父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者は全巻無料で最新刊まで読める?raw・zip・rarの最新配信情報も

父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。を全巻無料で読めるアプリ 青年マンガ

漫画「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」は漫画バンクで全巻無料で読むことはできるのか、違法サイトrawやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しまとめました!

あらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい!

漫画「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」は漫画バンク・rawで全巻無料で読める?

漫画「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」は漫画バンク・rawで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全に無料で漫画を読めるアプリを紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

1巻無料はebookjapan/
父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者全巻無料
今すぐ漫画を読む

ebookjapan公式サイトを見る
※登録・解約料はかかりません

漫画「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」を漫画バンクの代わりに全巻無料で読めるアプリは?

漫画「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」を無料で読めるアプリ一覧

漫画アプリ 配信状況 無料の巻数
ebookjapan
(1番お得)
1巻
コミックシーモア 1巻
Amebaマンガ 1巻
まんが王国 1巻
U-NEXT 1巻
BookLive 1巻
コミック.jp 1巻

漫画「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」を読めるアプリはebookjapanをはじめ7つありましたが、全巻無料で読めるサービスはありませんでした。

Don
Don

でも「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」を1番お得に全巻読めるサービスは分かりました!

この中で1番のおすすめは国内最大級の漫画配信サービスで登録料・解約料無料のebookjapanです。

  • 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」を1巻無料で配信中
  • 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」を全巻配信中
  • 初回50%OFFクーポンで「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」を全巻半額で読める

現在、ebookjapanでは登録特典で初回50%OFFクーポンがもらえます。

一番お得に「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」を読むことが可能なのでebookjapanをご利用ください。

1巻無料で配信中/
父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者全巻無料
今すぐ無料で試し読み

ebookjapan公式サイトを見る
※登録・解約料はかかりません

漫画「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」の試し読みを無料でできるアプリ一覧

漫画アプリ 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
Amebaマンガ ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)
U-NEXT ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
コミック.jp 1巻

漫画「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」はebookjapanのほか6社で全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はまんが王国でまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

\1番お得なのはebookjapan/
今すぐ無料で試し読み
※登録・解約料はかかりません

漫画「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」のあらすじと感想

あらすじ

とあるところにテンパール言う王国があった。幸せに暮らししていたがある日突然魔物が現れたのだった。魔物が現れたことで精霊魔法使いを頼ったのだった。

青年は精霊と一緒に魔物退治に向かったのだったが魔物には敵わず。最後の力を振り絞り精霊にお願いしたのだった。

青年は精霊に魔物を退治して欲しいと願い精霊にたくしたのだった。彼は国を救った英雄人間なったのだった。

少女がその話にその英雄の事を聞いた。まだ帰ってきていないとか。
話をしていると女の子が泣いていた。とうやら母から貰ったブローチが壊れたらしいのだ。
エレンは父に壁になって欲しいと言って少女に駆け寄った。

エレンは壊れたブローチを魔法で直したのだ。父はエレンにむやみに力を使ってはいけないと言ったのだ。ごめんなさいと可愛く謝ると父はエレンにデレデレのようだ。ロヴェベル様と遠くから声が。

父はなぜか逃げた。

皆様初めまして。どういうわけか生まれ変わって8歳。生まれる前は日本の科学者をしていた。何故死んだのかは分からないのだが、たぶん過労死だろう。研究は忙しく、休む暇もないほどだった。

何でこの姿になったのか分からないのだが、気付いたら精霊に生まれ変わっていたのだ。

私の能力は物質の化合や構造配列を好きに変えられるチートスキルだ。
父に隣にいる人はと聞くと元護衛だと言われた。
目と髪の色が変わっていたから気付くのが遅れたそう。隣の子は?と聞くと俺の可愛い娘だとデレデレとした顔に。

ヴァンクライフト家は今は大変な事になっているとか。それは父の実家である。
なら自分の居場所はないと言って去ろうとしたら待って欲しいと言われて、実は…

あの女がいるだと!なら絶対に帰らないと父は言ったのだ。
エレンは父に実家に連絡しなかったせいで皆に迷惑かかっているんだからとロヴェベルは可愛い娘に指摘されてしまったのだ。

とうとうエレンの圧力に負けて実家に行くことに。
そして、途中で婚姻届けと式を挙げると言うのだ。何故今さらとエレンは聞くと、早めに手を打ったほうが良いと言うのだ。

式場で。
あなた様がロヴェベル様の…
遡ること10年前。
精霊界に連れていかれた青年は1年ほどして目を覚まし、契約を結んで恋仲に契りを結んだ。

そんなことが…
そう、英雄は帰っていたのだ。

感想

5.0

元素を操るのは、他の漫画ではあまり見たことがないので、興味深く読んでいます。母親は巨乳なのに自分は胸が成長しなくて、エレンが落ち込むシーンは可哀想ですが愛らしいです。エレンが非常に可愛らしく、ロヴェル、オリジン、ローレン、イザベラがエレンを猫可愛がりするシーンが微笑ましいです。そして、エレン、ロヴェル、オリジンが圧倒的能力を発揮するシーンにスカッとします。最も感心するのは、嫌な人物の描写が秀逸な点です。卑怯な手を使ってエレンに近づこうとするラヴィスエルの憎たらしさが半端なく、読後も腹立たしさがしばらく残るほどです。ガディエルは一見優しそうに見えますが、王家と精霊との確執を知ってもなお、エレンや精霊たちと仲良くなることを望んでいて、エレンや精霊たちの気持ちを考えずに自己中心的なので、ラヴィスエルの次にイライラします。夫がいながらロヴェルに懸想するアギエルとアリアも腹が立ちます。ラフィリアは我儘でイラつきます。また、精霊が王家を呪うきっかけとなった事件と、女神ヴァールの断罪のインパクトが凄く、よくこんなことを思いつくと感心しました。

(女性 20代)

4.0

この作品は、現代日本から異世界転生を果たした1人の女性が、精霊となって異世界で活躍していくストーリーとなっていました。注目ポイントとしては、主人公のエレンが妖精となっていることと、チート級の能力を所持していることだと思います。エレンは元素を自由に操ることができる能力を異世界転生したことによって手に入れるのですが、この能力が非常に便利なのです。たくさんの人の命を守ることができたり、救ったりできるのが凄いですし、カッコいいです。主人公は異世界では家族の一員としてくらしていくのですが、そこが他の異世界作品とは違うと思いました。現代社会でも見られるような普通の家庭を異世界でも描かれており、異世界という現代とはかけ離れた世界観でありながらも、現実世界と結びつけるものがあるので、そこが面白いと思いました。

(男性 30代)

4.0

主人公の見た目は幼くて可愛いけれど、元素を操れるという最強クラスのチート能力を保有しているのでそのギャップに魅力を感じました。絵がとても綺麗で、登場人物だけではなく背景の細かい部分の描き方にもこだわりを感じられて良かったです。主人公の父親は普段はカッコ良いのに娘の前だとデレデレして弱くなってしまうギャップが可愛くて、ギャグ要員としてこの漫画の良いアクセントになっていました。そして主人公はチート能力を持っているので敵をバンバン倒してレベルアップしていくストーリーかと思いきや、意外と人間ドラマ的な要素が含まれていたりして予想外な方向へ進むので楽しめました。ちょっと普通の異世界転生モノでは見ないタイプのシナリオだと思います。あとこの漫画の悪役の立ち回りがベタな悪役といった感じですごく腹が立つので、痛い目にあわされたときにスカッとした気分になれます。

(男性 30代)

4.0

主人公の永井が特殊な能力を手に入れて、様々な女性たちと関係を持つというストーリー展開が、あまりにも斬新で個人的には凄く興味深かったです!!
また、永井という男性が冴えないような感じだからこそ、そこのギャップも楽しめるはずです。
仮に永井がかなりのイケメンで普段から女性に不自由してないような、キャラクターならこの漫画は成立してなかったのではないかと考えてしまいます。
イラストも綺麗で素敵だし女性キャラクターがみんな可愛くて、男性なら永井が羨ましくなるはずです。
エッチなシーンも結構ありますが、そこもハラハラしながら読めるポイントにもなっているはずです。
正直、触っただけで相手を気持ち良くできる何て普通に考えたから嬉しいだろうけど、女性側の立場から見たら若干困惑してしまうのかなぁっと自分なら思ってしまいます…

(男性 30代)

 

漫画「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者」の作品情報

作品名 父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者
作者 松浦/大堀ユタカ/keepout
出版社/レーベル  スクウェア・エニックス/月刊ビッグガンガン
巻数 既刊6巻 ※2021年10月現在
公式サイト 「月刊ビッグガンガン」公式サイト
公式SNS 「松浦@父は英雄」公式Twitter
「月刊ビッグガンガン」公式Twitter
Wikipedia 「月刊ビッグガンガン」Wikipedia

※本ページの情報は2021年10月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました