オジサマ部長はズルくて絶倫は漫画バンクで全巻無料で読める?アプリ最新刊配信状況を調査

オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめますを全巻無料で読めるアプリ TLマンガ

漫画「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」は漫画バンクで全巻無料で読むことはできるのか、違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの最新刊配信状況を調査しまとめました!

▼今すぐ読みたい方はココ▼
漫画アプリ 配信状況
ebookjapan
全巻配信中

\全巻50%OFFはebookjapanだけ/

オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます全巻無料
今すぐ読む

ebookjapan公式サイトを見てみる
※登録・解約料はかかりません

この記事では漫画アプリでの配信状況の比較や漫画をお得に読むための詳しい方法、漫画の作品情報も一緒にお届けしてまいります。

漫画「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」はpdf・漫画バンクで全巻無料で読める?

漫画「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」はpdf・漫画バンクで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンクやpdfで全巻無料で読むことはできませんでした。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

政府広報オンライン
文化庁著作権課
文部科学省海賊版対策に関する参考資料

本記事では安全に無料で読めるアプリを紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

漫画「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」をpdfの代わりに全巻無料で読めるアプリは?

漫画「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」を無料で読めるアプリ一覧

漫画アプリ 配信状況 無料の巻数
ebookjapan ◯(1番お得) ×
コミックシーモア ×
BookLive ×
まんが王国 ×
U-NEXT ×

漫画「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」を読めるアプリはebookjapanをはじめ5つありましたが、残念ながら無料で読めるサービスはありませんでした。

しかし「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」を1番お得に読めるサービスは分かりました!

この中で1番のおすすめは国内最大級の漫画配信サービスで登録料・解約料無料のebookjapanです。

・「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」を全巻配信中
初回50%OFFクーポンで「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」を6巻半額で読める

現在、ebookjapanでは登録特典で初回50%OFFクーポンがもらえます。

一番お得に「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」を読むことが可能なのでebookjapanをご利用ください。

\全巻50%OFFはebookjapanだけ/
オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます全巻無料
今すぐ読む

ebookjapan公式サイトを見てみる
※登録・解約料はかかりません

漫画「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」の試し読みを無料でできるアプリ一覧

漫画アプリ 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)
U-NEXT ◯(全巻)

漫画「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」はebookjapanの他5つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

漫画「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」のあらすじと感想

ある日主人公武村が目を覚ますと街中がゾンビだらけになっていた。
武村は街を探索する中でなぜか自分だけがゾンビに襲われないことに気づく。
街の探索を続けると武村は3人の生き残りに出会う。
元々面倒くさい人間関係が嫌いな武村は食料を無償で3人に渡すことに徐々に疑問を持ち始める。
そして女性にある交換条件をもちかけるのだった。
4.5「ストーリーが最高」
とにかくストーリーが最高です!
ゾンビだらけの正解で自分だけ最強!男ならだれでも憧れる状況じゃないでしょうか?
自分以外だれもいない世界だと最悪ですが(笑)
襲われないことを隠し、ヒロインの女の子に無茶な要求をする悪い主人公が好きです。
もっとめちゃくちゃな要求をしてほしいくらいですね。
(男性)

あらすじ

主人公である岡崎まひろは、先輩が産休に入りなかなか後任も決まらないことで仕事量が2倍になり、疲れを感じていた。
そんなまひろの癒しは、穏やかで優しくて皆に平等に接してくれる素敵な上司•田所部長であった。
田所に癒しをもらい、今日も仕事を頑張ろう!と気合をいれるまひろに対して、ご褒美として食事に誘ってくれる田所。
食事を終えたふたりは突然の大雨に降られ、雨除けのためラブホテルに入ることに。
そこでまひろは濡れた田所にときめき、つい「好きです」と告白してしまう。
慌てるまひろに対して「上司として好かれるのは嬉しいね」と落ち着いて返す田所。
まひろが恋愛としての好きだと言っても冷静な田所に対してまひろは、それならば週末だけでもお試しでいいから付き合ってほしいと迫りキスをする。
それから2人はたくさんキスをし、体を重ねる。
次の日の朝、「部長に好きになってもらうまで私諦めませんから!」というまひろに対して田所は2ヶ月間、週末はまひろの恋人になることを約束し、ふたりの期間限定の恋人関係が始まる。

感想

4.0
数ヵ月間だけ週末恋人になって欲しいとヒロインのまひろが憧れている部長にお願いするストーリー展開と、彼女の積極性にビックリしたけど続きが気になってしまうお話でもあります。
個人的にはもちろん、二人が恋人になって幸せになるのを期待してしまいます。
あと、まひろという女性は美人で仕事にも一生懸命でその上、部長にも一途でかなり好感度が高いキャラクターでもあります。
また、お試しの恋人になって部長に振り向いてもらおうと健気に頑張っている姿が可愛くて、部長を好きな気持ちが溢れているのが読み手にも伝わってくるぐらいです。
あと、まひろのメリハリのあるボディーラインも色っぽくて魅力的で同じ女性から見ても羨ましいです。
ガリガリ過ぎずに丁度肉感がある体が更にエッチな雰囲気を感じます。
(女性 30代)
4.0
部長もあの体に迫られたら拒否できないのも無理ないなぁっと見ていたら思ってしまいます。
一方、部長は普段から部下にも優しくて気遣いもできる素敵な上司でまひろが憧れてしまうのも納得です。
しかし、過去に女性との関係にトラウマがあるようで女性と付き合わない感じだったので、その理由がどんなことなのかも気になってしまいます。
あと、部長がエッチなシーンでは別人のようにSのキャラクターになるギャップが最高です。
部長の大人の色気が駄々漏れで、まひろが感じてしまうのも無理ないぐらいです。
しかも、年齢の割に体も絞っていて欠点がないぐらいにパーフェクトな男性でもあります。
まひろの一途な気持ちが部長に届いたら良いなぁっと思うような作品です。
(女性 20代)
4.0
まず絵が綺麗で、絵柄としては少女漫画っぽいですが、ガッツリエロ描写を堪能できます。そしてヒロインの岡崎まひろが黒髪でナイスバディで超かわいい。田所部長にがっちり掴まれるお尻の描写はたっぷりエロくて最高です。一方でそのオジサンこと田所部長は、とにかくステータスがずるいです。マッチョで優しくてイケメン、そして時折見せる儚げなところ、これはがっつり母性をくすぐるのだと思います。まひろとの食事後雨が降ってきて、雨宿り、濡れた彼女にバサッと自分のブレザーをかけてあげてる。雨でびしょびしょになった後にかけられても冷たいんじゃないかなぁ?とこのような場面ではいつも考えてしまいます。でもその行動だけで女の子はキュンとくるのだろうと思いました。ここまでのステータスだけ持ってればいくらでも女の子を落とせるだろうなぁと羨ましく思いました。そして流れでホテルで雨宿り、まひろに告白されてしまうわけですが、そこからエロいシーンへと突入します。田所部長のは超立派なようで、まひろも入るのか不安なご様子ですが、部長はこんなところでも「やめてもいいんだよ」と、まひろに気遣う、こんな余裕は私にはありません。そしてオジサンとは思えぬ絶倫パワーを見せつけます。まひろもとても気持ち良さそう。とにかく田所部長は男として欲しい物を全て持っているイメージで、それでいて絶倫とは羨ましすぎるオジサンです。田所部長を参考に自分も見直し綺麗に枯れていきたいと思えるような作品です。
(女性 20代)

漫画「オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます」の作品情報

作品名 オジサマ部長はズルくて絶倫~週末だけの恋、はじめます
作者 ミブヨシカズ
出版社/レーベル モバイルメディアリサーチ/ラブきゅんコミック編集部
巻数 既刊7話 ※2021年9月現在
公式サイト 「モバイルメディアリサーチ」公式サイト
公式SNS 「ラブきゅんコミック編集部」公式Twitter
Wikipedia 「ぶんか社」Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました