血の轍を全巻無料で読む方法はある?最新刊を読めるアプリは?

血の轍全巻無料 青年マンガ

漫画「血の轍」を全巻無料で読めるアプリはどこか2022年の最新情報をお届けします。

また、漫画「血の轍」の最新刊を配信しているサイトをraw・漫画バンクなどの違法サイトからシーモアなどの電子書籍サイトまで徹底調査し1番お得なサービスをまとめました。

「血の轍」を無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「血の轍」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「血の轍」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
まんが王国 全巻
1番お得
最大50%還元
\登録不要/

今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
ebookjapan 全巻 クーポンで6巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み

漫画「血の轍」はまんが王国など4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはまんが王国です!

登録料・解約料は無料
月会費なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
最大50%還元で漫画が読める!
面倒な会員登録の入力無し!LINEで10秒で完了
登録料・解約料は無料
月会費なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
無料登録で好きな漫画に使える半額クーポンがもらえる
感想を書くだけで漫画購入に使えるポイントが貯まる

まんが王国なら…

  • 「血の轍」を最大50%還元で読める
  • 「血の轍」を全巻配信中

現在まんが王国では血の轍を全巻大好評配信中

一番お得に「血の轍」を読むことが可能なこの機会にまんが王国をご利用ください。

最大50%還元!
血の轍
まんが王国公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「血の轍」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「血の轍」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

まんが王国公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「血の轍」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
まんが王国 〇(全巻)
ebookjapan 〇(全巻)
 コミックシーモア 〇(全巻)
BookLive 〇(全巻)

漫画「血の轍」はまんが王国で全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はまんが王国でまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「血の轍」のあらすじと感想

漫画「血の轍」のあらすじと感想をお届けします。

血の轍のあらすじ

日本の漫画界を背負う押見がついに取り上げたテーマは毒親!「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など数々の超人気作を生み出して来た鬼才漫画家が毒親に関する漫画を執筆。母親の静子から絶え間ない愛情を注がれて育った静一は中学2年生になっていた。どこにでもある普通の家庭の平穏だった日常が突然、母親の静子によって全て壊されてしまう。多感な時期を過ごす静一は一体どうなるのか?そして母親の静子はこれから何をしようというのか…。歪んだ愛情がここまでも暴走するものなのか!?読者を釘付けにしSNSや雑誌などでも話題の本作「血の轍」、必見!

感想

4.5
人間関係の歪みが描かれた秀逸な作品だと思います。まずお父さんの妹がとにかくうざいです。その子供も無神経で見ていてイライラします。毎週のように家にくる義妹が食事を用意しているのは我が家なのにまるで自分の家のように振る舞うんですよ。もっと天ぷら食べなよと勧めてきたり…それをわざとじゃなく行ってしまっているその行為がお嫁さんにとってはとてもしんどいんですよね。主人公の男の子も本当は毎週従弟と遊ぶのが嫌でしょうがないけどお母さんのために我慢をして従弟と過ごします。
でもあからさまな嫌がらせをされているわけではないから愚痴をこぼすと自分が心が狭い人間のように思われてしまいそう、そんな微妙な義理の実家との関係がすごくリアルにこの作品では表現されています。もし私がこのお母さんの立場だったら、毎週友達に旦那と義理の実家の悪口が止まらないと思います(笑)
(30代・女性)
3.0
お母さんがとても美人だけど子供のことが好きすぎてマジでやばい漫画だと思います。 子離れできてない過干渉な母親を描いた作品なんですね。 もう中学生になる子供にキスをしたり普通では少し考えられないようなスキンシップを母親は取ります。
子供も母親の異常な愛情に少し違和感を感じながらも母親を強く拒否できない。
この母親のことを拒否できないというところに私はすごく共感しました。
どんなに酷いことをされても言われてもやはり母親って特別な存在です。
守りたいと思うし何よりも大切にしたいそんなふうに思ってしまうんですよね。
この母親はそんな息子の気持ちを見透かして利用しているそんな側面が見え隠れするところが見ていて少ししんどかったです。
(20代・男性)
4.0
めちゃくちゃ怖い作品でした。この漫画には髪の長い女性の幽霊も出てこないし、 刃物を持った男が出てくるわけでもない。 それなのにすごく怖いんです。 ストーカーをするような異常な人間が出てくるわけでもないどこにでもいる普通の人たちの物語。 なのにずっとじとーっとしたじめっとした6月の梅雨の時期に体に汗に濡れた服が張り付くようなそんな気持ち悪さがあります。 同じ作者さんが書いた作品を他にも何作か読んだことがありますがこの作者さんはどの漫画も人間の日常に潜むどす黒い感情だったりを上手く描いています。
(20代・男性)
3.5
この母親は俗に言う毒親ではないでしょうか? 少しネタバレになってしまうのですが同じような状況でさすがにあの子供を突き落とすという発想には絶対にならないと思います。
しかも人を突き落とした直後に見せた迫真の演技。正直あの演技には笑ってしまいました。ここまでするかと…。 母親は息子に対して愛情をもって育てていますがその愛情は親子としての愛情ではなく異性としての愛情をもってしまっているんではないでしょうか? このまま読み進めたら母親は息子と一線を超えてしまうんではないか? そんな異常な展開が来ることを予感させる読んでいてゾワゾワする漫画です。
(30代・男性)
3.5
この漫画は自分が疲れてる時には絶対に読まないでください。1巻を読んだ時の感想はシンプルにしんどいでした。母親が気持ち悪すぎて読んでいてただただ疲れます。自分の大切な母親がいとこを突き落としてしまった。しかもその罪を償わずに隠している。精神的なショックで主人公は言葉を発することができなくなっていきます。そんな主人公を支えようとしてくれる1人の同級生が現れます。主人公は徐々にその同級生に心を開くようになります。でもまたここで毒親・狂った母親が登場!二人の仲を引き裂いてしまうんですね。読んでいて疲れるのに続きが気になってやっぱり読んでしまう不思議な魅力のある作品です。
(40代・男性)
3.5
毒親という言葉がありますがこの漫画に出てくる母親は猛毒を持っています。 もうこのお母さん本当に怖すぎる。ただ母親に同情するところもあります。お父さんがただただ頼りないんですよね。毎週のように家にくる妹に対して奥さんを気遣う素振りを一ミリも見せません。 旦那側の実家全員と一緒に行く旅行で奥さんが輪に入れず少し離れたところでお弁当を食べていても全く気にしない。 そんなお母さんに寄り添って一緒にお弁当を食べている子供を見ていると少し自分が小さかった時のことを思い出して胸が苦しくなります。 小さい時に親が同居していてお母さんが嫌な目にあっていた。そのお母さんを見るのがつらかった。この経験って割と多くの人がしたことあるんじゃないでしょうか?
その経験がある人がみると胸を掻きむしられるような感覚になります。それを考慮してもこの母親は異常ですけどね(笑)
母親の異常な愛を読んで感じてほしいです。
(20代・女性)

漫画「血の轍」の作品情報

作品名 血の轍
作者 押見修造
出版社/レーベル 小学館/ビッグコミックスペリオール
巻数 既刊12巻(2022年1月現在)
公式サイト 小学館「血の轍」公式サイト
公式SNS 作者押見修造公式Twitter
Wikipedia 血の轍Wikipedia

※本ページの情報は2022年1月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました