茉莉花官吏伝は漫画バンクで全巻無料で読める?アプリの最新刊配信状況も調査

茉莉花官吏伝を全巻無料で読めるアプリ 少女マンガ

漫画「茉莉花官吏伝(まつりかかんりでん)~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ」は漫画バンクで全巻無料で読むことはできるのか!違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しお伝えします。

あらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい!

漫画「茉莉花官吏伝~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ~」は漫画バンク・rawで全巻無料で読める?

漫画「茉莉花官吏伝~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ~」は漫画バンク・rawで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全に無料で漫画を読めるアプリを紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

1番お得なebookjapan/
茉莉花官吏伝全巻無料
今すぐ漫画を読む

ebookjapan公式サイトを見てみる
※登録・解約料はかかりません

漫画「茉莉花官吏伝~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ~」を漫画バンクの代わりに全巻無料で読めるアプリは?

漫画「茉莉花官吏伝~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ~」を無料で読めるアプリ一覧

漫画アプリ 配信状況 無料の巻数
ebookjapan ◯(1番お得) ×
コミックシーモア ×
Amebaマンガ ×
まんが王国 ×
U-NEXT ×
BookLive ×
コミック.jp ×

漫画「茉莉花官吏伝~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ~」を読めるアプリはebookjapanをはじめ5つありましたが、全巻無料で読めるサービスはありませんでした。

Don
Don

でも「茉莉花官吏伝」を1番お得に全巻読めるサービスは分かりました!

この中で1番のおすすめは国内最大級の漫画配信サービスで登録料・解約料無料のebookjapanです。

・「茉莉花官吏伝」を全巻配信中
初回50%OFFクーポンで「茉莉花官吏伝」を全巻半額で読める

現在、ebookjapanでは登録特典で初回50%OFFクーポンがもらえます。

一番お得に「茉莉花官吏伝」を読むことが可能なのでebookjapanをご利用ください。

全巻無料で試し読み/
茉莉花官吏伝全巻無料
今すぐ無料で試し読み

ebookjapan公式サイトを見てみる
※登録・解約料はかかりません

漫画「茉莉花官吏伝~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ~」の試し読みを無料でできるアプリ一覧

漫画アプリ 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
Amebaマンガ ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)
U-NEXT ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
コミック.jp ◯(全巻)

漫画「茉莉花官吏伝~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ~」はebookjapanのほか6社で全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はまんが王国でまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

\1番お得なのはebookjapan/
今すぐ無料で試し読み
※登録・解約料はかかりません

漫画「茉莉花官吏伝」のあらすじと感想

あらすじ

白楼国の官吏を目指す少女達が一度は目を通す「茉莉花官吏伝」という書物は晧茉莉花という一人の少女の官吏としての一生を描いた伝記だ。
茉莉花は”人より物覚えがいい”という特技を持つ宮中で女官として働く少女だった。
しかし彼女が持つその特技は人から見れば並々ならぬ能力だが彼女はそれを大した能力とは思ってはいない。
それは過去に経験した出来事によるトラウマだった。
例えば楽譜を覚えられても技術が追い付いていないから琴を上手く弾くことができない。
幼いころから物覚えがいいということで周囲の人から天才と持ち上げられてきたが、ただそれだけと知るや否やがっかりされる顔をたくさん見てきたのだ。
そんな経験から茉莉花の自己評価は限りなく低かった。
ある日、茉莉花は上司に呼び出され、知り合いのお見合いの練習相手になってほしいと頼まれた。
当日待ち合わせ場所に向かうと、なんとそこにいたのは皇帝陛下だった。
ただの女官の茉莉花が皇帝陛下と会話をすることなどあり得ない。
しかし陛下は「自分はただの代理だから気にするな」と、気にする様子もないのだ。
仕方なくお見合いの練習を始めた二人だったが、そこに店の外から悲鳴が聞こえくる。
店外を歩く女性がひったくりにあったのだ。
すると茉莉花はひったくり犯の特徴をスラスラと言い当て、そして捕まえることができたのだった。
茉莉花の能力に驚いた陛下はどうやって覚えたのか尋ねると、彼女は「一度見たものは忘れないから」とあっさり答える。
茉莉花は簡単に言うが、その特技は並大抵の物ではなかった。
陛下は茉莉花を官吏にし、自分の有能な部下の証である金色を与えるために学校へ通わせるのだった。
この物語は女性官吏が少ない中、普通の女官だった茉莉花が官吏になり、成長していく姿を描いた物語だ。

感想

5.0
白虎神獣の化身珀陽にかき回される絵がとても面白いです。
茉莉花の成長が詰まったお話ではありますが、茉莉花と珀陽に引っ張られるようにして変わっていく仕事仲間や他国の皇帝をみるのもまたひとつ、わたしの楽しみです。
「琵琶の楽譜を一度見て覚えられてもうまくは弾けない…それだけです」と自分の才能を否定しきって、何もカニもネガティヴな茉莉花が、珀陽に言われた通り本気で、仕事に取り組み禁色を目指すようになるまで珀陽が手段を問わず、寄り添い鼓舞する姿に怖いくらいの愛を感じました。
茉莉花はもちろん贔屓されてはいますが、他の文官や武官にも真摯に向き合って国をいい方向に引き上げるカリスマ性もとても素敵です。
珀陽と同じくらい暁月も茉莉花のことを気に入っているので、この後茉莉花が2人の皇帝だけではなく四神と呼ばれているもう2人の神獣にも好かれるのでは?と思い今後の展開がとても楽しみです。
(男性 20代)
5.0
この作品は、後宮の女官である主人公の菜梨花がある1人の皇帝と出会うことによって運命が大きく変わっていくストーリーなっているのですが、主人公の菜梨花にはとても同情できる場面が多くて面白かったです。菜梨花は普通の人よりも記憶力がいいという長所を持っているのですが、それ以外は平均的といった感じなのではあるのですが、その唯一の長所でもある記憶力の良さを活かして立派に生きていく姿が頼もしかったですし、見習いたいと思いました。自分にも当てはめて考えてみても、人間1人の長所はかなり限られていると思うのです。そしてそれを活かしていけるかは自分にかかっているので、四苦八苦しつつも己を長所を理解して活かしていこうと勇気をもらえました。
(男性 20代)
5.0
女官から官吏になるために学校へ放り込まれ、ネガティブに火がついて皇帝に励まされ、皇帝に関わって事件に巻き込まれ政治に巻き込まれどんどん深みにはまっていく茉莉花。けれど、そんな姿がまた成長しているので読んでてとてもいい気分になれます。心から笑えるように、ネガティブ思考になってしまっている能力の使い方の開花。
皇帝と出会ったことによって人生がいい方向に?いや皇帝の敷いたレールの上を走ることになってしまうのですが、それを成長することに使えてなんだかんだ楽しんでいる茉莉花がすごいと思うし、周りの人も不幸にならないのがいいかな。
(女性 20代)
5.0
これから政治にどんどん関わっていくことになると思うけど、政治って綺麗事ばかりではないのでこれから強くならないとダメなのでこれからの成長も楽しみです。
また皇帝に退位したら結婚しようと約束していたので、恋愛模様も楽しみです。
恋愛要素は少なめの漫画なので、あまり期待しないで待っています!
あと中国系の時代物なのかと思っていたのですが、皇帝がいきなり白虎になって空を飛ぶので少し異世界系入っていますね。
(男性 20代)

漫画「茉莉花官吏伝」の作品情報

作品名 茉莉花官吏伝~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ
まつりかかんりでんこうきゅうにょかんきまぐれこうていにみそめられ
作者 高瀬わか/石田リンネ
出版社/レーベル 秋田書店/プリンセス・コミックス
巻数 既刊4巻 ※2021年10月現在
公式サイト 「プリンセス・コミックス」公式サイト
公式SNS 「月刊プリンセス編集部」公式Twitter
Wikipedia 「茉莉花官吏伝」Wikipedia

※本ページの情報は2021年10月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました