大好きな妻だったは漫画バンクで読める?1巻無料で読む方法はある?

大好きな妻だった漫画バンク 青年マンガ

漫画「大好きな妻だった」は1巻から全巻無料で読むことはできるのか漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「大好きな妻だった」を漫画バンクは安全なのかなど全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「大好きな妻だった」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「大好きな妻だった」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
コミックシーモア 全巻
1番お得
クーポンで1巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
ebookjapan 全巻 クーポンで6巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み

漫画「大好きな妻だった」はコミックシーモアなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはコミックシーモアです!

登録料・解約料は無料
月会費なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
無料登録で好きな漫画に使える半額クーポンがもらえる
感想を書くだけで漫画購入に使えるポイントが貯まる
登録料・解約料は無料
月会費なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
無料登録で好きな漫画に使える半額クーポンがもらえる
感想を書くだけで漫画購入に使えるポイントが貯まる

コミックシーモアなら…

  • 初回50%OFFクーポンで「大好きな妻だった 」を半額で読める
  • 「大好きな妻だった」を全巻配信中

現在コミックシーモアでは無料登録特典で好きな漫画1冊に使える50%OFFクーポンがもらえます。

お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「大好きな妻だった」を読むことが可能なこの機会にコミックシーモアをご利用ください。

クーポンで1巻半額
大好きな妻だった
シーモア公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

コミックシーモアの無料登録・解約の仕方

無料登録は簡単3ステップ
  • STEP1
    コミックシーモアにアクセス
  • STEP2
    会員登録をタップ
    コミックシーモア登録方法1※会員登録は無料です。
  • STEP3
    アカウントの作成
    コミックシーモア登録方法2コミックシーモア登録方法3メールアドレス、LINEID、Yahoo!JAPANIDなどお好きな方法でアカウントを作成し会員登録をします。
解約も簡単3ステップ
  • STEP1
    コミックシーモアにログイン
  • STEP2
    「サービス」をタップし退会
    コミックシーモア解約1
    コミックシーモア解約2「サービス」→「解約・退会について」→「サイト退会について」を順にタップ。
    コミックシーモア解約5
    「こちらからサイト退会してください。」と表示されるので「こちら」をタップ
  • STEP3
    「退会へ」をタップ
    コミックシーモア解約7「退会へ」をタップするとパスワードを求められるので登録時のパスワードを入力し再度「退会する」をタップで解約完了!

 

漫画「大好きな妻だった」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「大好きな妻だった」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

シーモア公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「大好きな妻だった」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
コミックシーモア ◯(全巻)
ebookjapan ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)

漫画「大好きな妻だった」はコミックシーモアなど4サイトで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はコミックシーモアでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「大好きな妻だった」のあらすじと感想

あらすじ

一組の仲睦まじい夫婦がいた。

妻の名前は千香、夫は昴。

明日は夫に『明日は誕生日だけどすっかり忘れていて、何も用意がない。そもそももう祝ってもらうような年齢でもないよね』と少し嫌味っぽっくいい、昴はそんな妻・千香をじっと見つめる。

視線を感じた千香は『何?』とそっけなくいうと、昴は人懐っこく千香の方に顎をのせて『残念だ』という。

千香はさきほどまでとは打って変わった表情を浮かべ、恥ずかしそうにしている。

そして迎えた昴の誕生日。

千香は自宅を飾り付けをして心からお祝いをして財布をプレゼントした。

幸せな夫婦に衝撃的な現実が襲いかかる。

千香が余命半年だという。

半年後、千香は入院をしておりベッドに横たわっていた。

昴は毎日お見舞いにきていたが、昴は経済的なやりくりという現実にも頭を抱えていた。

そんな昴に千香から『明日友達が来るのでケーキを買ってきてほしい』とメールが届く。

ここ最近二人の間には溝ができており、昴は千香はいつになったら天国へいくのだろうと考えるようにまでなっており…

 

感想

4.0
特に、闘病中の家族と向き合ったことのある人には染み入る内容だと思います。
闘病中の人を支える側の人の話って実はまだ少ないと感じているのですが、支える人にも闘病している本人とはまた違う苦しみがあります。
たとえば、一番苦しいのは(あるいは頑張っているのは)本人なんだから、と支える人のつらさは我慢するよう強いられることが多いことなどです。
もっときついのは、本人が一番つらい、という言葉を、支えている人が自分で自分にかけてしまうことです。
病気と闘う妻を支える夫・昴が、自分で自分のつらさをなんとか押しこめようとする葛藤に痛いほど共感しました。
闘病する人・支える人、双方のつらさに寄り添った物語は少ないから、この作品を生んでくれた作者の武田登竜門さんに感謝しています。
(20代・女性)
4.0
妻の千香の描き方がすごいです。短いページの中でも、彼女が愛にあふれた人だというのがひしひしと感じられて、それだけで泣きそうになりました。
特に夫の誕生日を祝うシーン、プレゼントの財布の中にお菓子までたくさん詰めていたり、家でもディナーの雰囲気が出るようにナイフやフォークを綺麗に用意していたり、主役を喜ばせようとしている気持ちが画面全体から感じられて…
笑う時に少しだけ眉をしかめてしまうところや、コインランドリーで恥ずかしさから洗濯物をとっさに隠すところなど、表情やしぐさから感じられる、彼女の人間としてのかわいらしさにもぐっと心を掴まれました。
それらが伝わるのは、たぶん彼女のかわいらしさを取りこぼさず見つめている夫の昴の愛情深さでもあって…
つまり、夫婦二人とも温かい素敵なキャラクターで、大好きです。
(20代・女性)
3.5
最初はSNSでの広告でこの作品を見つけて気になり読ませて頂きました。
結婚し幸せに過ごしていたなか妻が末期がんとなってしまい、毎日見舞う夫へ冷たく接する妻を見て、夫側のつらい気持ちしかわかりませんでした。
なぜ冷たく接してしまうのだろう、確かに自分も末期がんになり、いつ終わりがくるかもしれない恐怖と不安、症状による苦痛があるなかでは夫に冷たく接してしまう瞬間もあるかもしれないなと思いました。
でもそうだとしてもあまりにも夫がかわいそうでつらいだろうなと感情移入をしていたのですが、そんななか、妻が友人と話している会話を偶然夫が聞いてしまうのですが、今まで冷たく接していたのは理由があり、自分がいなくなってしまうからこそ、嫌いになってもらうことで、自分がいなくなった後夫が引きずらずに生きていけるようにしていたことだったのです。
私も結婚しているので、もし同じような状況になった時、同じようにはできないと思います。
確かに自分がいなくなったあとのことを思うと作品の妻がしていたようにする方が夫にとっては良いかもしれません。
でもやっぱりつらい時、苦しい時、夫にそばにいてもらいたいし、支えてほしいと思ってしまいますし、残り時間が少なくても感謝を伝え続けたいと思ってしまいます。
だから作品の妻が行ったことはとてもとてもつらい選択だと思います。
だからこそ、偶然とはいえ夫がその事実に気づくことができて本当によかったです。
事実を知ってから一緒に過ごすことのできた時間は短かったし、その後夫はつらい事実を受け入れ乗り越えていかなければならないですが、それでも愛し合っている二人だからこそ、最後の時間は少しでも幸せであってほしいからです。
短く読みやすい作品なので、特に夫婦の方に読んでほしいと思います。
(30代・女性)
3.5
主人公の夫は妻に冷たい態度をとられながらも毎日面会を続けていましたが、なかなかそれができる人ばかりではないと思います。
いくら末期がんで苦しいなかでも冷たい態度をとられ続けていたら、どうしても面会が遠のいて毎日なんて行けなくなってしまうと思います。
それでも毎日つらいながらも面会を続けていたのはやっぱり妻を愛していたからなんでしょうけど、同じ結婚している妻としてはとても強いなと思います。
妻も本当は大好きな夫に弱音を吐きたかっただろうし、そばにいてほしいと思っていたと思うのに、自分がいなくなったあと夫に少しでもつらい思いをさせないために自分を嫌いにさせようとする行動を選択をする強い人だなと思います。
少なくとも私にはできないです。
(30代・女性)
4.0
病気により余命宣告を受けてしまった妻に対しての、夫の苦悩が主に描かれている作品です。
夫が妻を愛する気持ちと、態度が変わってしまった妻に対する失望や困惑がよく表現されていて、読んでいるこちらも妻に対して怒りを覚えたり、どうしてこのようになってしまったのかなどと短い話の中で深く考えさせられます。
妻には妻の苦しみや葛藤があり、それによって夫への態度が変わったのだと判明したときのシーンでは妻から夫への深い愛情を感じます。
妻が夫に直接真の心境を述べるでなく、友人を介して偶然に知るというところが現実感があると思いました。
タイトルが過去形であるのはいろいろな解釈ができるところだと思いますが、一見態度が変わってしまっても根底のところは最期まで自分の大好きな妻であることに変わりなかった、というふうに個人的には解釈しています。
(40代・女性)
4.0
夫と妻の両方に注目したいです。夫から妻に対する愛と、妻から夫に対する愛。妻の態度が変わっても、妻を愛し続けて自分が後ろ向きにならないように頑張っていく夫の姿には心を打たれます。
周囲からは妻を想う行動には肯定的な見方をされているようですが、その裏では絵と文章のみでは表現しきれないような葛藤や否定的な気持ちは確実にあると思います。
その一方、妻としては夫が自分の死に対して否定的な感情のみを残さずに、自分の死後も前向きに楽しく生きていってほしいという妻なりの愛に溢れた態度が健気です。
冒頭に描かれているとびきりの笑顔と、半年後にまだ生きていると表現されているときの表情がかなり対照的であり、顔に出やすい性格である妻が夫を愛するがゆえに、それだけ感情を隠す努力を重ねていると示しているように感じます。
(40代・女性)

漫画「大好きな妻だった」の作品情報

作品名 大好きな妻だった
作者 武田登竜門
出版社/レーベル 双葉社/webアクションコミックス
巻数 既刊1巻
公式サイト 「大好きな妻だった」公式サイト
公式SNS 「大好きな妻だった」作者公式Twitter
Wikipedia

※本ページの情報は2021年12月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました