進撃の巨人は漫画バンクで全巻無料で読める?一気読みできる違法サイトはあるのか調査!

漫画バンクで「進撃の巨人」を全巻無料で読めるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「進撃の巨人」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「進撃の巨人」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「進撃の巨人」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「進撃の巨人」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「進撃の巨人 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「進撃の巨人」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「進撃の巨人」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
進撃の巨人全巻無料
ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画バンクで「進撃の巨人」は全巻無料で読める?

漫画「進撃の巨人」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「進撃の巨人」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「進撃の巨人」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「進撃の巨人」のあらすじと感想

あらすじ

巨人がこの世の全てを支配するようになった世界で、人類はもはや巨人のエサとなっていた。そんな人類は超巨大な壁を立てて自由と引き換えに巨人からの侵略をどうにか防いでいるのであった。しかしそんな平和は一瞬で崩れ去ってしまう。なんとそんな壁を超えてくる大巨人が出現したのだ!そんな絶望に立たされた人類は、エサになろうとも巨人へと挑む戦いがついに始まってしまったのだった。これぞ21世紀ナンバーワン少年漫画「進撃の巨人」。社会現象にもなったアクション超大作を絶対に見逃すな!!

感想

5.0
進撃の巨人の感想ですが序盤は巨人がどういう存在か全く分からない未知の恐怖を描いており、人類がこれにどうやって立ち向かっていくのかというのが主軸だったのが
途中から実は人間同士の戦いであることが分かってからは巨人はあくまで戦争の平気に過ぎないという風になっていくのですが、人間同士でも上手くやっていくのが難しいというのをしっかり描いているおかげでストーリーにかなり重みを感じる作品だと思いました。この漫画が扱っているテーマは実際に生きている人間にも当てはまるテーマでどういう風にしたらみんな上手くやっていけるのかというのを考えさせられました。
作品全体に漂う絶望感がすごいですが、先がどうなるか気になって一気に読める作品です。(女性 30代)
4.5
進撃の巨人という作品で注目の人物はやはり主人公のエレンになります。
その理由は主人公でありながら彼の行動は一体何を望んでのことかほとんど分からないので何をしようとしているのかずっと気になるからです。ストーリー序盤では巨人を倒すというシンプルな目的のために動いていますが、途中から巨人を倒すのが目的でなくなって
仲間にも自分の真意を伝えないで勝手な行動を取るようになります。そんな彼の行動はどう見ても破滅願望があるようにしか見えなくてどういう意図でそうしているのかすごく気になります。
本当に世界を滅ぼすのが目的なのか、それとも何か他の目的があるのかとすごく気になります。終盤はもう絶望展開だらけですが、エレンの行動が本当に気になります。(男性 20代)
5.0
最初は一緒に巨人を倒していく仲間でも、話が進むにつれていきなり敵になり、また仲間になるなど初めて読む人では想像のつかない話の内容となっています。伏線の回収の仕方もとても奥が深く、読んでいるこちら側も進撃の巨人の世界に飲み込まれてしまったかのような感覚になります。また、戦闘シーンも細部まで書かれており、漫画ですがとても迫力があって実際に戦っているかのように感じれます。人の顔や巨人の体なども細部まで書かれています。どうしてライナーやベルトルトはエレン達を敵対視していたのかやエレンが巨人になれる理由など最初は分からないことだらけですが、読んでいるうちにそういうことだったのか。と納得出来る部分も沢山あります。自分は必ず読んだ方がいい漫画だと思います。
(男性 20代)
4.5
自分が注目するキャラクターはアルミンです。一見か弱くて、自信がなさそうなキャラクターですが、土壇場に立つと1番活躍してくれたり、頭の良さを活かしてみんなを良い方へと導いてくれる素晴らしい人だと思います。また、ファイナルシーズンではアルミンが巨人化する場面が描かれていますが、他の9つの巨人とは違いなぜか悲しそうな顔をしています。今まで様々な悲しい場面を見てきたり、本当は人殺しなどしたくないといったアルミンの優しさそのものが巨人になっても顔に残ってしまっているのではないかなと考えてしまいます。エレンやリヴァイとは違いそこまで強いキャラクターとは言えませんがどこの場面においても活躍してくれるアルミンが自分の中で注目キャラクターです。
(男性 20代)
5.0
初めて「進撃の巨人」を知ったのは、たしか高校生の時でした。何やら変わった世界観で、独特の作画のアニメが始まるらしい。声優は梶裕貴…、でも内容はあらすじを読んだ限り、あんまり面白くなさそう。グロテスクな描写も多そうだし。…これが、私が「進撃の巨人」に対して抱いた第一印象でした。ところが、ある程度ブームが去った頃、何かのきっかけで原作漫画を手にしたのですが、その他に類を見ない圧倒的な物語に驚かされました。個性的な名前を持つキャラクターたち、くすりと小さく笑えるギャグシーン、散りばめられた謎の数々、二転三転する予想外の展開、シリアスな場面。そして何より、緻密に計算し尽くされたラストの怒涛の伏線回収。私の手元には気付けば「進撃の巨人」全巻が揃っており、それを数日かけて読破しました。最初に抱いた「巨人を討伐し人類が自由を得るだけの物語」という印象は既に掻き消え、最終話を読み終わった後は、物凄い喪失感で暫く呆然としていました。「すごい物語を読んでしまった…」というのが率直な感想です。巨人というファンタジックな存在が大きく目立つ作品ですが、蓋を開けてみれば、そこにあるのは人間に関する多くの皮肉や問題の摘発。戦争の醜さ、下の者が清くとも上の者が腐っている政治、分かり合えない民族同士の終わらぬ戦い。犠牲になる子供たち。差別、奴隷制度、力のある者が安全な場所へ避難できるという矛盾したシステム。無知である事は罪ではないが、探究心を捨てる事は愚かな事である、自滅をもたらす哀しい行為であると教えられました。キャラクターたち一人一人が息をしていて、実際に生きているように、生々しくその存在を感じられます。特に、サシャが助けた女性のガビに対する感情には胸が引き裂かれそうな程、感情移入してしまいました。どうしようもない不運が重なってしまった、リアルに起こり得る不幸な出来事に振り回される主人公たちが懸命に生きる姿に、感銘を受けました。
(男性 20代)
4.5
私が「進撃の巨人」を読んでいる時に、個人的に終始注目していたキャラクターはアニ・レオンハートです。正体が明らかになる前から、薄々女型の巨人ではないかと察していた女性なのですが、彼女、無口で特別大きな見せ所がない(前半、人間の姿での話です)わりに、雰囲気というのでしょうか。とにかく知的で頑固な女性だという印象を強く持ちました。ミカサやクリスタ(まだヒストリアと名乗っていなかった頃)が存在感を放っていた序盤も、何故か影の方に隠れる彼女に目が行ってしまい、謎に惹き付けられる存在でした。正体が割れ、敗北の後硬質化した彼女がずっと気がかりだったのですが、最終的に幸せな道を歩めそうで良かったなぁと、安心しました。表に見せないだけで、心の内側には誰よりも熱い感情を秘めている素敵な女性だと思います。パイを口いっぱいに頬張る彼女を見た時は、嬉しさのあまり大笑いしました。また、マーレの話が出てきた頃から登場した車力の巨人の継承者であるピークちゃんも可愛くて好きです。可愛いだけではなく、冷静で判断力があり、冷酷な事もこなせる軍人の彼女は、アニとはまた別の意味でファンです。天然なのか、意図的なのか、計り知れない人たらしですね。そして「進撃の巨人」を語る上で絶対に外せないのが人類最強の兵士・リヴァイ・アッカーマンです。最初は「目付き悪い綺麗好きの小人」くらいの認識でしかなかったのですが、彼の過去を知り、仲間思いな一面を知り、もう一気にファンになりました。圧倒的な戦闘能力を誇る彼は、登場するだけで読者に半端ない安心感を与えてくれる存在です。ミカサとセットで登場されると尚更。これは個人的な願望ですが、ハンジとリヴァイの絡みがもっと見たかったな…と少し寂しい気持ちもあります。ハンジの明るい性格が、私は大好きでした。キレると一番怖いタイプらしいですが。
(男性 20代)

 

漫画「進撃の巨人」の作品情報

作品名 進撃の巨人
作者 諫山創
出版社/レーベル 講談社/別冊少年マガジン
巻数 全34巻 ※完結
公式サイト 「進撃の巨人」公式サイト
公式SNS アニメ「進撃の巨人」公式Twitter
Wikipedia 「進撃の巨人」Wikipedia

※本ページの情報は2022年3月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました