漫画バンクでハコヅメは全巻無料で読める?新刊を見れる漫画アプリはある?

ハコヅメ全巻無料 青年マンガ

漫画バンクで「ハコヅメ」を新刊まで全巻無料で読めるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやebookjapanなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「ハコヅメ」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「ハコヅメ」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「ハコヅメ」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「ハコヅメ」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「ハコヅメ 」を1〜3巻無料で読める
  • 「ハコヅメ 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「ハコヅメ」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは1〜3巻無料+初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「ハコヅメ」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

1〜3巻無料
ハコヅメ~交番女子の逆襲~
ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「ハコヅメ」は漫画バンクで全巻無料で読める?

漫画「ハコヅメ」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「ハコヅメ」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「ハコヅメ」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「ハコヅメ」のあらすじと感想

あらすじ

主人公は町山交番勤務の新人巡査の川合麻依。

警察官になった理由は、父親が民間のブラック企業で働いていたため、何となく公務員を目指したという。

そんな川合の上司で彼女とペアを組むのは超絶美人の藤聖子巡査部長。

厳しいが愛情を持って川合を指導し、仕事に関してはミス・パーフェクトといわれるほど完璧。

藤は元々刑事部に所属していたが、ある目的のために町山交番へ赴任をしていた。

そんな藤の元で川合は厳しいい毎日を過ごし、想像していた以上の激務に嫌気を感じて警察官を辞めようとしていた。

武道やデスクワークは苦手な川合だったが、警察官といてあいまいなゆるい証言かでも対象者の容姿を掴んだり秀でた部分も持ち合わせていた。

そして、藤の仕事ぶりを見て徐々に警察官としての心得を感じめ、徐々に職務に対しても自信を持ち始める川合だったが…

 

感想

4.0
作者が元警察官というだけあって、ネタがとってもリアルで面白いです。
女性目線でのおじさんの描き方だったり、女性の部下を持つおじさんの悩み事が特に。
女性の部下を持ったオッサン上司の悩みがリアル。
ギャグだけど、警察官の仕事の大変さがひしひしと伝わってきます。
そして、登場人物全員が美人なところもよしです。
(男性警察官はこわもてですけどね笑)
交番に行ったことのない人、警察官と話したことのない人っていないぐらい地域の住民のために仕事をしてくれているのに、案外知らないことが多いなって思いました。
こち亀さんとはまた違った路線ですが、とにかく面白くて読み終わったらリピートしようと思っています。
まだ読んでいない人にもオススメしたいです。

(20代・女性)

4.0
美人警察官藤さんにハマりました。
ミス・パーフェクトって言われてみたいし、言われるって本当に素晴らしい警察官だし素晴らしい上司で部下なんでしょうね。
漫画の絵も素敵ですし、ストーリー(人柄)などにも惹かれますし、笑えますし、泣けますし。
そして毎日大量の仕事量をこなしているところに尊敬します。
私たちが普段目にしていることって警察官の仕事のほんの一部で、キツイということがよく分かりました。
見ていると警察官の方が『あんたが悪いだろ』って殴りかかりたくなりますが、いくら仕事だからといっても本当に頭が下がります。
地域のために働いている警察官に対する目が変わりました。
有難うという気持ちになりました。

(20代・女性)

4.5
レビューがよくて気になっていました。
ドラマ化なったことにも納得です。
何となく読み始めたら止まりません。
爆笑もあって、ホッコリの癒しがあって、ホロリ涙もあって、どれもこれも面白いエピソードです。
なんといっても作者がリアル警察官だったということが大きいでしょう。
じゃないと、ここまでリアル感満載にできません。
それと、警察官というと男性のイメージがあったけど、これは女性ペアが描かれているので珍しいと思い興味深く読みました。
ギャグセンスも抜群だし、主人公もかわいいし、登場人物のキャラ立ちもいです。
普通に生活していたら関わりない警察官だけど、何となく働いてくれている人たちの一部を垣間見れたそんな心地いい気分になりました。

(30代・女性)

3.5
川合麻依ちゃんがかわいいです。
いきなりえ?警察官辞めるの?こんな頭からその展開で大丈夫?って思ったけど、心配をよそにゲラゲラ笑わせてもらいました。
なんというか警察官だって正義だなんだっていう前に、一人の人間なんだよっていう部分が全面に出ていて親しみを感じます。
そりゃぁキツイ仕事は嫌だし、何となくなっただけで別に強い思いがあったわけでもなければね。
私たちから見てもハッキリいって小さな(申し訳ないと思いつついいます)違反切符やとるに足らない通報や事細かな書類業務など大変なんだと裏側を知れました。
テレビで熱血刑事ものなんてやっていますが、あれはドラマの世界であって、実際はそうじゃないことが分かったしでも警察官同士の関係性やギャグ(言葉選び)のセンスの高さとか最高でした。

(30代・女性)

4.0
女性警官の話だと表紙を見てなんとな~く読んでみたら、腹筋が痛くなるぐらい笑わせてくれました。
道端や警察署で見るお巡りさんの顔とは全然違ってて、所長のバースデー場面なんて大笑いです。
仕事がやっぱり事件とかで人間の生死が関わってくるので、殉職もあって源さんのお話はぐっと胸にきましたし、人間ドラマが詰まりすぎている感じです。
でも、どんなお仕事をしていても公務員の前に一人間なんだっていうことが一番感じたところです。
別章が出てこれも読んでみたら、なんとこんなつながりがっていう重い内容だけど本編を見ているなら絶対に読んだ方がいいです。
衝撃度が大きかったです。
でも、実際リアル話だと思うし、笑いながらもいっぱい考えさせられました。

(20代・女性)

4.5
キャラクターみんなとってもいい感じで印象に残ります。
警察官って、外でわーっていって騒ぎたくても一般人の耳に聞こえるように文句や愚痴も言えないだろうけど、作者が元警察官なのでこの漫画を読んでみて、登場人物もきっと誰かモデルがいるんだろうなとか、これは当時から感じていたことなんだろうなって思いました。
知らない世界をのぞいたら驚きだったという感じです。
警察官の台詞の言い回しも楽しめたし、よくテレビで見ている警察ドラマとは違った楽しみ方ができました。
面白くて何度もページを戻ったりまた一から読んだりしたけど、その度に違う考え方や感じ方や発見もあっりました。
ドラマもぜひぜひ見てみたいと思いました。

(20代・女性)

漫画「ハコヅメ」の作品情報

作品名 ハコヅメ
作者 泰三子
出版社/レーベル 講談社/モーニング
巻数 既刊19巻 ※2022年2月現在
公式サイト 「ハコヅメ」公式サイト
公式SNS 「ハコヅメ」公式Twitter
Wikipedia 「ハコヅメ」Wikipedia

※本ページの情報は2022年2月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました