王妃になる予定でしたがを全巻無料で読む方法はある?シーモアで最新刊まで試し読みできるか調査!

王妃になる予定でしたが全巻無料 女性マンガ

漫画「王妃になる予定でしたが」を全巻無料で最新刊まで読めるサイトやアプリはあるのか、コミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況や試し読みができるかどうかを調査しました!

「王妃になる予定でしたが」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「王妃になる予定でしたが」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「王妃になる予定でしたが」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
booklive 全巻
独占先行配信
1・2巻無料
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 1~7巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
ebookjapan 1~7巻 クーポンで6巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 1~7巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「王妃になる予定でしたが」はBookliveなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはBookLiveです!

登録料・解約料・月会費は無料
独占先行配信マンガが多い
無料登録で好きな漫画に使える半額クーポンがもらえる
1万冊以上の漫画が無料配信中!
登録料・解約料は無料
月会費なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
無料登録で好きな漫画に使える半額クーポンがもらえる
感想を書くだけで漫画購入に使えるポイントが貯まる

BookLiveなら…

  • 「王妃になる予定でしたが」の1・2巻を無料配信中
  • 初回50%OFFクーポンで「王妃になる予定でしたが 」を半額で読める
  • 「王妃になる予定でしたが」を先行独占配信中

現在BookLiveでは無料登録特典で好きな漫画1冊に使える50%OFFクーポンがもらえます。

しかも漫画「王妃になる予定でしたが」はBookLiveで先行配信中

1・2巻の無料配信やお得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「王妃になる予定でしたが」を読むことが可能なこの機会にBookLiveをご利用ください。

1・2巻無料
王妃になる予定でしたが、偽聖女の汚名を着せられたので逃亡したら、皇太子に溺愛されました。そちらもどうぞお幸せに。
BookLive公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「王妃になる予定でしたが」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「王妃になる予定でしたが」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

BookLive公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「王妃になる予定でしたが」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
BookLive ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(1~7巻)
ebookjapan ◯(1~7巻)
まんが王国 ◯(1~7巻)

漫画「王妃になる予定でしたが」はBookLiveでのみ全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はBookLiveでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「王妃になる予定でしたが」のあらすじと感想

王妃になる予定でしたがで1話あらすじ

トゥルク王国の聖女・エルヴィラは、「乙女の百合」と呼ばれる聖女だけが咲かせられる伝説の百合を咲かせ、国のために祈りを捧げる日々。しかし、ある日突然、婚約者である王のアレキサンデルから、偽聖女の汚名を着せられ婚約破棄されてしまう。さらに、ナタリアが本物の聖女だとアレキサンデルは宣言。乙女の百合を咲かせるには繊細な温度管理や肥料配合が必要なため、エルヴィラはナタリアにはできないと考える。しかもアレキサンデルは王妃教育を受けていないナタリアを補佐させるため、エルヴィラを王宮に引き止めようとしてきたので、エルヴィラはあっさり断り退席しようとする。それでもしつこいアレキサンデルに困っていると、隣国ゾマー帝国の皇太子・ルードルフに助けられる。ルードルフは子どものころからエルヴィラを慕っていたとプロポーズ。エルヴィラはゾマー帝国で暮らすことに。しかし、エルヴィラがいなくなった影響か、トゥルク王国では各地で自然災害が起こり始め…。

感想

4.5
この手の長い題名の作品が最近多く出ていますね!一文で物語の内容を表現されているので、「これは面白そうだ」と興味を持って手に取りやすい!!まさに私もその内の一人です!!しかも最後に「そちらもどうぞお幸せに。」と捨て台詞のようなものがあるのは初めてだったので、新鮮に感じてしまいました。主人公のエルヴィラは一見大人しそうですが、かなりしっかりした性格です。このままではナタリアの尻拭いをされられると察し、国外へさらっと行こうとする行動力もすごいなと感じました。“聖女”と聞くと儚げで控えめなイメージを持っていたので、周りに強く言えず言われるがままなのかと思いきや、エルヴィラの冷静さに驚きです!!女性ながらカッコいい!!カッコいいといえば、つらい立場の彼女をプロポーズをして助けてくれたルードルフも本当にカッコ良かっです!!いや〜こんなイケメン王子に一途に想ってもらえるなんて最高ですよ!!やっぱり男の人は頭が良くないと!!ルードルフ王子が「馬鹿王」と言っていたアレキサンデルは、本当に馬鹿ですから!!(笑)けれどアレキサンデルが一番可哀想な立場にいるんですよね。周りには“利用価値”でしか見てもらえていないのですから…。恋仲になったはずのナタリアですら、自分の保身目的で近付いてきていて…。なんだかアレキサンデルが不憫ですね。彼が本当の愛に気付ける日はくるのか…!?聖女を追いやった国のせいで天罰が国民を襲ってしまい、どうなってしまうのか心配です。そしてエルヴィラはどうするのか、彼女の行動も気になります!!もちろんエルヴィラとルードルフの恋愛もです!!(30代・女性)
4.0
ルードルフとアレキサンデルが気になる人物ですね!ヒロインの相手役の2人です。エルヴィラのことを一途に想うルードルフ。エルヴィラを狙う全てのモノから、彼女が気付かないようにスマートに守っているルードルフはカッコイイです!!だからこそ彼が何故エルヴィラのことを好きになったのか、彼とエルヴィラの出会いが気になりますね!!聖女でもなく次期王妃でもなく、ただのエルヴィラを見て向き合ってくれるルードルフの人柄は本当に素敵です!!ルードルフの聡明さ、懐の深さ、人望、彼こそ王に相応しいので、エルヴィラを幸せな王妃にしてほしいです!!
そして愛を知らず、利用されていることにも気付かない可哀想な孤高の王であるアレクサンデル。彼の周りにいる人が悪いのもわかるのですが、彼自身にも十分非はあります。“当たり前だと思っていることを当たり前と思わず、常に感謝すること”これが彼に欠けていたところで、彼はエルヴィラに対して今度は変に執着してしまうのですが…。“いやいや思うことが違うよ!!”と突っ込んでしまうくらい彼の思考回路はすごいのですが、逆に心配ですね。いろいろと…。彼が自分が騙されて利用されていることに気付き、真実の愛を知った時どう変わるのか、そこに期待したいです!!早く目を冷ましてほしいと願う応援したいキャラです!!
(30代・女性)
5.0
一方的な婚約破棄から始まる、最近よくある漫画かなと思ったのですが、このジャンルが好きなこともあって読んでみました。ヒロインのエルヴィラは聖女として「乙女の百合」という特別な百合を咲かせ、人々のために祈りをささげてきたのですが、婚約者でもある王から偽聖女だと濡れ衣を着せられたうえにナタリアに聖女の座も婚約者の座もうばわれてしまうんです。でもエルヴィラはまったく動じないんですよ。泣いて悲嘆に暮れてもいいところなのにとっても冷静に状況を分析し、隣国の皇太子の力も借りてすぐさま国外に脱出しちゃうんです。その行動力と状況を見極める力に、このヒロインは一味違うぞとハマっちゃいました。エルヴィラの聖女の力は本物で、エルヴィラがいなくなったことで色んな災害が起きるんですけど、乙女の百合を育てるのは聖女の力というより土の配合や温度管理などリアルな育て方なのも面白いなと思いました。
(30代・女性)
4.0
やっぱりエルヴィラが好きです。冷静で凛とした雰囲気で、でも隣国の皇太子であるルードルフからの熱い求愛には照れまくりで可愛いんです。ツライ目に遭ったエルヴィラなので、ルードルフと幸せになって欲しい!でも元婚約者の王もエルヴィラをいいように使ってやろうと、隣国から取り戻すべく画策してて気が抜けません。この王がひどい男で、優秀なエルヴィラへの劣等感から、ナタリアと浮気して無理やり聖女にしちゃったくせに、いざエルヴィラがいなくなると未練たらたら。ナタリアにDVしたりととにかく最低。ここまでやってくれると、エルヴィラとルードルフに早くやっつけてほしいとのめりこめるので、ある意味必要不可欠なキャラですね。
(20代・女性)
3.5
多くの貴族たちが集まるまで王子アレキサンデルから罵倒された上に、彼との婚約の破棄を告げられたにもかかわらず貴族としての姿勢を崩さないエルヴィラの心の強さに強く感銘を受けました。更に、周囲の状況から自分に迫る危険を察して早々に逃げ出す準備を整える切り替えの良さも素晴らしいと思います。
一方でルードルフはそのような事態に乗じたとはいえ、自らの本懐でもあるエルヴィラへの想いが叶ったようですが、彼自身がアレキサンデルたちの謀略に全く関わっていないといい難い気もしてどこまで信用してよいのかわからない部分もあります。
そして、エルヴィラ追放後に国内に散々な事態が発生しているにもかかわらず何ら対処する能力を持たないアレキサンデルですが、仮に聖女の加護があったとしても彼のような人が次の王だと国が持たなそうな感じです。
そして、エルヴィラからその地位を奪ったナタリアですが、
彼女自身はやはり無能というか有害といった方がいいレベルのようですが、彼女の裏で糸を引いているであろう大神官などはまだその真意が読めないところが多いので、今後の展開が非常に気になるところです。
(40代・男性)
4.0
やや捻くれた考えかもしれませんが、ルードルフは今回のエルヴィラ追放事件に全く無関係であるのかが気になります。彼自身が良い人であることは間違いないと思いますが、エルヴィラに向ける愛情と執着が非常に強いようなので、何らかの形で事前にアレキサンデルたちの計画を察知していて、その上で自分の都合の良い方向に話が進むように準備していたのではないかと勘ぐってしまうほどです。ただ、彼はエルヴィラが聖女であるかどうかと無関係に彼女のことを愛しているようなのでナタリアたちとはあまり結びつきはなさそうです。
主人公であるエルヴィラは形式的とはいえ異国へ嫁ぐことになりましたが、そこでも聖女のとしての役目を忘れない姿は尊敬に値するものだと思います。そして、彼女の加護によると思われる影響が両国で生じており、その内容があまりにも明暗が分かれています。
これからそれぞれの国が辿っていく運命も気になりますが、まだアレキサンデルや生まれた国であるトゥルク王国に対する未練もあるようなので彼女がどのような選択をしていくのかも非常に気になるところです。
(40代・男性)

漫画「王妃になる予定でしたが」の作品情報

作品名 王妃になる予定でしたが、偽聖女の汚名を着せられたので逃亡したら、皇太子に溺愛されました。そちらもどうぞお幸せに。
作者 コロポテ / 糸加(ツギクル)
出版社/レーベル 双葉社/モンスターコミックスf
巻数 既刊8巻 ※2021年11月現在
公式サイト 公式サイト
公式SNS 作者公式Twitter
「双葉社」公式Twitter
Wikipedia

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました