子宮恋愛(漫画)は全巻無料で最終回まで読める?試し読みできるアプリはあるか調査!

子宮恋愛全巻無料 女性マンガ

漫画「子宮恋愛」を最終回まで全巻無料で読めるサイトはあるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「子宮恋愛」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「子宮恋愛」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「子宮恋愛」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「子宮恋愛」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「子宮恋愛 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「子宮恋愛」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「子宮恋愛」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
子宮恋愛

ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「子宮恋愛」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「子宮恋愛」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「子宮恋愛」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「子宮恋愛」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「子宮恋愛」のあらすじと感想

あらすじ

結婚7年目の苫田まきは、夫にすら言いたいことを言えない大人しい性格。31歳という年齢もあり子供が欲しいと思っているのに、夫とはずっとセックスレス状態で、そのことを意見することもできないでいる。同僚の結婚式に出席したまきは、子供はまだなのと聞かれても愛想笑いするばかり。みかねた同僚の山手旭が助けてくれるが、イヤならイヤって言わないのがイライラすると言われてしまう。家庭の悩みを誰にも相談できず、モヤモヤする気持ちを抱えたまま夫との生活を送るまき。そんなまきに山手がアプローチしてくるようになり…。人生は思い通りに行かないことを思い知りながら、不安定な結婚生活を続けるまき夫婦はどうなるのか。まきは山手と一線を越え不倫関係になってしまうのか。ホルモンバランスも理想の夫婦像も崩れた女の婚外恋愛の行方は?

感想

4.0
「毎月血を流しながら、人生予定通りにいかない」というあきらめる女心がせつないと思うのです。なんか抱きしめたくなるほど純情な女性だと思います。こんなに一生懸命生きているのに、なぜ夫はわかって
くれないのだろうと思います。7年もの結婚生活のうち、いつしたのかも思いだせない、苫田まきが従順に従うのが大和なでしこそのものだと思いますが、自己主張も必要だと思います。現代女性はかくあるべきとまでは言わないものの、少し引っ込み思案過ぎな気もしますが、そこが主人公の良いところです。食事を作っていても、カップラーメンを食べて寝てしまう男。同僚の女教師と関係があるのかと、疑ってしまいます。そこに登場する同僚の山手旭が登場で揺れる心はわかります。結局は行きつくところまで行くのでしょう。
(50代・男性)
3.5
苫田まきはもっと自分の魅力を知ってもいいと思うのですが、自己評価が低すぎのところが、また彼女の魅力です。そばにいて見守りたいと思う女性です。「恭一私子供が欲しい」というと、「わかった」という返事を信じて毎晩それを待つ妻は、また裏切られるのです。したかったらその気にさせろって言いながら、口で出したら、寝てしまうとはあんまりですが、そう言わないところが、まきは我慢しすぎです。もっと主張してだめなら別れなさいと思ってしまいます。苫田恭一はわがまま放題の自己中。自分の欲望を満たせば知らん顔の最低男です。でも世間にごろごろいる輩です。山手旭は外国育ちだから自由奔放な男。もてるのももてるだろうが、自己主張のできる人です。これほど言える人も珍しいと思います。魅力はある男性です。
(50代・男性)
4.5
結婚した女性の妊活がテーマの作品になっていたり、自分がヒロインと同世代だから内容が気になって読みました!!
旦那さんや同僚や友達にもいつも周囲の顔色を伺うまきを見ていたら、ちょっと切なくなりますが今の時代には多いような気がしました…
また、旦那さんが全く空気が読めない感じはかなり残念で仕方がなかったです。
あと、同僚の山手を見ていると自分もあんな風に良い意味で淡々と生きれたらと…考えてしまうと、若干羨ましくなる部分もありました!!
作品自体のストーリーは夫婦ならではのリアリティーがあるし、それが嘘偽りなく描かれているのが素晴らしいと感じました。イラストのタッチもシンプルで読みやすい雰囲気もポイントが高かったです!!
(30代・女性)
5.0
ヒロインのまきが結婚して7年…、セックスレスや子供ができないことなど、女性ならではの悩みを抱えている部分がとてもリアルに伝わってきて、特に同性なら共感できるキャラクターでもあります…
また、彼女自身が旦那さんに悩みを中々打ち明けられなかったり、会社でもハッキリ自分の意見を言えずに一人で抱え込む姿は、見ている読者なら頑張れ!!と思うような人柄でした。真面目で優しいまきがそんな中でも、日々一生懸命生きる姿勢が素晴らしいです!!
一方、まきの同僚の山手はイケメンで自分の意志もハッキリ相手に言えるようなタイプで、彼を見ていたら清々しい気持ちになるぐらいでした。また、普段はキツイけどふと見せる彼の優しい一面にはドキッ…としてしまいます!!
(30代・女性)
4.5
「子宮恋愛」とは、なんとも直接的なタイトルに度肝を抜かれました。とはいえ、脳の病気になったら人格が変わると言いますし人の意志なんて身体が勝手に操作していること、恋愛も子宮が望む通りにコントロールされてるんだろうなと、納得させられてしまいます。
そのテーマはレス、モラハラな旦那なんて夫としての役割を果たしてないんだから他の人に惹かれて当然です。っていうか、ちゃんと証拠を残してきちんと別れてから次にっていうのであれば世間にも堂々と出来るのに、衝動的に動かされるのはまさに子宮恋愛なのだろうなと思います。絵がきれい、妊活とか生理とか今まではタブーとされていたような内容を扱った作品が多くなっているのは良い傾向だと思えます。
(40代・女性)
4.0
本来であれば、主人公であるまきにこそ魅力を感じて心寄り添うのでしょうが、とにかくもっとしっかりしろと言いたくなります。モラハラ夫なんて捨ててしまえばいいのです。セックスレスを悩んでいること・子どもが欲しいと思っていることなど、とにかく内にためてしまう様子にいら立ってしまうのです。一方で、夫の恭一が魅力的かというとまったくそんなことはなし、きっとまきの内気な性格を本能で感じ取って恭一は結婚したのでしょう。強い肉食系女子だとすでに離婚しています。同僚の彼はかっこいいけど、不倫になるので今はとても応援できないし、魅力的とは言えない彼らがどうハッピーエンドを迎えることとなるのかといったドキドキワクワクに目が離せないのです。
(40代・女性)

漫画「子宮恋愛」の作品情報

作品名 子宮恋愛
作者 佐々江典子
出版社/レーベル ぶんか社/ ストーリーな女たち・ダークネスな女たち
巻数 既刊8巻 ※2021年12月現在
公式サイト 出版社公式サイト
公式SNS 作者公式Twitter
Wikipedia

※本ページの情報は2021年12月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました