妃教育から逃げたい私はzip・漫画raw・漫画バンクで全巻無料で読める?アプリの配信情報も

妃教育から逃げたい私zip 少女マンガ

漫画「妃教育から逃げたい私」を全巻無料で読めるサイトはあるのか、漫画rawやzip、漫画バンクのダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「妃教育から逃げたい私」の漫画zipは安全なのか、漫画rawや漫画バンクその他アプリなど全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「妃教育から逃げたい私」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「妃教育から逃げたい私」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国

漫画「妃教育から逃げたい私」はebookjapanなど3つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「妃教育から逃げたい私 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「妃教育から逃げたい私」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「妃教育から逃げたい私」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
妃教育から逃げたい私
ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「妃教育から逃げたい私」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「妃教育から逃げたい私」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「妃教育から逃げたい私」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 配信なし

漫画「妃教育から逃げたい私」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「妃教育から逃げたい私」のあらすじと感想

あらすじ

クラーク王子は婚約者のレティシアがいるのに、他の令嬢同伴でパーティに参加した。

これはつまり、婚約破棄を意味する。

レティシアは傷心かと思いきや大喜びし、これまでつつましく令嬢として振る舞ってきたが両手を挙げて自分の素の姿を表す。

クラーク王子の婚約者ということで彼女は10年間もの間花嫁修業にあけくれていたので、晴れて自由の身になれて喜んだいたのだ。

レディシアは王子の新たなお相手にまでお礼をいい、さすがにクラーク王子も困惑する様子。

そしてレティシアは片田舎での生活を選ぶ。

そこではのんびりと魚釣りをしたり昼寝をしたり、ゆったりとした時間を過ごす。

自分で釣った魚を調理して食べているとそこにクラーク王子が現れ…

レティシアは婚約は破棄して別れを告げたはずなのにどうして…

果たしてクラーク王子は一体何を伝えに来たのだろうか…

 

感想

5.0

最初は、典型的な悪女系、婚約破棄物語なのかな?と思っていたのですが、ちょっと内容は違いました。
悪女は全然出てきません。
主人公のレティシアは、これまで行ってきた妃になるための教育に対して、自分が抑えられているような気持ちを抱いていて、その鬱憤がとあるきっかけによって爆発してしまいます。
レティシアの言い分は読んでいくともっともだなと思うことばかりで、ちょっと共感してしまいました。
本当は自由にのびのびと過ごしていきたいのに、妃になることを期待されているから、ちょっと自分を抑えて生きていかなくちゃいけない毎日…
窮屈だったろうなと思います。
レティシアが王太子・クラークから逃げた先でのんびり過ごしている姿が本当なんだろうなと思います。
ただ、レティシアがクラークのことを全く何も思っていないというわけではなくて、ここまで頑張ってこれた理由はクラークにあるんだろうなと感じる部分も多くあり、読んでいるとじれじれ、キュンキュン!としてしまいます。

(20代・女性)

4.0

自由を愛するレティシアがずっと妃教育を頑張ってこれたのはクラークを想う気持ちが少なからずあるから…
クラークはレティシアのことを本当に愛していて、レティシアのことを常に考えています。
結構クラークはレティシアに愛情表現を豊かにしてくれるのですが、レティシアはどこかそれに戸惑い逃げてばかり…
この二人の掛け合いがすごく良いなと思います。
逃げてばかりだけど、クラークのことは嫌いじゃないから、顔を真っ赤にして逃げようとしているレティシアは可愛いです。
クラークもどんなことがあってもレティシアへの気持ちを変えることなく向き合ってくれるので、すごく素敵な男性だなと思います。
ただ、周りにいるキャラクターもすごく魅力的です。
特にレティシアのお兄ちゃんと、ぶりっ子的なキャラとして登場したブリアナが良いです。
物語が進むにつれてこの二人の関係に恋愛が少しずつ絡んでくるのですが、お兄ちゃんはちょっと一筋縄ではいかない雰囲気があり、ここもじれじれとした雰囲気があっていい感じです。
ブリアナもお金が一番と言う考えだけど、そこにはいろいろと考えがあっての行動なので、素のブリアナは結構可愛らしい雰囲気。
最初に登場した時とのギャップがあって、すごく魅力的だなと思います。

(20代・女性)

4.5

厳しい妃教育に嫌気のさしたレティシアが、クラークや実の兄、周囲の人間の計らいやトラブルに巻き込まれていくうちに、自分の本当の気持ちに気づいたり、クラークと向き合ったりして幸せに向かっていくポジティブなストーリーが魅力的な漫画です。
周囲のキャラクターはクラークとレティシアの幸せを願っており、あたたかなほっこりとしたエピソードが多く、読んでいて幸せな気持ちになります。
トラブルが起きてものびのびとしていて強くしたたか、ポジティブ思考なレティシアは起こった問題すらも自分の逃亡に都合よく利用しようとしてしまいます。
ギャグ要素も強く、話の端々に笑える要素がちりばめられています。
くすっと笑いたい、ポジティブな気持ちになりたいときにお勧めの作品です。

(30代・女性)

3.5

なんといっても主人公のレティシアが持つポジティブさ、強さ、明るさに強く引き込まれてしまいます。
田舎でのびのびと過ごす彼女の様子はあまりにも楽しそうで、見ていて思わず笑みがこぼれるほどです。
こんな明るく元気な彼女を好きになったクラークの気持ちもよくわかります。
レティシア大好きなクラークも魅力的なキャラクターの一人です。
厳しい妃教育のせいで元来の明るさを失ってしまったレティシアのために、周囲を巻き込んで笑顔を取り戻そうとする姿は恋愛感情だけでは到底語り切れません。
本当に彼女を好きで、愛していて、幸せを願っている様子は応援したくなります。
そんな二人が周囲を巻き込みながら徐々に向き合っていく様子をずっと応援し続けたいです。

(30代・女性)

4.0

まず、大体の令嬢ものの漫画には望まれない展開、悪い展開が含まれるものですがこの妃教育から逃げたい私にはそのような悪的な部分がいっさい出てこないためとても気持ちよくみることができました。
また登場人物では令嬢のレティシアと王太子のクラークがメインで出てくるのですがレティシアはよく城から逃げ出してしまい、それを毎回のようにクラークは追いかけるという終始テンションが高い展開になっているため楽しかったです。
また登場人物一人一人が個性が強く、それぞれの言動に注目ができます。
レティシアの気をひくためにあれこれするクラークの不器用さなどにも目が離せませんでした。
特に難しい展開もなく、望ましい流れで進んでいくようなとても見やすいストーリーでした。

(20代・女性)

4.5

注目の登場人物はなんといっても王太子のクラークです。
とてもかわいい令嬢のレティシアに何度も何度も嫌がられてしまっても心の底から愛し、結婚したいと思うクラークのレティシアに向かう一心はとても素敵です。
またレティシアと繰り広げられる恋の攻防戦ではその場の状況とは少し外れた発言をしがちなクラークの少し抜けているところはとても魅力的です。
いつどんなん時でもレティシアを愛する一途な面、どんな困難な状況でもレティシアを守ろうとする男らしさ、時に見せる抜けているかわいい部分、レティシアとの夜に見せるエロティックな一面、この妃教育から逃げたい私を見ていけば見ていくほどクラークの多くの魅力を知ることができます。

(20代・女性)

漫画「妃教育から逃げたい私」の作品情報

作品名 妃教育から逃げたい私
作者 菅田 うり 、沢野いずみ、夢咲 ミル
出版社/レーベル 主婦と生活社/PASH! コミックス
巻数 既刊2巻 ※2021年12月現在
公式サイト 「妃教育から逃げたい私」公式サイト
公式SNS 「妃教育から逃げたい私」作者公式Twitter
Wikipedia

※本ページの情報は2021年12月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました