虫かぶり姫は最新刊まで全巻無料で読める?コミックシーモアや漫画バンクを調査

虫かぶり姫を全巻無料で読めるアプリ 少女マンガ

漫画「虫かぶり姫」は漫画バンクで全巻無料で読むことはできるのか、違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しまとめました!

 

▼今すぐ無料で読みたい方はココ▼
漫画アプリ 配信状況 無料の巻数
ebookjapan
全巻配信中
3巻無料可能
「虫かぶり姫」はebookjapanで全巻配信中です。
今なら1巻無料配信中なのでタダで漫画を読む事が可能です。
\3巻無料配信中/
今すぐ無料で読む
>ebookjapan公式サイトを見てみる<
※登録・解約料はかかりません
この記事では漫画アプリでの配信状況の比較や漫画をお得に読むための詳しい方法、漫画の作品情報も一緒にお届けしてまいります。

漫画「虫かぶり姫」は漫画バンク・rawで全巻無料で読める?

漫画「虫かぶり姫」は漫画バンク・rawで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

政府広報オンライン
文化庁著作権課
文部科学省海賊版対策に関する参考資料

本記事では安全に無料で読めるアプリを紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

漫画「虫かぶり姫」を漫画バンクの代わりに全巻無料で読めるアプリは?

漫画「虫かぶり姫」を無料で読めるアプリ一覧

漫画アプリ 配信状況 無料の巻数
ebookjapan ◯(1番お得) 3巻
コミックシーモア 3巻
BookLive 3巻
まんが王国 × ×
U-NEXT 3巻

漫画「虫かぶり姫」を読めるアプリはebookjapanをはじめ3つのサービスでした。

その中でも「虫かぶり姫」を1番お得に読めるサービスが分かりました!

この中で1番のおすすめは国内最大級の漫画配信サービスで登録料・解約料無料のebookjapanです。

1巻まるごとタダで読める作品が多い
初回50%OFFクーポンで6巻お得に漫画が読める

現在、ebookjapanでは登録特典で初回50%OFFクーポンがもらえます。

今すぐ漫画を無料で読みたい方はebookjapanをご利用ください。

\3巻無料配信中/
今すぐ無料で読む
クレカ登録なしでスグ読める

漫画「虫かぶり姫」の試し読みを無料でできるアプリ一覧

漫画アプリ 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国
U-NEXT ◯(全巻)

漫画「虫かぶり姫」はebookjapanの他4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

 

漫画「虫かぶり姫」のあらすじと感想

ある日主人公武村が目を覚ますと街中がゾンビだらけになっていた。
武村は街を探索する中でなぜか自分だけがゾンビに襲われないことに気づく。
街の探索を続けると武村は3人の生き残りに出会う。
元々面倒くさい人間関係が嫌いな武村は食料を無償で3人に渡すことに徐々に疑問を持ち始める。
そして女性にある交換条件をもちかけるのだった。
4.5「ストーリーが最高」
とにかくストーリーが最高です!
ゾンビだらけの正解で自分だけ最強!男ならだれでも憧れる状況じゃないでしょうか?
自分以外だれもいない世界だと最悪ですが(笑)
襲われないことを隠し、ヒロインの女の子に無茶な要求をする悪い主人公が好きです。
もっとめちゃくちゃな要求をしてほしいくらいですね。
(男性)

あらすじ

3度の飯より本が好き”
な伯爵令嬢エリアーナ·ベルンシュタイン。ついたあだ名は『虫かぶり姫』。

そんな彼女は4年前、サウズリンド王国第一位継承者クリストファー殿下から「ぼくのそばで本を読んでるだけでいいよ。婚約して欲しい」といわれる。“婚約者探しの煩わしさから開放される”クリストファー殿下と“思う存分読書の時間ができる”エリアーナ嬢…ふたりの間には一切ロマンス的なものがない婚約が成立。

以来4年間、クリストファーの約束どうりエリアーナは王室書庫室で毎日大好きな読書をして過ごした。
取り引きから始まった今の立場だったが、殿下の側近のアレクセイ、近衛のグレン、王室書庫室管理責任者テオドール、そして婚約者のクリストファー殿下との時間に愛着を感じるエリアーナだった。

そんなある日、クリストファーに美しい宝石をプレゼントされる。「宝石のほうが身を散りしてしまうかもね」というクリストファーの言葉に赤くなるエリアーナだったが…
その夜、なぜか“いつか、この二人の関係が終わる時来るのだろう…”想うのだった。

翌日、王室の皆テオドール、グレン、アレクセイと親しげに話す、最近行儀見習いにアイリーン見かける、そして周囲の彼女への嫉妬ややっかみに気づきく、これがメイドの言っていた悪い噂かと…
そんな中、お茶会に遅れたエリアーナの前にずぶぬれ姿のアイリーン、そして大声で「エリアーナ!」とさけび駆け寄るグレン。何が起きたのかわからず動揺するエリアーナに、グレンはお茶会の中止を告げ、今日はもう家に戻るよう言う。そして近衛にエリアーナをご自宅までお送りするよう指示する。

いつもはグレンかクリストファー殿下が送ってくれていた。こんなことははじめてだった…
アイリーンが現れてから失敗の多いエリアーナは不安になる、そしてグレンにも、君主クリストファーの婚約者としてふさわしくない…失望されたと…

感想

4.0
電子版でいつも読んでいるのですが、絵の綺麗さに惹かれて、お試し版みたいのをちょっと読んだが最後ハマってしまいました。登場人物たちがみんな美形なので癒されるというところと、カラーの表紙がパステル調なのも気に入っています。あと主人公のお姫様が、”本が大好きなちょっとフワフワしているひとりだけ時空が違う感じのする不思議ちゃん”な雰囲気なのを、絵がよく表現しているなと思います。ストーリーとしては王道ですが、本が大好きな主人公エリアーナが、王子クリストファーに見初められ王宮入りするものの、意地悪なライバルの登場などいろいろな困難を乗り越えながら愛をはぐくんでいくという感じです。基本的にエリアーナの周りにいる人が彼女を好きすぎるところがこの漫画の癒されるところだなと思います。たくさんの味方に囲まれてのびのび生きているエリアーナは、すべての女の子の憧れであり理想です。自分の中の守られたい願望にも気づいてしまいました。そして読み進めるごとに明らかにされていくエリアーナの実家の秘密も面白いと感じました。ただの本好きではなく、国の頭脳と称されるほどの切れ者一家だったのです。大きくなるまでそれに気づかなかったエリアーナもエリアーナですが、王子とのかかわりで発揮されていく知識の深さと広さや、それを誇示せず謙虚に披露する姿は、老若男女に好かれる理想の女子を描いていると感じます。結局全部購入してしまったので、物語が終わるまでこの世界に浸り続けようと思います。
(女性 20代)
4.5
いわゆる勘違い系ラブコメのお話です。
主人公・エリアーナは何よりも本が大好きな本の虫の公爵令嬢。本さえ読めれば他の事は関心がなく、かなりさっぱりとした性格です。
個人的には女の子女の子し過ぎていないエリア―ナの性格は好みでした。
そんなエリア―ナの恋のお相手は、エリア―ナの住む王国の第一王子・クリストファー。金髪碧眼の正統派イケメンで、まさに白馬に乗った王子様という感じ。
このクリストファーは、母親から結婚の催促をされていたものの煩わしく思っていて、貴族としての社交をしたくないし、恋愛にも興味がないエリアーナに目をつけて、形だけの婚約を取り交わすのです。お互いに愛の無い婚約ですが、エリアーナは本が読めればいいだけなので特に気にしていません。
この手の勘違い系のお話では、最初に主人公が周囲から厳しく当たられていて…という展開もよくあるのですが、虫かぶり姫では、クリストファー殿下も含めて最初から結構皆が優しいです。それも、暗い展開が好きではない私には好みでした。
そして、ライバル令嬢・アイリーンが現れたところで、3人の関係にも変化が。アイリーンとクリストファーがまるで恋人同士のように仲良く話している姿を見てしまったエリアーナは、クリストファーがアイリーンという本当に愛する人を見つけたことと、形式上の婚約者である自分がいらなくなったことを悟り、殿下にプレゼントされた本を返してしまいます。
読んでる読者側からすると、「違う違う!」という感じの展開なのですが、イケメンが焦ってる顔を見るのも、一生懸命ヒロインの愛を取り戻そうと奮闘する展開も大好物なので、とても楽しく読ませていただきました。
(女性 20代)

漫画「虫かぶり姫」の作品情報

作品名 虫かぶり姫
作者 喜久田ゆい / 由唯 / 椎名咲月
出版社/レーベル 一迅社/ZERO-SUMコミックス
巻数 既刊33巻(2021年9月現在)
公式サイト 「虫かぶり姫」公式サイト
公式SNS 「ゼロサム編集部」公式Twitter
Wikipedia 「一迅社」Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました