DEATH NOTE(デスノート)を無料で全巻読む方法はある?試し読みできるアプリ情報!

DEATHNOTEデスノート漫画無料 少年マンガ

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」は全巻無料で読めるのか、違法サイト漫画バンク・rawなど、その他漫画アプリでの配信状況を全巻まで含め調査しまとめました!

あらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい!

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」は漫画バンク・rawで全巻無料で読める?

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」は漫画バンク・rawで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全に無料で漫画を読めるアプリを紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapanが1番安い

今すぐDEATH NOTE(デスノート)を読む

ebookjapan公式サイトを見てみる
※登録・解約料はかかりません

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」を全巻無料で読めるアプリは?

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」を無料で読めるアプリ一覧

漫画アプリ 配信状況 無料の巻数
ebookjapan
全巻配信中で
1番お得
なし
コミックシーモア なし
Amebaマンガ なし
まんが王国 なし
U-NEXT なし
BookLive なし
コミック.jp なし

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」を読めるアプリはebookjapanをはじめ7つありましたが、全巻無料で読めるサービスはありませんでした。

Don
Don

でも「DEATH NOTE(デスノート)」を1番お得に全巻読めるサービスは分かりました!

 

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!
登録料・解約料は無料
月額費用なしで漫画が読めちゃう!
6回好きな漫画が半額になるクーポンを配布中!
  • 「DEATH NOTE(デスノート)」を全巻配信中
  • 初回50%OFFクーポンで「DEATH NOTE(デスノート)」を6巻分半額で読める

現在、ebookjapanでは登録特典で初回50%OFFクーポンがもらえます。

一番お得に「DEATH NOTE(デスノート)」を読むことが可能なのでebookjapanをご利用ください。

\ebookjapanなら全巻配信中

今すぐ無料で試し読み

ebookjapan公式サイトを見てみる
※登録・解約料はかかりません

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」の試し読みを無料でできるアプリ一覧

漫画アプリ 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
Amebaマンガ ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)
U-NEXT ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
コミック.jp 1巻のみ

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」はebookjapanのほか6社で全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

\1番お得なのはebookjapan/
今すぐ無料で試し読み
※登録・解約料はかかりません

 

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」のあらすじと感想

あらすじ

高校生の夜神月(やがみらいと)は現役で東応大学に合格するのは間違いないと評判の秀才。しかも父親は警察庁刑事局長・夜神総一郎であった。そんなある日、月は自分が通う高校の敷地のなかで黒い怪しげなノートを発見する。実はそのノートこそ死神・リュークが落としてしまった「名前を書かれた人間が死んでしまう」デスノートであった。
新たなノートの持ち主となった月はリュークの姿も見れるように。さらに、デスノートに関するルールを紐解きつつデスノートの威力を色々と試していく。こうして月は自身が思う「正義」を成し遂げるため犯罪のない世の中を目指して世界中の犯罪者たちの名前をノートに書きつらね、次々と殺害していった。
しばらくすると月がやった行為はネット上で全世界に拡散。法律だけで裁けない犯罪者を消し去る者が現れたと話題となった。一連の謎の執行者を、殺し屋という意味のKillerから「キラ(KIRA)」と呼ばれるように。実際に、キラの執行により世界各地で犯罪が減少したというデータも出されたのだが、警察の立場から見ればキラがやっていることは大量殺人と何も変わらず…。

感想

4.0
私が大人になってから一番衝撃を受けた少年漫画でした。
というのも、殴る蹴る等の暴力ではなく、ここまで見事に頭脳戦を描き切った作品は初めてでしたから。
主人公の夜神月はテストの成績が良いだけでなく、頭のキレも抜群。
対するLも名探偵として世界的に有名であり、一体どちらが勝利するのかとドキドキしたものです。
普通に考えればLの方が優勢なのでしょうが、今回は相手が悪かった。
何しろノートに名前を書くだけで人を殺せるというDEATH NOTEを夜神月が手にしている為、殺人を犯してもアシが付かないんです。
そんな圧倒的不利な状況でよく夜神月までたどり着いた!と賞賛を送りたくなりました。
その後のニアとメロvs夜神月の戦いも面白く、最後まで飽きずに読める面白い漫画でした。
(男性 40代)

5.0
一番印象に残ってのはLですね。
頭脳の優秀さはもちろんですが、普段の奇行が気になりました。
例えば携帯電話を持つ際、指先でつまむだけなんです。
携帯電話でこんな風に話す人を初めてみました。
また夜神月とカフェへ行った時も妙な座り方をしていました。
一応夜神月が周囲から死角になる席を確保していたとはいえ、この座り方は普通出来ません。
なんなんだこの生き物は?と感じたものです。
次に印象に残ったのは魅上照。
後半に出てきた人物で、夜神月からデスノートを授けられた人物。
正義感が強すぎたが故に学生時代は色々ありましたが、検事に就任。
魅上照にとっては天職のようなもの。
そしてそれを強制的に執行できるDEATH NOTEを手に入れ、文字通り代行者として活躍する姿が印象的でした。
(男性 40代)

4.0
人気になっていたようなのでなんとなく暇なときに読んでみようとなり、ネットカフェで読んで見ました。読んで見ての感想は主人公の夜神月が自分自身を神と勘違いをして悪者を裁いて天罰を与えようとすることなのですが、結局ライバルの天才の操作班のLに追い詰められてからはデスノートを自分が捕まらないようにLの仲間を書いて処分したように、自分の保身を確立した上で悪者を裁くので本当の神ではないと、その時点で自分は主人公を否定しました。最終的に主人公がLの後継者によって追い詰められ終わりを迎えるのですが、これを自分は読んでいる途中から予想していたし、そうなってくれてジャンプを読んでいる少年たちに悪が勝たないのを示したので良かったと思います。
(男性 40代)

4.0
読んでいて1番注目したのは、主人公のフィアンセである弥海砂です。主人公の次にたまたまデスノートを手に入れてしまうのですが、いかんせん知能が主人公の月ほど良くなくて最初に月と組んだ時に足を引っ張ってしまいます。主人公を好きになっていなければ、ここまで短命デスノートに取り憑かれることもなかったと思うし、少し可哀想と思いました。ある意味純粋なのですが、性根は善良ではなく少し性悪だと判断していたので個人的にあまり好きではなかったのですが、その純粋な部分と危うい部分に死神が2体も感情移入してしまい、灰になってしまったのだと思います。いずれにしても、彼女はいろんな場面のキーマンだったので注目せざるおえなかったし、好き嫌いの別れる登場人物だと思いました。
(男性 40代)

4.0
DEATH NOTEという作品を読んだ感想ですがこれが良いと感じたのはやはり緊迫感がある頭脳戦です。
主人公の夜神月も探偵のLの緊迫感がある戦いはいつ見てもかっこいいと思います。
また、主人公が完全に悪いことをしているにもかかわらず不思議とそれで主人公をぜったいに許せないという風に思えないものもすごいと思いました。
明らかに殺人をやってしかもLとの戦いが始まると正義のために殺しをしていたはずが、保身のために殺しをやるようになっていってもそれでも
不思議とそこまで主人公に怒りを感じないのが不思議な作品だと思いました。
それはやはり主人公もLも相当頭がキレるからその戦いをずっと見ていたいというのがあるからだと思いました。
(女性 40代)

4.0
この作品で注目のキャラクターといえばやはり主人公と戦うことになる探偵のLです。
はっきり言ってこのLというキャラクターがいるからこそ2人の戦いをずっと見ていたいと思ったと言っても過言ではないです。
主人公の夜神はただの真面目感じのキャラですがLはその見た目のインパクトもすごいですし、かなりお茶目な感じのキャラです。
そのためすごい頭脳戦をしている時でもどこか笑ってしまうようなところが多いと感じるキャラで見ていて飽きないです。
なので、このDEATH NOTEという作品で一番注目のキャラクターとなるとLということになります。
実際このキャラがいるから漫画を読んでいたという感じでした。
それぐらい見どころが多いキャラです。
(女性 40代)

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」の作品情報

作品名 DEATH NOTE(デスノート)
作者 大場つぐみ / 小畑健
出版社/レーベル 集英社/ジャンプコミックス
巻数 巻12巻 ※完結
公式サイト 日本テレビ「DEATH NOTE(デスノート)」公式サイト
公式SNS 「週刊少年ジャンプ」公式Twitter
Wikipedia 「DEATH NOTE(デスノート)」Wikipedia

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました