薬屋のひとりごとを無料で読む方法はある?アプリやサイトの最新情報も!

薬屋のひとりごと無料で読む 青年マンガ

漫画「薬屋のひとりごと」を全巻無料で読めるサイトはあるのか、漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「薬屋のひとりごと」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「薬屋のひとりごと」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「薬屋のひとりごと」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「薬屋のひとりごと」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

 

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「薬屋のひとりごと 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「薬屋のひとりごと」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「薬屋のひとりごと」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
薬屋のひとりごと

ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「薬屋のひとりごと」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「薬屋のひとりごと」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「薬屋のひとりごと」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「薬屋のひとりごと」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「薬屋のひとりごと」のあらすじと感想

あらすじ

花街で薬師として父親と働いていた17歳の猫猫(マオマオ)は、薬草を取りに行ったときに人さらいにさらわれてしまう。売り飛ばされた猫猫は後宮の下働きになっていた。若いわりに達観している猫猫はそんな境遇もあっさり受け入れ、下女として日々を過ごしていた。そんな猫猫の耳に入ってきたのは、お世継ぎ連続死のウワサ。今までに3人ものお世継ぎが乳幼児のころに謎の死をとげているというのだ。好奇心の強い猫猫は興味を持ち、現在謎の症状に苦しんでいるお世継ぎ二人とその母親である梨花妃と玉葉妃の姿を見に行くことに。病気の症状を知った猫猫は原因に当たりをつけ、それぞれの妃へ文でアドバイスする。すると、それにしたがった玉葉妃の娘は回復。しかし、宦官の壬氏に文を書いたのが猫猫だとバレたため、玉葉妃のおとで侍女になり、毒見役をすることになってしまう。

感想

4.5
さまざまな賞を受賞しているということもあって、どんな作品なのだろうかと期待していたのですが、意外にヒロインの個性が強くて面白かったです。後宮の下働きをしているヒロインの猫猫なのですが、どんなことにもなびかない強い意志を持っており、ヒーローをちょっとバカにしたような目で見るところがヒロインっぽくなくて衝撃を受けましたが、常に強い意志があってかっこよかったです。ストーリーの中ではさまざまな謎な事件が起きるのですが、その謎が解けていって最後のオチに繋がるまでのテンポの良さがあって、次々とスムーズに読めるような作品だと思いますし、ヒロインの毒っぽい性格がいい感じにマッチして謎が解けていくのが面白いと思います。
(20代・男性)
3.5
やはりヒロインである猫猫が好きなのですが、今までいろんな作品に登場してきたヒロインの誰よりも冷静で無愛想だと思います。人の前で平気で毒を出すほど個性的なキャラクターではあるのですが、その言動の中には彼女の頭の良さや賢さを感じられる場面が多くて、惹かれることもあります。謎が起きても彼女らしくその謎を暴いていく感じや、時に出てくるちょっとイラッとするキャラクターに対して正論を毒を吐くように言っている姿を見ると、とてもスッキリします。そんな猫猫といい感じになるのが壬氏であるのですが、とてもできた男という感じで、クールな猫猫ですらちょっとずつほだされる感じがかわいらしかったですし、この2人を見るのが楽しみです。
(20代・男性)
5.0
薬屋のひとりごとは絵がとても可愛かったので買い始めました。本編では話の展開もスムーズで読みやすかったです。一人一人のキャラクターが非常に濃く面白いキャラばかりですが、覚えきれないほどでなくちょうどいい人数でした。薬屋の娘として王宮で下女として働く主人公がその知識ゆえに様々な事件に巻き込まれていくのがストーリーの流れなのですが、時々主人公だけでなく各キャラクターの秘密や過去が描かれます。そのストーリーの出し方が非常にタイミングがいいというか展開の仕方が上手なのです。事件を解決していく上でヒントをたくさん散りばめられていて何度も見返しては読んでいました。1番好きなのは不幸な事件もあるのですが、少しでも前を向いて事件を終える展開にあります。主人公の父親のエピソードも終わり方が非常に心温まる感じで終わっていて好きなエピソードです。
(30代・女性)
4.5
1番好きなキャラクターは何おいても猫猫です。主人公なのですが、かなりの変わり者で自分の欲望を貫くタイプなのですが空気をよむのがすごく上手で周りをよく観察しています。人を観察するのは育ての父親の影響なのでしょうがその観察眼を持っているが故に事件を鮮やかに解決に導く様がすごくカッコいいです。毒見係として宴会の席につきとても美味しそうに毒を飲むシーンは読んでる私もびっくりしました(笑)
そんなカッコいい猫猫の知能に負けず劣らずの知能を持っていた実の父親との出会いのエピソードは何やら不穏な空気が流れていてドキドキしながら読んでいました。でも先程も書きましたが最後に恨んでるという風ではなくハッピーエンドとはいかないまでもすごく幸せが感じられるように終わります。恨んでいる父親を許す猫猫がやっぱりかっこいいなぁと思いました。
(30代・女性)
4.0
主人公の猫猫はサバサバした性格をしています。でもこれが良いですね。この性格のおかげで物事を主観的にではなく、客観的に見る視野の広さに繋がっていますから。それに後宮内の事を冷静に判断出来ているのも良いです。ただ独特な考え方を持っているのと、周囲からなんと思われようと気にしない性格のせいで浮いているような感じもしますけど。何気に毒が好きという、変わった嗜好性を持っている所も面白いです。
毒を舐めると舌がピリピリするらしいのですが、それを喜んでいる感があるんですよね。この辺りの事で周囲の人々はドン引きしているんでしょうけど、そんなにお構いなしでマイペースに振る舞う猫猫が面白いです。
あと後宮内で起きた事件の謎解きも面白いです。客観的視野の広さと冷めた性格が事件を浮き彫りにし、解決に導いていく姿がカッコイイです。
(40代・男性)
5.0
一番印象が強いのは猫猫です。伊達に主役というわけじゃないですね。普段化粧をしていないので見た目はパっとしていませんが、ちゃんと化粧をすれば後宮に住まう女性に引けを取らぬほどの綺麗さ。このギャップにやられた男子諸君も多いのではないでしょうか。また毒耐性を持っている所も凄いですね。しかも耐性があるだけでなく、毒独特の味わいを好きというのですから。毒見役こそ猫猫の天職と言えましょう。他の女性達は嫌がる役目だというのに。
壬氏もステキですね。見た目なら本作ナンバーワンと言っても過言ではない程の美しさ。宦官だからか、どうか中性的な雰囲気を合わせもっているのが良い感じです。ただ猫猫には手を焼いているようですが、それが返って壬氏の魅力を引き出しているように思います。
(40代・男性)

漫画「薬屋のひとりごと」の作品情報

作品名 薬屋のひとりごと
作者 原作:日向夏 作画:ねこクラゲ 構成:七緒一綺 キャラクター原案:しのとうこ
出版社/レーベル スクウェア・エニックス/ 月刊ビッグガンガン/ビッグガンガンコミックス
巻数 既刊8巻 ※2021年11月現在
公式サイト 「薬屋のひとりごと」公式サイト
公式SNS 「作画:ねこクラゲ」公式Twitter
Wikipedia 「薬屋のひとりごと」Wikipedia

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました