花嫁未満エスケープは全巻無料で読めるアプリはある?漫画バンクで最終話まで見れるか調査!

花嫁未満エスケープ全巻無料で読めるアプリ 女性マンガ

漫画「花嫁未満エスケープ」を全巻無料で最終話まで読めるサイトやアプリはあるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「花嫁未満エスケープ」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「花嫁未満エスケープ」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「花嫁未満エスケープ」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
booklive 全巻
独占配信
1・2巻無料
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア ×
ebookjapan ×
まんが王国 ×

漫画「花嫁未満エスケープ」を読めるサービスはBookLiveだけでした。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはBookLiveです!

登録料・解約料・月会費は無料
独占先行配信マンガが多い
無料登録で好きな漫画に使える半額クーポンがもらえる
1万冊以上の漫画が無料配信中!
登録料・解約料は無料
月会費なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
無料登録で好きな漫画に使える半額クーポンがもらえる
感想を書くだけで漫画購入に使えるポイントが貯まる

BookLiveなら…

  • 「花嫁未満エスケープ」の1・2巻を無料配信中
  • 初回50%OFFクーポンで「花嫁未満エスケープ 」を半額で読める
  • 「花嫁未満エスケープ」を先行独占配信中

現在BookLiveでは無料登録特典で好きな漫画1冊に使える50%OFFクーポンがもらえます。

しかも漫画「花嫁未満エスケープ」はBookLive以外では配信もありません

1・2巻の無料配信やお得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「花嫁未満エスケープ」を読むことが可能なこの機会にBookLiveをご利用ください。

1・2巻無料
花嫁未満エスケープ全巻無料
BookLive公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「花嫁未満エスケープ」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「花嫁未満エスケープ」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

BookLive公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「花嫁未満エスケープ」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
BookLive ◯(全巻)
コミックシーモア 配信なし
ebookjapan 配信なし
まんが王国 配信なし

漫画「花嫁未満エスケープ」はBookLiveでのみ全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はBookLiveでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「花嫁未満エスケープ」のあらすじと感想

花嫁未満エスケープで1話あらすじ

アラサーの主人公ゆうは彼氏の尚紀(なおき)と同棲を始めて4年が経っていた。付き合ったころは記念日を大切にしてくれていた尚紀だったが次第にゆうのことを自分の身の回りのお世話をしてくれる人・母親のように扱うようになっていた。ゆうの27歳の誕生日、尚紀は誕生日のことを忘れ会社の飲み会をいれてしまう。せめてもと誕生日ケーキを自分で買うと尚紀は遅くに食べたら太るよと心無い一言をいってくる始末。尚紀の態度に限界を感じたゆうは思わず同棲しているアパートを飛び出してしまう。そして実家に向かう途中、ゆうはある人物に出会う。それは学生時代の元カレ・深見(ふかみ)だった。昔と変わらず自分のことを大切にしてくれる元カレの存在にゆうの気持ちは…

感想

5.0
付き合いが長くなっても彼女の誕生日を忘れたり、何かをやってもらって当たり前と思っている尚君の態度がひど過ぎて、こんな彼氏捨てちゃえーと思った。6年も付き合っていると現状で満足してしまうのだなと思わされました。結婚に憧れを持つ気持ちや、ゆうちゃんが尚君を思っている(長く付き合っていることで情からなのかもしれませんが)のはとても分かるけど、結婚しても変わらない生活を送ることが目に見えているよと言いたい。でも険悪な時だからこそ出会えた深見くんはとても素敵な人に思えたのは間違いないですね!学生時代に付き合って別れた元カレが今でも自分を思ってくれてたら、やっぱ嬉しいし期待してしまう。尚君は出ていかれてもなお、いずれゆうちゃんは戻ってくると過信しているところがあり、離れていくゆうちゃんを今さら繋ぎ止めよう感が凄すぎて、深見さんとの恋を邪魔しないでと思った。今後の深見さんとの恋を見届けたい。
(30代・女性)
4.5
深見さん推しです。ゆうちゃんの生き方を尊重してくれて、包み込んでくれる優しさが感じ取れました。多分一緒にいるならこういう人が一番いいんだろうなと、深見さんの言動にきゅんきゅんしながら読んでいました。
あとは美沙さん!ずばっと言ってくれて頼れる相談相手だなと思いました。同じ女性の視点から立たないと、わからないことや判断できないこともあるから、迷ってるゆうちゃんを良い方向へ導いてくれた美沙さんはいい仕事してるなと思いました。美沙さんの「女なんか一生女だよ」の言葉よかったです。結婚したって、子供が生まれたって、ずっと女性としてみられたい!とみんな思っているはず。それを改めて気づかせてくれた。美沙さんも幸せになって欲しいです。
(30代・女性)
4.5
尚紀とゆうは価値観や考え方などの根本的なところがきっと違うのだろうと感じました。だから尚紀はゆうの気持ちを、分かろうとしても分かることはできないのではないかと思います。ゆうは結婚がしたいのはもちろんだけど、それよりも、そのことについて二人で向き合いたかったのであり、相手に対しての思いやりが大事だったのだと思います。それでも尚紀は彼なりにゆうのことが好きだったようで、ゆうが正直に自分の気持ちを打ち明けていたら、分かり合えないながらも一緒にいたかもしれないと思いました。年齢的にも結婚に対して男女では意識が違うと思うし、はじめとの再会で揺れるゆうの心情がリアルで共感できました。尚紀と過ごした長い時間に後ろ髪を引かれるところや彼のいいところを思い返す場面は気持ちがわかって切なかったです。
(30代・女性)
5.0
ゆうの高校時代の元カレであった深見はじめがとても魅力的でキュンとさせられます。まっすぐにゆうのことが好きで、その気持ちが随所に伝わってくるので応援したくなります。ストレートに気持ちが伝わってくることは、それだけで嬉しいし、安心すると思います。だからゆうも本当の自分をはじめの前では出せるのだと思いました。また、ゆうのなにげない言葉をきちんと聞いていて彼女のことを思いやることができるところも素敵です。好きな気持ちが強い余り、少し急ぎすぎている気もしますが、ゆうの気持ちに寄り添ったり大事にしていることが伝わってきていいなと思います。また、ゆうが帰ってきたことを喜んだり、ゆうからの言葉にガッツポーズをしたり、かわいすぎて心をつかまれました。
(20代・女性)
4.5
この漫画の面白いところは、同棲しているカップルのリアルな悩みを描いているところです。例えばずっと一緒にはいるけれど結婚のことについて何も考えてくれない、家事は全部彼女がやってまるで家政婦のような扱いをされていることなどです。確かにこういうカップルってたくさんいるよなぁと感情移入しながら読み進める手が止まりませんでした。そしてこのカップルの彼女・ゆうがバッタリ元カレの深見と再会することによって、また新しい展開が始まるところにワクワクします。ゆうはダメダメな今の彼氏と優しい元カレの間で揺れ動き、最終的にはどんな行動をとるのかが気になる内容となっています。彼氏彼女とはどういう存在か、愛というのはどういうことなのかなど、いろいろ考えさせられる作品です。
(20代・女性)

漫画「花嫁未満エスケープ」の作品情報

作品名 花嫁未満エスケープ
作者 小川まるに
出版社/レーベル NINO
巻数 既刊17話 ※2021年11月現在
公式サイト 「NINO」公式サイト
公式SNS 「花嫁未満エスケープ」公式Twitter
「NINO」公式Twitter
Wikipedia

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました