僕等がいた(漫画)は全巻無料で読める?最終回まで配信してるアプリ情報も

僕等がいた漫画全巻無料 少女マンガ

漫画「僕等がいた」を全巻無料で読めるサイトはあるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「僕等がいた」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「僕等がいた」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「僕等がいた」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「僕等がいた」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「僕等がいた 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「僕等がいた」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「僕等がいた」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
僕等がいた
ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「僕等がいた」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「僕等がいた」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「僕等がいた」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「僕等がいた」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「僕等がいた」のあらすじと感想

あらすじ

北海道・釧路市内の高校に入学した15歳の高橋七美。クラスでのイチからの友達作りやレベルの高い授業の難しさなど新しいこと続きで、七美は戸惑いを隠せない。今の学校生活に早く馴染もうと気を使いつつ頑張っていた。
クラスメイトと親しくなっていく中で、一部の女子が「中学のときクラスの女子の3分の2が必ず恋に落ちた」というモテ男・矢野元晴について話しているのを耳にする。それに加え、成績優秀・運動神経も良く男子からも好かれる人気者だという。
七美はまだクラスの男子たちは知らなかったが、顔と名前が一致せずとも、華があってイケメンの元春はすぐに判別できた。だが、なぜかちょっかいを出して七美を面白がる元春。七美にとって、元春の印象は悪く、最初はすごく毛嫌いしていた。
やがて高校生活を共に過ごしていく中で、元春の魅力が分かってきた七美は次第に惹かれていく。

感想

5.0
『どうかどうか幸せになってほしい』と願わずにはいられない、青春ラブストーリー。
青春の『あの頃』高校一年生。
学園祭・友達との日々…愛おしいほど甘酸っぱい時間の中で、成長していく七美と矢野の背中を見ながら、次々とおこるアクシデントにハラハラしながらも引き込まれてしまう。普通の日々の中で、奇跡的に大好きな人にであった。
一生懸命に愛していた。それだけなのにどうして?
歯車が少しずつ動きはじめる。
ひたすらに一生懸命な彼らにもどかしくもあり
応援したくなる、そんな純愛物語。

『そんなこと気にしなくて良いんだよ!』
『なんでそうなるかなぁ!!』

いつのまにか主人公の友達になった気持ちになって、うっかり声に出して読んでしまうこと必至です。
(30代・女性)

4.5
『僕らがいた』の1番の魅力は、登場人物の人間性の高さでしょう。
矢野と七美はもちろん言うまでも無いので、今回は彼らを取り巻く友人に注目していきたい。

・アキちゃん(千見寺亜希子)
七美が就職した会社での、とにかく綺麗で出来る同僚。(遠距離になり、七美が知らない時代を矢野と過ごした同級生でもある。)
この子がまた、賢くきれる。才色兼備とはこのことを言う。

想いをとじこめて先に進むことを選ぼうとしていた七美。
そんな彼女の心にくすぶる本心を理解しているあきちゃん。

これ以上感じなくて良いように。と逃げようとする七美を、納得する形に導こうとうながしていくシーンはハラハラしながらずっと応援してきた読者から拍手喝采ものだ。七美の人生をおもって、自分のことよりも一生懸命になってくれる力強い存在・あきちゃん。勝手なお節介だとは承知の上だがひと言言いたい。七美、こんな素敵な友達でいてくれるあきちゃん。一生大事にすべきだよ。
(30代・女性)

4.5
絵が綺麗で、その時々の登場人物の気持ちや想いがよく伝わってくる漫画です。一緒に切なくなったり、時にはキュンとしたり。何度読んでも、先の展開を知っていてもまた同じ想いにさせてくれます。
辛い過去にずっととらわれ、そこから抜けられない矢野。
そんな矢野をどうにか頑張って、自分が救い出そうとする主人公の七美。すれ違いの多い2人の恋は見ていてハラハラ、どうしてこんな辛いことばかりが起こるのかと読んでいる方も泣けてくる描写もたくさんあります。でも、それを一つ一つ乗り越えて強くなっていく2人の絆。形だけでなく、やっと幸せだけを見ることができるようになった最終話は、2人を見守ってきた読者なら間違いなく納得のいく最終話だと思います。
(30代・女性)

5.0
漫画によく出てくるライバル的な男子といえば、何故そこで主人公達の邪魔をする?というちょっと嫌われ役なキャラクターが多いと思います。でも、僕達がいたの矢野の幼馴染でもある竹内は、もういっそのこと、主人公七実を幸せにしてくれるのは彼がいいのでは?と言いたくなるほど、ずっと一途に七実のことを好きでいてくれます。矢野のことでいつも苦しんでいる七実を見て、励ます竹内。矢野の過去も知っているからこそ出てくる優しい言葉、態度。大人になってもそれは変わらず、ただひたすらに七美を思っていてくれます。
辛い時に側にいてくれるのはいつも矢野ではなく彼。そんな彼の優しさに一度は揺れる七美ですが、読んでいる読者は、一度ではなく何度でも揺れること間違いなしのキャラクターです。
(30代・女性)

4.0
感動しました。
学生ならではの甘酸っぱい、淡い青春ストーリーかなと思って読み始めましたが、ただ一人大好きな人だけを想う気持ちがとても真っ直ぐで、キレイで、読んでいて心が苦しくなります。
若い貴重な時間はたくさん悩むことがあるけど、どんなに好きで離れたくないと思っても、若さ故に正解が分からなくて別れを選ぶこともあるし、主人公の2人に恋するそれぞれの人たちもまた良いキャラクターで、そっちと結ばれた方が平凡におだやかな幸せが手に入るんじゃないかと思ってしまいます。
それでもやっぱり一番大好きな人のことは何年経っても忘れられないし、傍にいられなくても、ずっと思い出してしまうから前になんて進めないんだなあと、ただの少女漫画と呼ぶにはあまりにもったいない繊細なラブストーリーで大好きな漫画になりました。
(20代・女性)

4.5
主人公の七美はこどもっぽくて真っ直ぐすぎるから、若くして色々と背負うものがあった矢野には眩しかっただろうなと思います。
矢野の「お前だけは前に進め。」という言葉は、愛する人に言われたらとても身勝手だと思うし悲しさしか残らず、どうしてそんなに不器用で、ただ好きな人と結ばれようと思わないんだろうともどかしくなるけど、それがまた矢野の残酷な優しさで、だから忘れられなくなるんだろうと思います。
その一方で、誰か矢野をこれ以上苦しまないように幸せにしてあげて、と思ってしまうくらいカッコよさと不安定さがなんとも言えない魅力です。
そんな矢野が言った「家族になってください。」は他のどんな言葉よりも重たく、やさしく、あったかい言葉で、やっぱり矢野が好きだなあと思いました。
(20代・女性)

漫画「僕等がいた」の作品情報

作品名 僕等がいた
作者 小畑友紀
出版社/レーベル 小学館/フラワーコミックス
巻数 16巻 完結
公式サイト 「僕等がいた」テレビアニメ公式サイト
公式SNS 「僕等がいた」公式応援サイトTwitter
Wikipedia 「僕等がいた」Wikipedia

※本ページの情報は2022年2月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました