葬送のフリーレンを全巻無料で読む方法は?最新刊まで読めるアプリや漫画バンク配信情報も

葬送のフリーレン全巻無料 少年マンガ

漫画「葬送のフリーレン」を最新刊まで全巻無料で読めるサイトはあるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「葬送のフリーレン」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「葬送のフリーレン」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「葬送のフリーレン」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「葬送のフリーレン」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「葬送のフリーレン 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「葬送のフリーレン」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「葬送のフリーレン」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
葬送のフリーレン
ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「葬送のフリーレン」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「葬送のフリーレン」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「葬送のフリーレン」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「葬送のフリーレン」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「葬送のフリーレン」のあらすじと感想

あらすじ

ヒンメルは、魔王を討伐して王都に見事に凱旋をした勇者である。

その他にも、僧侶ハイター、戦士アイゼン、魔法使いフリーレンという仲間と一緒に10年という長い歳月を掛けて目的を完遂した一行である。

4人はその感慨にふけっているが、フリーレンにとってみるとそれは短期の旅だった。

というのも、彼は1000年は余裕で生きながられる長命種であったから。

彼らは『半世紀のエーラ流星』を見ては、更に50年後もきっと見ようと誓ってその場を解散する。

そこから50年が経ち、4人はまた流星を見るがその直後にヒンメルがこの世を旅立ってしまうのだった。

ヒルメンの葬儀の際にグリーレンは『ヒルメンのことを知ろうともしていなかった』と公開の涙を流す。

そしてそれに困惑した彼女は『人間を知る旅』に出て行くのであったが…

感想

5.0

「勇者が魔王を倒したその後の物語」という設定が他にはない世界観でとても面白いです。

魔族とのバトルシーンがあるのにも関わらず、作品全体を通してとても「静か」な印象を感じるのも不思議な魅力で、どんどんとその空気感に引き込まれていきます。

人間よりもはるかに長生きなエルフの主人公フリーレンが持つ、人間との価値観や考え方の違いそしてその為に生まれる心情がとても繊細に描かれていて、しんみりと感じる事も出来れば、逆になんだか人生への希望も感じられるような、なんとも不思議な気持ちになってしまいます。

たまに合間に描かれる過去の勇者たちとの旅の中にいるフリーレンと、今のフリーレンの心の変化も繊細に描かれていてフリーレンがとても愛しくなっていくのも魅力です。

ツンデレ極まれりです。

王道なファンタジーの世界で描かれる、人間ではない主人公とその周りの人間たちが繰り出す人間模様が、独特な雰囲気で味のある作品です。

(30代・男性)

4.0

まず主人公フリーレンがとても魅力的です。

人間よりも遥かに長生きであるという設定で、可愛らしい女の子な見た目ながらも何百年も生きているという彼女。

少し冷めたような物の考え方の彼女が勇者との旅を振り返りながら、少しずつ温かみを持っていく様子がなんとも愛おしいです。

冷めててクールな彼女が、過去に勇者が言った言葉に習って温かい言葉を言ったり、以前の旅を振り返って、弟子たちに喜びを教えたりする様子はとてもニヤニヤして見てしまいます。

魔王を倒した勇者のパーティにいただけあって、魔法使いとしての腕前はもはや向かう所敵なしといった感じで、出てくる敵にもれなく安定して勝つ様子は、静かな作品ながらもワクワクしてみる事が出来ます。

隠し事が顔に出ちゃう所や、変な魔法ばかり集める趣味も可愛さを増幅させます。

冷静にクールで心優しく、可愛いらしい最強の魔法使いという盛り盛りな設定がとても魅力的ですね。

(30代・男性)

4.5

10年以上ファンタジー漫画を読まないでいたら「異世界」に対する作品の入り込み方がだいぶ変わってしまっていました。

現実の自分が何らかの理由で異世界に入り込む…という感覚がマストになった作品は、どうしてもなじめなかったのですが、この「葬送のフリーレン」は一定程度でその感覚を読者に持たせつつも、異世界ならではの残酷な現実に静かに向き合う、という切り口が非常に斬新で、興味深いと感じました。

それは、エルフという寿命の異なる種族が、人間とドラマを紡いでいく上でどうしても避けられない「大切な人との別離」というテーマです。

ほんわかとしたムードとかわいらしい絵柄で、そういった重さはやわらげられてはいるものの、主人公であるエルフの魔法使い・フリーレンがしみじみと感じていくその寂寥を、見事に演出していると思います。

(40代・女性)

3.5

主人公であるエルフの魔法使いフリーレンは、数十年前、勇者一行に参加して世界を救いましたが、そのパーティーメンバーは老齢によって他界していき、唯一生存しているドワーフ戦士もまた「もう若くはない」と別れが近いであろうことを告げています。

寿命のめっぽう長いエルフのフリーレンにとっては、この過去の冒険も長い人生の中のちょっとした出来事にしかすぎなかったはずなのですが、数十年の年月が経つにつれてそれがいかに自分にとって尊いものであったか、すなわち大切な仲間との日々およびその別離を、徐々に感じ取っていくことになります。

非常に美しくまた強く、完璧に近い存在であるはずのエルフ・フリーレンが、孤独や別離といった悲しみにとらわれて、なおそれでも自分の軸を失わずに生きて行こうという姿は、読む側にもなにか哲学的な問いを発しているようにも思えてきます。

「このひとは違う。これまでのファンタジーのキャラクターとは一線を越えて、妙に迫ってくる」という魅力を感じます。

(40代・女性)

4.0

この作品の魅力は、人生を考えさせてくれるところです。

彼らは、勇者であり、戦士である前に人間だったのだと改めて考えさせてくれました。

平和になった世界で、かつての勇者達がどのように生活をしていたのかがわかり、とても親近感がわきます。

そして、人を見送るとはどういうことなのか。

共に生きるとはなんだっのかも教えてくれました。

フリーメンが、時間というかけがえのない存在に気がついた時。そこが、きっと本当の旅の始まりになったのだろうと思います。

最初の頃はどこかクールに感じたフリーメンが、徐々に感情を表すようになってきて、彼女の心の成長を見守るような気持ちにさせてくれました。

まさに、新感覚のファンタジー作品だと思います。

(20代・女性)

4.5

フリーメンの師匠である、フランメがとても好きです。大魔法使いと呼ばれ、助けたフリーレンを一流の魔法使いに育てた人物です。

そして、死後も尚、フリーレンを導き続けているというとても偉大な存在です。

いつか、フリーレンが時間や命の尊さに気がつき、後悔するということをフランメは既に予測して、手記を残してくれました。

これは、師匠と弟子という関係を越えた強い絆がなくてはできないことだと思います。

キャラクターの存在感というのは、生き生きと輝いている姿に感じるものだと思っていました。

そんな考えを覆してくれたのが、まさにフランメです。

フリーレンの歩く未来を、ずっと案じていたのだろうと考えると、切なくてなりません。

(20代・女性)

漫画「葬送のフリーレン」の作品情報

作品名 葬送のフリーレン
作者 山田鐘人
出版社/レーベル 小学館/少年サンデー
巻数 既刊6巻 ※2021年11月現在
公式サイト 「葬送のフリーレン」公式サイト
公式SNS
Wikipedia 「葬送のフリーレン」Wikipedia

※本ページの情報は2021年12月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました