ここからはオトナの時間ですは漫画バンクで全巻無料で読める?最新12巻はコミックシーモアだけ!

ここからはオトナの時間です。を全巻無料で読めるアプリ 女性マンガ

漫画「ここからはオトナの時間です。」は漫画バンクで全巻無料で読むことはできるのか、違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しまとめました!

▼今すぐ読みたい方はココ▼
漫画アプリ 配信状況 無料の巻数
コミックシーモア
独占先行配信中
1巻無料可能

\無料で読めるのはコミックシーモアだけ/
ここからはオトナの時間です。全巻無料
今すぐ無料で読む

コミックシーモア公式サイトを見てみる
※登録・解約料はかかりません

この記事では漫画アプリでの配信状況の比較や漫画をお得に読むための詳しい方法、漫画の作品情報も一緒にお届けしてまいります。

漫画「ここからはオトナの時間です。」は漫画バンク・rawで全巻無料で読める?

漫画「ここからはオトナの時間です。」は漫画バンク・rawで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

政府広報オンライン
文化庁著作権課
文部科学省海賊版対策に関する参考資料 

本記事では安全に無料で読めるアプリを紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

漫画「ここからはオトナの時間です。」を漫画バンクの代わりに全巻無料で読めるアプリは?

漫画「ここからはオトナの時間です。」を無料で読めるアプリ一覧

漫画アプリ 配信状況 無料の巻数
コミックシーモア ◎(独占先行配信中) 1・2巻
ebookjapan なし
BookLive なし
まんが王国 なし
U-NEXT なし

漫画「ここからはオトナの時間です。」を無料で読めるアプリはコミックシーモアだけでした。

コミックシーモアは登録料・解約料無料の国内最大級の漫画配信サービスです。

1巻まるごとタダで読める作品が多い
初回50%OFFクーポンでお得に漫画が読める
口コミを投稿するだけでポイントまでもらえちゃう

現在、漫画「ここからはオトナの時間です。」の10巻、11巻、12巻はコミックシーモア以外では配信もありません。

今すぐ漫画を無料で読みたい方はコミックシーモアをご利用ください。

\無料で読めるのはコミックシーモアだけ/
ここからはオトナの時間です。全巻無料
今すぐ無料で読む

コミックシーモア公式サイトを見てみる
※登録・解約料はかかりません

漫画「ここからはオトナの時間です。」の試し読みを無料でできるアプリ一覧

漫画アプリ 無料の試し読み
コミックシーモア ◯(全巻)
ebookjapan ×
BookLive ×
まんが王国 ×
U-NEXT ×

漫画「ここからはオトナの時間です。」はコミックシーモアでのみ全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

漫画「ここからはオトナの時間です。」のあらすじと感想

ある日主人公武村が目を覚ますと街中がゾンビだらけになっていた。
武村は街を探索する中でなぜか自分だけがゾンビに襲われないことに気づく。
街の探索を続けると武村は3人の生き残りに出会う。
元々面倒くさい人間関係が嫌いな武村は食料を無償で3人に渡すことに徐々に疑問を持ち始める。
そして女性にある交換条件をもちかけるのだった。
4.5「ストーリーが最高」
とにかくストーリーが最高です!
ゾンビだらけの正解で自分だけ最強!男ならだれでも憧れる状況じゃないでしょうか?
自分以外だれもいない世界だと最悪ですが(笑)
襲われないことを隠し、ヒロインの女の子に無茶な要求をする悪い主人公が好きです。
もっとめちゃくちゃな要求をしてほしいくらいですね。
(男性)

あらすじ

主人公の佐々木みかんは仕事を一生懸命頑張る真面目なOLだったのだ。
そんな中、みかんは一緒に働く部長である亜久津に以前から好意を抱いていたのである。
また、みかんは亜久津には大量の幽霊が取り憑いていることを知って気になっていたのだ。
実はみかんは幼い時から幽霊が見える体質でたまに悪戯されることもあったのである。
幼い頃におばあちゃんから霊を寄せ付けないペンダントをもらったみかんは今でも、肌見離さずそのペンダントを付けていたのだ。
この日、誕生日だったみかんは残業を終えてマンションに帰ると家族から誕生日のお祝いの連絡がきたのだ。
田舎ではみんな賑やかに過ごしていて、一人のみかんは寂しくなったのである。
そのあと、みかんは近くのコンビニへ買い出しに行った途中、夜の公園で一人で誕生日祝いとしてお酒を飲み始めたのだ。
すると、亜久津が帰っている途中に公園から酔っぱらいの声が聞こえてきたのである。
亜久津が見てみるとそこにはみかんが酔っぱらっていていつもと違うみかんの姿にビックリしてしまうのだ。
みかんが部長と声を掛けてきたのですが、亜久津は見て見ぬ振りをして立ち去ろうとしたのである。
すると、そこへ別の男性グループがみかんにちょっかいをかけたので亜久津は放っておけずみかんを助けたのだ。
お酒が弱いみかんは全然酔いが冷めない上に、抱きついたままそのまま寝てしまうのである。
亜久津は仕方なくみかんを自宅に連れて帰り介抱することになったのだ。

感想

4.0
霊に取り憑かれている亜久津部長と霊が見える体質のOLのみかんの正反対な二人が、織り成すラブストーリーが新鮮味があって興味津々です。通常のラブストーリーに加えて、霊の存在がこの作品ならではの大きな特徴でもあります。
あと、みかんの特殊能力の霊を引き寄せる体質は見ていて大変だなぁっとつくづく感じます。
しかも、大人になってからではなくて幼い頃からこの現実に向き合ってきたのが凄い苦労だと思います。
(女性)
4.0
主人公の佐々木みかんは入社して3年目だが、仕事でミスばかりして先輩に怒られてばかり…
幼いころから幽霊が見えていて、憧れている阿久津部長にも霊が憑りついているが最近は大きな霊が見える。
みかんは自分の誕生日に自分で誕生日パーティーを公園でして、お酒に酔っぱらっているところを阿久津部長に見られ、ナンパしてきた奴にケガをさせられ酔っぱらって起きないみかんを阿久津部長が家に連れていき、泊まってしまう。
一緒にベッドに寝るが、寝返りして阿久津部長に抱き着いたりし、そのままそうなってしまう雰囲気か?と思えば、大人な阿久津部長が垣間見れます。
みかんは大人しくなり、誰かと寝るのは久しぶりな阿久津部長は熟睡する。
翌日、みかんはどういう状況かわからず混乱してしまいます。
「とんでもないご迷惑をおかけして本当にすみません」と謝り、恩返しをしたいとみかんは言います。
阿久津部長は「今日も仕事終わりに家に来れる?」と言い、仕事中もミスしてしまい、実家から送られてきたみかん(くだもの)を持参し家に行きます。
手料理をごちそうになり、最後には昨日誕生日だったからとケーキを出されます。
阿久津部長は「今日来てもらった理由は最近不眠症でなかなかゆっくり寝れなくて昨日は何もなく寝れた。佐々木がいたのに。それで相談なんだけど、俺と寝てほしい」と言われます。
ちょっとあり得ない設定だが、そのまま一緒に寝ることになり、色々会話をし阿久津部長に「佐々木可愛いから」と言われ寝てしまいます。
元々、阿久津部長は好きだった?それとも冗談?
どういうこと?とみかんはパニックになるが、急に阿久津部長に襲われてしまう。
中身が阿久津部長じゃないと気づき、抵抗する。
霊に乗っ取られた?
みかんと阿久津部長はこれからどうなっていくのか。
阿久津部長がかっこよすぎて気になります!
(女性)
4.0「もっと過激なシーン」
おばあちゃんにもらったペンダントがあるからまだ良いけど、このペンダントを失くしたら大変なことになると感じます。
あと、みかんは普段は大人しそうなキャラクターですが、お酒に弱いため酔っぱらってしまうと抱きついたり男性に大胆な行動を取ったりして、そのギャップを見ていたら可愛らしくて面白いです。
(男性)
4.0
阿久津部長はルックスからとにかく優しくて本当に良い人のオーラが駄々漏れなぐらいの男性でもあります。また、過去に奥さんを亡くしているという不幸なエピソードもあって、今でも寝付きが悪いなど見ていて心配になってしまうぐらいです。
個人的にはみかんに出会い良い方向にいって、無事に霊を払拭できたら良いなぁっと感じます。
(男性)
4.0
作品自体の絵のタッチも綺麗でサクサク読める感じもポイントが高いです。
少しエッチなシーンもありますが、爽やかに描かれているのでどなたでも抵抗なく読めるはずです。
また、読んでいると自然とニヤニヤしている自分がいます。
(女性)

 

漫画「ここからはオトナの時間です。」の作品情報

作品名 ここからはオトナの時間です。
作者 つきのおまめ
出版社/レーベル コミディア/カンパネッラ
巻数 既刊12話 ※2021年9月現在
公式サイト 「ここからはオトナの時間です。」公式サイト
公式SNS 「カンパネッラ編集部」公式Twitter
Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました