漫画バンクで全巻無料で「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」は読める?

アジア売春街の少女たちカリマンタン島のデズリー全巻無料 女性マンガ

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」を全巻無料で読めるアプリはどこか2022年の最新情報をお届けします。

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」の配信サイトをraw・漫画バンクなどの違法サイトからまんが王国などの電子書籍サイトまで徹底調査し1番お得なサービスをまとめました。

「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
まんが王国 全巻
1番お得
1巻無料
\登録不要/

今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで70%OFF
今すぐ試し読み
ebookjapan 全巻 クーポンで6巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで半額
今すぐ試し読み

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」はまんが王国など4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはまんが王国です!

登録料・解約料は無料
月会費なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
最大50%還元で漫画が読める!
面倒な会員登録の入力無し!LINEで10秒で完了
登録料・解約料は無料
月会費なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
無料登録で好きな漫画に使える半額クーポンがもらえる
感想を書くだけで漫画購入に使えるポイントが貯まる

まんが王国なら…

  • 「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」の1巻を無料配信中
  • 最大50%還元で「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」を読める
  • 「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」を全巻配信中

1巻の無料配信やお得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」を読むことが可能なこの機会にまんが王国をご利用ください。

1巻無料
アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~
まんが王国公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

まんが王国公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
まんが王国 〇(全巻)
ebookjapan 〇(全巻)
 コミックシーモア 〇(全巻)
BookLive 〇(全巻)

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」はまんが王国、ebookjapan、コミックシーモア、BookLiveで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はまんが王国でまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」のあらすじと感想

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」のあらすじと感想をお届けします。

ネタバレ部分はタップで開かないと見れないようにしてあるのでネタバレを知りたい方のみご覧ください。

アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~のあらすじ

シンガポールのゲイランという街で、鈴木という男はで売春宿である女と一夜を過ごした。彼女の生まれ育った場所がカリマンタン島だと耳にする。島全体はボルネオ島とも呼ぶが、カリマンタンとはインドネシア領の部分を指してそう呼ぶ。そこは大きな島だが、ブルネイ・マレーシア・インドネシアとの三国で領土を分け合う複雑な場所。島民のほとんどは貧しい生活を強いられ、病人の家族に薬を買ってやることもできない悲惨な状況だという。その女も家計を支えるため都会へ売春婦として出稼ぎに来たという。鈴木は女の故郷・カリマンタン島に興味を抱き、1週間のスケジュールを組んでカリマンタン島のポンティアナへと到着する。
鈴木はタクシーを探すがなかなか捕まらない。ようやく一台の車を見つけると、目的地を告げる。「こんな売春地帯の街に来るなんて、お客さんは普通の観光客じゃないね」と言う運転手のとおり、これまでに鈴木は世界中を股にかけ売春地帯を渡り歩いてきた男だった。
そこで鈴木は売春婦として働く一人の少女・デズリーと知り合う。どこかあどけなさも残るデズリーは性格も純粋無垢で可愛らしく、鈴木はすごく惹かれた。一方で「そんな娘に騙されるな」と忠告する者も出てくるのだが…。

感想

4.5
シンガポールからカリマンタンに渡る男性の物語なのですが結構色々な伏線が散りばめられていて、ちょっとミステリーの要素も多い作品だと思いましたね。売春街での出来事が色濃く描かれていて、こういう場所現実でも存在しているんだろうなというリアリティがありました。シンガポールで一人の売春婦と出会ってカリマンタンという場所の情報を聞くことになるのですが、その話が非常に興味深いです。森を焼いたことによってヘイズという有害物質が蔓延してしまいたくさんの人々の命を奪ったという現状を教えてくれるので、とても気になりましたね。涙ながらにヘイズが悪だという事を訴えかける売春婦の姿が忘れられません。カリマンタンという場所に行けば何かわかるかもしれないというドキドキ感も面白いです。
(30代・男性)

4.0
独得な世界観で絵のタッチも独特だから、賛否あるかもしれませんが、個人的にアジアの売春街の描写がリアルな感じがしてとてもいいですね。まるで実際にあった話なんでは・・・と思えるくらノンフィクションっぽくていいですね。とおもっていたら、作者が、実際にアジアの売春村にいった経験を題材にしているみたいですね。どうりでリアルだと思いましたね。さて、物語の内容はというと、ちょっとミステリアスな感じで、売春街でであったデズリーちゃんなんですが主人公が惹かれてしまうくらい妖艶で魅力的なんですが、果たして彼女が、出会ったままのいい子なのかそれとも悪い奴なのかその辺が気になりますね。デズリーちゃんの本当の正体はいかに…。
(30代・男性)

5.0
なんといっても、注目野キャラクターはデズリーちゃんですよね。妖艶なふるまいでミステリアスな感じがとてもいい感じなんですが、主人公はなんやかんやでデズリーちゃんの魅力にはまってしまうんですよね。自分も確かにこんな子がいたら、はまってしまいそうで怖いです。けど、こわいもの見たさで、ついついこの作品を見てしまいますね。果たして、デズリーちゃんはいい子なのかそれとも何か企んでいるのか。今後の展開がとても気になりました。ただ、表紙に出ているデズリーちゃんは不敵に笑っているのをみるとやっぱりちょっと悪そうな感じがしてこわいです。ちょっと不気味ですよね。はたして、続きがどうなっていくのかこれからがたのしみですね。
(30代・男性)

4.0
主人公がシンガポールで出会った売春婦の女性のことが気になりました。彼女はカリマンタン出身で伐採や焼き畑農業が商売になるという実態を色々な角度から教えてくれるので非常に興味深い人物です。彼女の話を聞いて主人公がカリマンタンという土地に興味を持つので見逃せません。ヘイズの煙を吸いすぎてどんどん人々が苦しんでいく姿を見たという事を打ち明けるので売春婦の気持ちにかなり同情してしまいました。あとカリマンタンに向かうタクシーの運転手のことも気になりました。そこで運転手は売春婦の実態について、いろいろな見解を述べてくれるので見逃せません。「金のためだったらどんな嘘でも普通につく」という事を主人公に助言するので興味深いです。
(30代・男性)

3.5
よくある週刊誌などに載っている風俗レポの内容を改めて映像化したような話で、そこに焦点を当てたという点ではすごく着眼点が上手いと思いました。絵がとてもうまいというような話ではなく、特に目に余るような美しさがあり映えるような作画ではないのですが、それでも十分に読むに値する漫画となっていて改めて内容の方が充実してると思えました。かなりこれで絵が上手ければ違う感情が芽生えるのではないかというような、あまりにもアジアの売春街の少女達に対して卑猥な妄想を掻き立ててしまうから、これぐらいの作画でもよかったのかもしれないと思いました。さて絵のうまさは置いておき、とにもかくにもかなり内容的にはリアリティがあります。そういった本当の裏の売春街の内容が分かりたいのであればお勧めできると思いました。
(30代・男性)

4.0
登場する人物の中でもやはり印象的なのは、それぞれの少女が印象的であるところ。かなりリアリティがある内容なのはその性接待をする少女達に名前がないということ。名前を語る必要はなく性の相手をして毎夜新しいお客と性関係を持つ売春婦たちにはもはや名前など必要がないということがよくわかる。ヘイズと呼ばれる大気汚染という、森に火がついて乾季になると煙で周りが見えなくなる。そういった煙たい状況から逃げ出せないということが、少女の最後の言葉からわかったが、住んだ街を眺めているとこのヘイズの煙の中からはもとより、そもそもこういった現場で働かざるを得ないような少女の貧乏で貧困の状況からも抜け出せないなったというところを語っているシーンがとても印象的である。
(30代・男性)

漫画「アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~」の作品情報

 

作品名 アジア売春街の少女たち ~カリマンタン島のデズリー~
作者 坂元輝弥  鈴木傾城
出版社/レーベル ぶんか社 / ストーリーな女たち ブラック
巻数 既刊5巻 (2022年4月現在)
公式サイト 「ぶんか社」公式サイト
公式SNS 「ストーリーな女たち編集部」公式Twitter
Wikipedia

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました