寄生獣(漫画)を全巻無料で読む方法をご紹介!漫画バンクの最新配信情報も

寄生獣漫画全巻無料 青年マンガ

漫画「寄生獣」を全巻無料で読めるサイトはあるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「寄生獣」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「寄生獣」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「寄生獣」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「寄生獣」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「寄生獣 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「寄生獣」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「寄生獣」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
寄生獣
ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「寄生獣」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「寄生獣」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「寄生獣」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「寄生獣」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「寄生獣」のあらすじと感想

あらすじ

ある夜、宇宙から謎の寄生生物が地球へ無数に飛んで来た。それらはテニスボールくらいの大きさで人間の脳内へと入り寄生した上、他の人間を捕まえて食べてしまう未確認生物だった。
高校生の泉新一も同じ様に、この謎の生物に襲われるのだが、途中で異変に気付いたため頭部への浸入を阻止。ただし右腕に寄生した生物はそのまま新一の身体に留まってしまう。
夜が明けても新一には昨夜の出来事がまだ信じられなかった。しかし学校へ行くと、自分の意識とは無関係に右手が勝手に動いてしまう。ただただ困惑する新一は学校を早退。帰宅途中でまた右手が勝手に動き出し、そのせいで不良たちに絡まれる。駅のトイレでまさに殴られようとした瞬間、新一の右手はもの凄いスピードで不良たちを殴り倒してしまった。
右手の異変を確信した新一は、試しにもう片方の左手でナイフを持ち右手に向って振り下ろそうとする。突然右手の感覚がなくなり謎の目と口が右手に浮かび上がり、新一にたどたどしく話しかけてきた。「新一の右手は食べた」「言葉がまだ上手く喋れないから教えてほしい」と。
翌朝目覚めると、新一が眠っている最中も、右手は本棚にあった図鑑を夜通し読み漁っていたようで…。

感想

5.0
率直な感想としてまずとっても面白かったです。登場人物も多くなりすぎず、画力もとても高くて人物の書き分けができているためこんがらがることもなくスッキリ読むことができました。ファンタジーな寄生生物と現実味のあるグロテスクさの噛み合わせが素晴らしい作品です。
ギャグとシリアスのバランスが取れていて、バトルシーンも多いですが平和なギャグシーンも多く暗くなりすぎず読み進めることができます。登場人物の死が描かれているため、悲しい気持ちになるシーンもありますがその死の描写が静かでリアルさを感じのめり込むことができました。バトルもので大切な人の死があると、劇的にパワーアップしたり生き返る可能性が出てきたりなどが王道ですがとにかく人の死に対しての静かな描写が現実で人が亡くなった際の虚無感や実感の湧かない気持ちなどが感じられて、登場人物に共感がしやすいなと思いました。設定もシンプルなものなので、誰でも読みやすい作品だと思います。
(20代・女性)

4.5
主人公のシンイチと、右手に宿ったミギーとの関係性の変化が物語においてとても重要な部分だと思います。ミギーは人としての情というものを持ち合わせておらず、それに対してシンイチは不信感や嫌悪感を抱くという最初の関係から少しずつ距離が変化していく姿に心が熱くなります。ただ単に、ミギーの中に情が生まれるというストーリーではなく、分かり合えない人間と寄生生物というそれぞれの立場を変えないままというのも魅力の一つだなと思います。
また、ミギーだけではなく、シンイチの学校の先生として関わりを持った寄生生物の田宮良子も寄生生物と人間の考え方の違いを表している魅力的な人物の一人です。彼女は、人間の倫理観ではギョッとするような部分を持ちながらも寄生生物なりの答えを貫き通した登場人物です。最初は読み手側もありえないと考えていた寄生生物たちの価値観が、ミギーや田宮良子の言動によって納得してしまうところが不思議であり魅力的である理由かなと思います。
(20代・女性)

4.5
生物パニック系やホラー要素の強い作品ですが、最後まで読むと色々考えさせられるものがありました。まず寄生獣ですが、夢に出てきそう程のインパクトがありました。
これまで普通に過ごしてきた人がいきなり寄生獣になっているんです。
見た目はそのままなので、誰が寄生獣になっているかはわかりません。
そういった点に恐怖しましたし、寄生獣が変貌するシーンも恐怖しました。
そのグロテクスクさに。
一方泉新一とミギーも面白かったですね。
特に新一が母の姿を寄生獣にヤラれてからが凄かった。
体内にミギーを取り入れた事で、人間離れした身体能力を手にします。
そしてその力で事件を起こした島田秀雄を瞬殺しましたし。
まあ弱っていたのもありますが、それでも遠距離からの投擲で仕留めたのは印象的でした。
市役所事件以降は環境問題や人間とは何か?を考えさせられましたし、面白い作品でした。
(40代・男性)

5.0
まず注目すべきは泉新一ですね。
いくらミギーの能力が加わったとはいえ、あそこまで強くなるとは思ってもみませんでした。
さすがに完全体の後藤相手には無理がありましたけど、1vs1ならほとんどの寄生獣に勝てる程の実力を身に着けたのは凄かったですね。
そしてその新一ですら勝てなかったであろうと思われるのが、寄生獣となった田宮良子。
こちらも圧倒的でした。
新一との直接対決はしていませんが、それは対峙した時の新一やミギーの様子から伺えます。
実際田宮良子vs寄生獣3体というバトルがありました。
能力だけでいえば、田宮良子が劣勢なんですよね。本体が女性だから。
接戦となるが故に、本体の能力差というのが響いてきます。
そう、1vs1でも厳しい状況なのに、この時1vs3。
どう考えても田宮良子の負け。でもこれを見事覆しました。
その戦闘力もさることながら、他の寄生獣達とは違った考え方をしているのも魅力的でした。
(40代・男性)

4.0
主人公が右手を寄生獣というものに奪われてしまい共同生活をする作品ですが、人間という生き物について色々と考えさせられました。特に印象に残ったシーンは、寄生獣同士の会話で人殺しよりもゴミを捨てる方が悪いというのを寄生獣同士が会話したことです。人間目線でしか物事をあまり普段考えていないので最初はピンとこなかったけれど、他の動物にとってはその方が大量の命を失ってしまうものだということに気づき、地球全体で考えると人間が1番好き勝手やっているということに薄々感づいていたものの、改めて認識させられました。人間は他の動物を自分たちの基準で殺して食べたり、排除したりしているので地球上で最も他の生物から嫌われている生物は、人間なのだと思いました。
(40代・男性)

3.5
私立探偵の倉森
この人物に注目したのは、普通の人間でありながら寄生獣の正体に気付いてしまい興味本位で調べようとして、普通の人間目線の考え方でこのストーリーに関わってきたので注目しました。途中で色々と身の危険を察知して捜査を辞めますが、上から目線で寄生獣に説教をしたりして人間の他の生物に対して残酷さを棚に上げて正論みたいな感じで寄生獣達を非難したので、この登場人物に嫌悪感を抱きました。その発言に寄生獣達がムッとして殺されてしまいそうになりますが、主人公に助けられて逆に寄生獣に説教されてしまった時は少しスカッとしました。結局は最終的に他の寄生獣に殺されてしまうのですが、最後のセリフは少し考え方が変わったような気が何となくしたので、少し嫌悪感が薄れました。
(40代・男性)

漫画「寄生獣」の作品情報

作品名 寄生獣
作者 岩明均
出版社/レーベル 講談社/アフタヌーン
巻数 10巻 完結
公式サイト 「寄生獣」アフタヌーン作品公式サイト
公式SNS 「アフタヌーン」公式Twitter
Wikipedia 「寄生獣」Wikipedia

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました