青島くんはいじわるを全巻無料で読む方法はある?漫画バンクやrawで新刊まで配信されてるか調査!

青島くんはいじわる全巻無料 女性マンガ

漫画「青島くんはいじわる」を新刊まで全巻無料で読めるサイトはあるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやebookjapan、コミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「青島くんはいじわる」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「青島くんはいじわる」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「青島くんはいじわる」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「青島くんはいじわる」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

 

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「青島くんはいじわる 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「青島くんはいじわる」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「青島くんはいじわる」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
青島くんはいじわる
ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「青島くんはいじわる」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「青島くんはいじわる」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「青島くんはいじわる」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「青島くんはいじわる」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「青島くんはいじわる」のあらすじと感想

あらすじ

雪乃はシングルで34歳だが、あと3日で35歳になる。

雪乃はシングルを悲観しておらず、むしろ楽しんでいる。

仕事の後には豚足を片手にお酒を飲んだり、彼女としては充実した日々だった。

そんなある日のこと、雪乃の妹が結婚式をすることになりそれが彼氏同伴で行かなければならなくなる。

雪乃は偶然居合わせた会社の皇子こと青島に彼氏役を懇願してみると、意外にもOKの返事が!

青島は雪乃よりも9歳も年下の26歳で、まさかの回答だった。

青島からしてみるとイケメンで寄ってくる女性が多く困っていたので、雪乃を女除けと考えていたそうだ。

お互いにそれぞれの思惑があって始まった偽物カップルで協定を結んだが、独身35歳の雪乃と意地悪皇子の青島26歳のその後は一体…

意地悪な青島だったが、雪乃はどういうわけか気になる存在に…

 

感想

4.0

これまでにない胸キュンストーリーになっていて、次がどうなるのかすごく気になります。

青島は、黙ってさえいればものスッゴいイケメンです。

そんな彼が、なぜ雪乃にだけ冷たくしてみたり、優しくしたりするのか謎でした。

年下の男性との恋愛では、男性の方がヤキモキしたり、ふりまわされるイメージがあったんです。

それなのに、この作品では年上の雪乃の方が振り回されていて、そこがすごく面白くて、胸がキュンとします。

青島はいじわるですけど、なぜいじわるなのかが、だんだん見えてくるんです。

そして、そこには実は雪乃への熱い情熱があって、たまりません。

雪乃に、一緒に住まない?と提案するものの、そのことで雪乃を困らせたと反省するシーンなどに、年下らしい可愛さを見た気がします。

(40代・女性)

4.0

雪乃のキャラクターは、とてもリアルな気がします。

本人は、元々は恋愛にさほど焦ってはいなかったのだと思います。

でも、妹の結婚式に出るために田舎に帰ろうとすると、そこには田舎ならではのあるあるがあって、読んでいて「わかるなぁ」と思いました。

青島に対して、初めて自分の気持ちを伝えた時、彼女はやっと素直になれたのだと思います。

大人になってくると、なかなか勇気が出ないものです。

青島に愛されているという実感が、彼女にはなかったのだと思います。

青島が母親を縁を切ったと言った時、雪乃は自分のことのように傷つきました。それは、孤独を知っているからではないのかと思うのです。

青島に縁を切られた母親のことが、雪乃にはほっとけなかったのだと思います。

純粋に年齢は関係ないのだと思った瞬間でした。

(40代・女性)

4.5

35歳独身、きちんと仕事もこなす堅実な雪乃は読者であろう多くの同年代女性が共感しやすいキャラです。

その雪乃が26歳の青島君にキュンキュンさせられる様子、仕事に恋に、時には悩みながらも進んでいく様に
ついつい自己投影してしまうほど夢中になりました。

26歳の割には落ち着いていて、雪乃をあたふたさせるほど甘え上手な青島君。

最初は周りの女性がうざったくて女性除けのために雪乃を彼女代わりにしていた彼がだんだん彼女自身をみるようになって惹かれていくのは恋愛漫画の王道ですが、この年になると片思い恋愛中のまどろっこしい行き違いよりも、すぐ体の関係になって結婚をバリバリ意識させたりと、物語も中だるみなどはなくサクサク進む展開で一気に読み進められます。

後半結婚にあたって強力な障害「母親」の登場でやきもきしますがどうぞハッピーエンドを信じて最後まで読んでほしいです。

(40代・女性)

5.0

このマンガ、なんとていっても「青島くん」の魅力的なキャラ設定が秀逸なのです。

まわりから一目置かれるほど仕事ができる26歳で、古くからの友人には女性からもてすぎて心配され
あげく会社内でのあだ名が「王子」という一見完璧すぎるキャラ設定の青島君。

雪乃と付き合うのも最初はお互いに別の目的があり、お互いのことを好きなわけではなかったのに、一緒にいるうちにどんどんひかれあう過程で青島君のかな~りSな部分や小悪魔的なセリフやしぐさがこれでもかというくらい炸裂し、キュンキュンさせられること必須です。

そんな彼ですが35歳からみればやっぱりまだ「若!」とつい上から目線でみてしまうようなほほえましい部分もあったり母性本能をくすぐってしまうような一面もかわいらしいところです。

とにかくこの9歳も下のちょっといじわるな彼氏が魅力的すぎてついついページをめくってしまうのです。

(40代・女性)

4.0

読み始めたきっかけは、インスタグラムの広告に出てきて興味を持ったからです。

まず、絵が好きで続きを読みたいなと思いました。

女性にとって30歳をすぎるといろいろありますし、周りからすれば結婚と出産が当たり前だと思われてしまいます。

主人公の雪乃は35歳。

女としていろいろ諦めていたりしていたときに、青島くんと出会って物語の始まり。

特に何か大きなハプニングが2人の恋愛にあったわけではないし、想像していた通りの展開にはなりましたが、2人の周りではいろいろありましたね。

青島くんの家族にフォーカスが当たりますが、本当に家族の形はいろいろです。

幼い頃に別れた母との確執や、父の思いなど感動し、最近の漫画はただの恋愛だけではないので面白いです。

2人の最後の選択と、青島くんのサプライズには感動でした。

(20代・女性)

4.5

やはりイケメンの青島くんです。

最初はやっぱり嫌なやつってかんっ時ですが、話が進んで雪乃と付き合ってからはそんなことありません。

溺愛っぷりが最高に可愛かったですし、年下彼氏あるあるなのではないかと思いました。

年下でありながら、頼れるところはすごく頼れるし、仕事もできて最高の自慢できる彼氏だなと思いました。

冷血な人かと思ったけど全然そんなこと有りません。

幼馴染にとってもすごく頼りになる人だと思われていたからこそいろいろゴタゴタしてしまっただけだと思います。

阻止やはりなんと言っても最後のサプライズ。

すごく素敵でした。

結婚式のシーンが素敵で、こういう結婚式もありだと思いましたし、私もあんな風にしようかなとも思いました。

愛してるって言葉が素敵だと再確認できる漫画でした。

(20代・女性)

漫画「青島くんはいじわる」の作品情報

作品名 青島くんはいじわる
作者 吉井ユウ
出版社/レーベル アムコミ/G☆Girls
巻数 既刊3巻 ※2021年11月現在
公式サイト
公式SNS 「青島くんはいじわる」作者公式Twitter
Wikipedia

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました