ゴルゴ13(漫画)を全巻無料で読める?最新刊まで漫画バンクで無料配信してるかも調査!

ゴルゴ13漫画 全巻無料 青年マンガ

漫画「ゴルゴ13」を全巻無料で読めるサイトはあるのか、違法サイトや漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「ゴルゴ13」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「ゴルゴ13」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「ゴルゴ13」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「ゴルゴ13」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

 

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「ゴルゴ13 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「ゴルゴ13」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「ゴルゴ13」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
ゴルゴ13

ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「ゴルゴ13」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「ゴルゴ13」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「ゴルゴ13」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(1巻、185~202巻)

漫画「ゴルゴ13」はebookjapanなど4つのサービスで試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「ゴルゴ13」のあらすじと感想

あらすじ

【ビッグセイフ作戦】窓辺にたたずむたくましい体つきで精悍な顔の男。彼はゴルゴ13ことデューク東郷、世界を股にかけるスナイパーだ。ベッドには裸体の女性が眠っている。と、起きた女性をいきなり殴りつけるゴルゴ。すると複数のガラの悪い男が部屋へとなだれ込んで来た。彼らを打ちのめし外へと出るものの、ゴルゴ13は警察に捕まってしまった。その数カ月後、イギリスの諜報部ではゴルゴのこれまでの暗殺について話していた。要人が暗殺された場にいつもゴルゴがいたためだ。さらに警察に捕まってから1か月後、ゴルゴのいた刑務所が爆破され、その後もゴルゴの仕業と思われる狙撃事件が起きているというのだ。ゴルゴが警察に捕まったのは単なる失敗なのか、それとも何か理由があるのか。イギリス諜報部はゴルゴにとある作戦に協力させ、作戦が終わり次第逮捕しようと画策するが…。

感想

4.0
この作品は、どんな暗殺でも見事にこなすゴルゴ13を主人公とした裏社会ストーリーになっていました。今や日本を代表とする作品といってもおかしくはないほどの人気を誇っているこの作品ではありますが、やはりその魅力というのは主人公のゴルゴ13と、部隊である裏社会にあると思っています。ゴルゴはどんなミッションでも絶対に失敗をしませんし、これぞ本物の殺し屋といった感じがして、本当にかっこいいです。裏社会ではこんな凄まじい腕を持っている男たちがいるのかと思わされるほど驚かされましたが、ゴルゴ13が行う暗殺というのは意外に我々の身近に関わっていることが多く、現実世界と比べ合わせながら見るとより楽しくなるので、好きですね。
(20代・男性)
4.5
やはり主人公のゴルゴ13は、あらゆる人を惹きつける魅力的なキャラクターだと思います。どんな無理だと思われるような暗殺でも冷静にこなしていく感じがカッコいいですし、これぞプロといった感じがして好きです。彼は裏社会で生きる怪物のように描かれることが多いのですが、シリーズによっては国の英雄のように扱われていたりするので、いろんなゴルゴ13を見ることができるのも面白いです。個人的に好きな暗殺としては飛行機で逃げようとするターゲットをビルとビルの間からほんの一瞬で狙撃するという暗殺なのですが、コンマ1秒の瞬間でさえも見逃さない彼の技術と集中力は凄まじいと思いましたし、こんなカリスマ性があるのかと驚かされました。
(20代・男性)
5.0
日本のハードボイルド作品を代表する漫画「ゴルゴ13」は、色褪せない名作とも言えます。主人公の超A級スナイパーとして活躍するゴルゴ13ことデューク・東郷は、どんな狙撃も可能とし、彼に狙われたら最後、復讐を望む者には寛大な天使となり、復讐を受ける者には無慈悲な悪魔となる、彼が絶対なる暗殺者として活躍する物語。それは痛快なアクションでもあり、また鎮魂の想いが込められたドラマでもあると、多くの多様性が込められた物語をより深く演出し、ただ無敵の男が無双で暗殺するのではなく、その依頼に込められた多くの想いを物語にした作品でもあるのです。国家や個人の持つそれぞれの悩み、また陰謀など、言うなれば欲望を叶えるために、冷徹な暗殺者となり、依頼を熟していくゴルゴ13の物語は、社会派や国際派などの簡単な文字では語り尽くせない、人間の社会をテーマにしたハードボイル作品なのです。
(40代・男性)
4.5
ゴルゴ13と、デューク・東郷にこそ、この物語の魅力が込められた登場人物とも言えます。彼の生い立ちは様々とあり、そのどれもが未だに明かされる事なく、謎の男として暗殺を行うスナイパーであり、冷酷非情と言われ、冷徹怜悧な殺人鬼と揶揄されるも、暗殺者として己の意志を曲げずに、受けた依頼を冷徹に熟す彼の行き方は、悪や善を越えた聖人としての魅力があります。相手が屈強な軍隊であろうとも、受けた依頼は必ずに熟し、不可能と言われる狙撃を可能とし、極限の状況の中でも生き残る術を尽くし、戦い抜く姿は、野生の獣の持つ魅力のある闘争本能を放つ獣とも言えます。孤独であるも、闇の裏世界で暗躍し、自分の力を求める者の依頼を受け、ただ仕事を熟す、完全なるプロフェッショナルの生き方。ゴルゴを語る上での魅力とも言えます。
(40代・男性)
5.0
未知の病原体や宗教問題。国際間のパワーバランスまで、徹底的な下調べによりリアリティーを追求した作品、それがゴルゴ13です。さいとう・たかを先生の作品は殆ど見てますが、やはりこの本がさいとう作品の幹です。監督、脚本、武器担当など映画のように役割が分かれ、各話の脚本も専門家に外注に出したり、現役銀行員や国家公務員からの話を元に脚本を書くこともあるそうです。だからリアリティーがあるし、毎回テイストが違う話なんだと納得です。選ぶのが難しいのですが、個人的に一番好きな回は「鬼畜の宴」です。大富豪のロスマクドナルドとべテンセンは、狙撃者スパルタカスを雇いゴルゴを抹殺するよう依頼。2人の退屈しのぎに雇われたスパルタカス、ゴルゴをコロシアムに呼び出し超一流同士の2人が対決したのだが・・。2人とも腕を認め合った中での戦い結末が面白いです。
(40代・男性)
4.0
ゴルゴ13ことディーク東郷見た目もかっこいいのですがセリフも渋くて良いです。ほとんど喋らない彼ですが、たまに喋ると本質をつらぬいた、数々の名言を残してます。「俺の背後に立つな」は有名ですが、ある依頼者に一流のプロの条件を問われます。東郷は「10%の才能と20%の努力そして30%の臆病さ、残る40%は運だろうな」と。数々の修羅場をくぐってきた東郷、才能ではなく重要なのは運と言う。渋く重い言葉です。そんな男は任務への執念も凄いです。任務遂行の為には島を買ったり、セットを作り侵入のリハーサルをしたり、金よりも任務の遂行に全力を注ぐ正にプロフェッショナル。冷静さ、言葉、仕事への姿勢、全てにおいてこんな男に憧れます。
(40代・男性)

漫画「ゴルゴ13」の作品情報

作品名 ゴルゴ13
作者 さいとう・たかお
出版社/レーベル 小学館/ビッグコミック
巻数 既刊202巻 ※2021年11月現在
公式サイト さいとう・たかお公式サイト
公式SNS さいとう・たかお公式Twitter
Wikipedia 「ゴルゴ13」Wikipedia

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました