利用することも厭いません。
絵柄も独特な感じもしますし、ストーリー展開も面白くてついつい読んでしまいます。
(30代・女性)

5.0

セレスティーヌにとっては義理の息子・マルクが気になります。
宰相に似ず、好青年に育ったマルクは周囲からも人気で、セレスティーヌと付き合っているという噂すら出てしまいます。
確かにマルクもセレスティーヌに対して好感はあるようですが、自分の父親にしか興味のないセレスティーヌのことをちゃんと理解しているので、この二人が恋に落ちることはないなと思います。
でも、今後この二人の関係はどうなるのかもちょっと興味がある部分です。
それに、マルクに結婚相手が見つかったら、その相手とセレスティーヌとの関係も気になるところです。
あと、隣国の王子・ジェイスも注目しています。
最初は否定的な目線で短期留学に来たのですが、自分を歓迎する宴でセレスティーヌがいろいろと手を尽くしたことによって、この国だけでなくセレスティーヌにも好感を抱いてしまいます。
結構ちょろい感じなので、今後もセレスティーヌの手玉に取られそうな気がします。
(30代・女性)

4.0

セレスティーヌにとって前世の記憶といってもこんなにもハゲでデブな男性を選ぶとはと、変な設定で話はつながっていくのか、面白いのかと思っていましたがだんだんカワイイと思うようになってきました。
宰相も第一皇子から命令をされていたけど、自分に尽くして周りにピタっとくっついている若いセレスティーヌを見ていると、そりゃぁ好みとか好みじゃないとか関係なく年が離れている分余計にカワイイと思うと思います。
そこにきてセレスティーヌは美女なので、これは本当に恋愛に発展していって問題なしです。
気になるのは息子のマルクですが、こちらは義理母になるセレスティーヌにどういう感情を抱くのかという展開も今後楽しみな部分ではあります。
(20代・女性)

4.5

今まで読んできた漫画って主人公はほぼほぼ美男美女でした。
漫画を見ていて相手が綺麗だから、カッコイイから感情移入しやすかったと思うのに、今回は全然違う…
見た目はハゲでデブのオッサンと結婚するという美女なのでストーリーは面白いのかと少し疑問でしたが、そんな不細工なオッサンに惚れてしまったというセレスティーヌがかわいく感じました。
本心で宰相のことを愛していて、宰相から愛されたいと願うなんて心も素敵な女性だったのですね。
今まで私が見てきた漫画ではありえない設定ですが、これぞ純愛!という感じでこの2人の掛け合いを楽しく読んでいました。
自分のことを痛めつけようとした第一皇子に対して、これほどの綺麗なやり返しはないでしょう。
(20代・女性)

漫画「悪の華道を行きましょう」の作品情報

作品名 悪の華道を行きましょう
作者 やましろ梅太
出版社/レーベル 一迅社/コミックZERO-SUM
巻数 既刊5巻 ※2021年11月現在
公式サイト 「悪の華道を行きましょう」公式サイト
公式SNS 「悪の華道を行きましょう」作者公式Twitter
Wikipedia

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました