バクマンを全巻無料で読む方法は?rawや漫画バンクの配信情報も

バクマン全巻無料 少年マンガ

漫画「バクマン」を全巻無料で読めるサイトはあるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「バクマン」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「バクマン」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「バクマン」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「バクマン」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「バクマン 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「バクマン」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「バクマン」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
バクマン
ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「バクマン」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「バクマン」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「バクマン」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「バクマン」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「バクマン」のあらすじと感想

あらすじ

中学生の真城最高(ましろもりたか)はまだ将来やりたいことも見つかっていない。より良い高校・大学・会社へ進むことが普通とされる世の中で、社会から脱落しないために別に目指してもないサラリーマンになる現実。これまで最高は親の言うままそれなりに良い子としてふるまってきたが、14年間流されてきた人生観は「この先の未来はつまらない、生きることも面倒くさい」と考えている。
数学の授業中、最高は片想い中の亜豆美保を遠めに見ながら、その姿をノートにスケッチしていた。ある哲学者の名言「人生における最大のイベントは恋愛である」を思い出しつつ、相手が好きでも言葉もかわせない自分にとっては、恋愛なんてだた切なくて苦しいだけのものだと心の中で呟いていた。
翌日から中間テストが始まるので午前中で学校は終了。どこにも寄り道せず最高は帰宅するが、部屋に戻ってカバンを開けると数学ノートを教室に忘れきたことに気付く。しかも美保をスケッチしたノート。他人にはバレたくなかったので急いで学校まで取りにいくことに。
教室まで入ると、学年で成績がトップクラスの高木秋人がいた。そして秋人の手には最高の数学ノートが!一番後ろの席である秋人は最高が授業中何か一心に描いているのに気付き、放課後そのノートを忘れて帰ったのもしっかり観察していたという。
ノートの中味を見た秋人はヒミツを守ると言いつつも、最高の描いたスケッチの腕前に惚れこみ、交換条件として「自分と組んで漫画家になってほしい」と頼んできた。

感想

5.0
様々な漫画を読んできましたがまさか自分の職業を漫画にするかという違う視点を入れてきてワクワクした。また漫画家はどんな仕事をしているのかというのも気になっていたのでバクマンで知ることができました。1番好きなシーンは2つあり一つ目は彼女の家へ行き告白するシーンです。お互いが両思いなのに中々進展しない関係にもやもやしますが席が隣になったところから凄くドキドキしました。二つ目は主人公が頑張りすぎて病院に担ぎ込まれても漫画を描くところがプロの本気を思い知らされました。そして漫画を描く時に会ってはいけないと約束したヒロインがやってきて一緒に作業するところが感動しました。漫画に直向きだからこそ自分の体を生贄に作品を創作できるのだと思いました。
(20代・男性)

4.0
主人公である真城最高は引っ込み思案で漫画に関しては一歩も引きません。それは父親譲りでもあるが父親自体プロの漫画家でありその仕事風景をいつも見ていたため彼の人格形成に関わっていると思います。主人公の魅力を引き出してくれる存在としてヒロインである亜豆美保によって彼の人生は良い意味で漫画家の道へと進むことになります。美保が声優として活躍している場面を見て俺も頑張ろという風にモチベーションを上げたり、彼女のファンのコメントを読んで嫉妬したり人間味のあるキャラで親近感が湧きます。美保自体も最高のことを小学生の頃から好きで中々気持ちを打ち明けられない日々を送っていたのですが最高からのプロポーズで自分の気持ちを吐露していきます。またカップルの関係を疑似体験することができるのも魅力です。
(20代・男性)

4.5
まず漫画家を目指す系の内容という、珍しいストーリーに驚きました。
しかも原作者が相当漫画に詳しいのでしょう。
どうすれば売れる漫画を描けるか?ストーリーはどのようにすればいいか?キャラクターの活かし方は?等の作者の苦悩が詳細に描かれていて面白かったです。
私はただ漫画を読む側ですけど、作る側はこのような苦労をして描いているんだと感慨深いものがありました。
中でも印象に残ったのは、主人公の最高と美保の純愛ですね。
中学生の頃だとこういうプラトニックも普通にあるかもしれません。
でも高校生、はては社会人となってもそれを続けるというのには驚きました。
そして二人は夢をかなえてゴールイン。
叔父さんの件もありましたし、感動しました。
(40代・男性)

5.0
一番興味深かったのは、高木秋人(シュージン)ですね。
結局のところ、シュージンが動いたから亜城木夢叶というペンネームの漫画家が出来たわけです。
そしてその時の行動力は凄かったと思います。
勉強が不得意だった最高はともかく、この時のシュージンの学力は学年トップ。
漫画家にならなくとも、違った未来はあったと思います。
でもそれを断ち切って漫画家一筋に絞ったのは凄い。
何も持っていないものが、ギャンブルで漫画家を目指すのはありでしょう。
しかし失うものがあるのにギャンブルに出たのは凄い勇気が必要だったと思いますから。
これは頭が良いというだけでなく、決断力に凄い物があったと感心しています。
実際本気だったから、その後の学力なドンドン低下。
高校も最低限のところでいいと割り切っていましたし。
凄い男ですね、シュージンは。
(40代・男性)

4.0
この作品は、まんがを創り出す側にフォーカスしたストーリーになっています。
原作・大場つぐみさんと作画・小畑健さんという、デスノートでおなじみになったコンビが創り出すまんがなので、ものすごく期待感がありました。
そして、週刊少年ジャンプで連載されていたので、作品に登場する漫画編集部が集英社・週刊少年ジャンプそのままで登場していたことが、リアリティを更に増す要因になっています。
主人公のひとりである真城最高がヒロインと結ばれるために奔走する姿は、まさにジャンプ作品らしい印象を受けました。
こうした王道の部分を描きつつ、漫画家を描いた新たな作風は他になく新鮮でした。
この作品で、漫画家に興味を持った人は多いのではないでしょうか。
(30代・女性)

4.5
主人公の真城最高と高木秋人は外せない注目キャラクターです。
この2人が作画と原作を担当し、ひとつのまんがを創り出します。
お互いを「サイコー」「シュージン」と呼び合い、紆余曲折ありながらもコンビとしてやっていく姿は見ていると応援したくなります。
1人だと孤独だったかもしれませんが、2人だからこそ乗り越えられる試練や困難にコンビ愛を見ることもできます。
そして、この主人公たち以外の注目キャラクターは、ライバル漫画家である新妻エイジです。
同年代でありながら一歩先を行く実力をもったライバルは、主人公たちにはなくてはならない存在なのです。
性格も個性的で、背中に漫画道具の羽を付けているなど、ビジュアル面も印象的でインパクトの強いキャラクターです。
(30代・女性)

漫画「バクマン」の作品情報

作品名 バクマン
作者 大場つぐみ/小畑健
出版社/レーベル 集英社/ジャンプコミックス
巻数 20巻 完結
公式サイト NHKアニメワールド「バクマン」公式サイト
公式SNS 映画「バクマン」公式Twitter
Wikipedia 「バクマン」Wikipedia

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました