静かなるドンは無料で漫画バンクやpdfで読める?最新配信情報をご紹介!

静かなるドン無料 青年マンガ

漫画「静かなるドン」はアプリで全巻無料で読む方法があるのか、漫画バンクやrawといった違法サイトの無料配信状況を調査しまとめました!

あらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「静かなるドン」は無料で漫画バンク・pdfで読める?

漫画「静かなるドン」は漫画バンク・pdfで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・pdfで全巻無料で読むことはできませんでした。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全に無料で漫画を読めるアプリを紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

1巻2巻3巻無料で配信中/
静かなるドン無料
今すぐ無料で試し読み

まんが王国公式サイトを見る
※登録・解約料はかかりません

漫画「静かなるドン」を全巻無料で読めるアプリは?

漫画アプリ 配信状況 無料の巻数
まんが王国 ◯(全巻配信中) 1巻2巻3巻
コミックシーモア ×
Amebaマンガ ×
ebookjapan ×
U-NEXT ×
BookLive ×
コミック.jp ×

「静かなるドン」は漫画アプリの中でまんが王国でのみ無料配信がありました!

全巻無料で読めるアプリは現在ありませんがまんが王国なら無料で読むことが可能ですよ。

Don
Don

「静かなるドン」を1番お得に全巻読めるサービスは分かりました!

登録料・解約料は無料
月額費用なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
docomo/au/SoftBank公式サイトだから安心
  • 「静かなるドン」が1巻2巻3巻が無料で配信中
  • 登録料・解約料・月額費用は無料!

「まんが王国」は無料会員登録だけでは料金が発生せず漫画購入時にのみ料金が発生し解約も必要ないのでおすすめです。

今すぐ漫画を無料で読みたい方はまんが王国をご利用ください。

\無料で読めるのはまんが王国だけ/
静かなるドン無料
今すぐ無料で1巻読む
※登録・解約料はかかりません

漫画「静かなるドン」の試し読みを無料でできるアプリ一覧

漫画アプリ 無料の試し読み
まんが王国 ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
Amebaマンガ ◯(全巻)
ebookjapan ◯(全巻)
U-NEXT ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
コミック.jp ×

漫画「静かなるドン」はまんが王国のほか6社で全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はまんが王国でまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

\無料ありはまんが王国だけ!/
静かなるドン無料
今すぐ無料で試し読み
※登録・解約料はかかりません

漫画「静かなるドン」のあらすじと感想

あらすじ

主人公の近藤静也は女性向けの下着メーカー会社に勤める冴えないサラリーマン。デザイナーとして勤務しているも、お世辞にもその仕事ぶりは良いとは言えない。そんな近藤は実は昼間のサラリーマンは仮の姿。本当の姿は関東最大を誇る暴力団新鮮組の一人息子で総長だったのだ!冴えないサラリーマンという身分をひた隠しにしながら昼は堅気の仕事、夜は静かなる総長として生活していくこととなった近藤。果たしてその二重生活の行方は…!?ドラマ化や映画化で大人気の超ヒットロングセラーヤクザ漫画!

感想

4.0
下着会社に勤務する近藤静也は、実はヤクザ組織「新鮮組」の3代目総長でもあり、会社での冴えない表の顔と組織でのカリスマ的な裏の顔の2面性を、時には面白可笑しく、時にはシリアスに描いています。一般的なヤクザものの漫画ですと、とにかく任侠だの社会の闇だのとして描かれることが多いですが、この漫画はコメディ半分、シリアス半分なので非常に読みやすかったです。静也には同じ会社の同僚で秋野さんという憧れの女性がいるのですが、一般人のため自分の裏の顔を見せることができず、なんとかバレないように必死で取り繕います。秋野さんはヤクザの静也に何度も助けられ恋愛感情を抱くのですが、サングラスをして人相を変えているため、会社での落ちこぼれ静也とは全く繋がらず、気持ちだけがすれ違っていきます。そういったもどかしい恋愛模様も楽しめる漫画です。
(男性 30代)

5.0
主人公の近藤静也は、新鮮組の跡取りとして父である2代目亡き後、3代目総長として後を継ぎます。しかし、本人は温厚な人柄で、ヤクザ家業に関しては乗り気ではなく、俗世間との唯一の繋がりである下着会社の仕事を辞められずにいます。会社では下着デザイナーとして勤務しているのですが才能がなく、よく上司に叱責されたり、同僚たちからも馬鹿にされますが、めげずに変わった下着をデザインし続けます。
一方で、皮肉にもヤクザとしての静也はカリスマ的な存在であり、その絶対的手腕で関東を牛耳る一大組織としての地位を確立していきます。総長の座を奪おうとする部下の執拗な妨害や、敵対組織からの攻撃をものともせず、組織のトップとしての威厳を示していく様は、下着会社で働く顔とはまさに別人です。本人もヤクザの方が向いているとは自覚しつつも、下着デザイナーの夢を捨てきれない、そんなジレンマを抱える魅力的なキャラとして描かれています。
(男性 20代)

4.0
暴力団同士の抗争などをメインに、いわゆるヤクザの世界を描いたドラマですが、全体的にコミカルな要素が強く、頻出するギャグシーンに笑えるのが特徴の漫画だと思います。主人公が関東最大の暴力団のトップでありながら昼間は女性用下着会社に勤めているという設定の時点で爆笑モノですし。一方で激しい抗争による悲劇など、シリアスな部分についてもきっちり描き込まれていて、メリハリがはっきりしているところがこの作品の良さを引き立たせているとも言えるでしょう。この漫画で描かれているヤクザの世界は、暴力団同士の抗争が激化していた1970年代から1980年代の様相を主にイメージしていると考えられます。実際、連載が始まったのが1988年ですからね。ですから、社会的に暴力団の排除が進んだ現在の状況とはかけ離れている部分もあるのですが、その辺りの乖離は、ちょっとした歴史モノと捉えて楽しむのも一手かなと考えています。とにかく登場人物が多く、みんな例外なく個性的なのも凄い漫画です。
(男性 30代)

4.0
膨大な人数のキャラクターが登場する漫画ですが、その中で個人的に好きなのは、主人公の新鮮組と敵対する、日本最大の暴力団鬼州組の六代目海腐雄二の一人娘、彩子ですね。正確には主人公近藤静也と彩子との悲恋エピソードの部分にとても惹かれました。極道界の頂点に君臨する男の娘とは思えないほどの天真爛漫さで、静也が惚れ込んだ作中数少ない女性です。ただし、その立場上許されない恋だったことから2人の仲は引き裂かれてしまいますし、また唯一の肉親でもある海腐雄二も最終的に失ってしまったあたり、薄幸美人そのものなキャラクターと言えるでしょう。個人的に、近藤静也が彩子に惹かれ、婚約にまで至り、そして引き裂かれる過程は、この長大な漫画の中でも最も感情移入できたエピソードでした。
(男性 30代)

4.0
大筋はヤクザの抗争を描いた作品なのですが、うまい具合にギャグが入っていて笑える作品ですね。
まず主人公は近藤静也。新鮮組の総長にして、下着会社プリテイでデザイナーをしています。
このギャップが面白い。
またヤクザの世界にも、良い味を出すキャラクターが盛沢山。
特に生倉は人間としては相当腐っているんですけど、これを面白おかしく描いていて笑えるんですよね。
組vs組の抗争になるとかなりエグイのですが、こういう笑えるシーンもあるのでつり合いが取れています。

一方昼の仕事ですけど、こちらも面白いです。
夜は新鮮組総長してキレ者になるのに、パンティー作りになると本当にダメ。
下手の横好きっていう言葉がありますけど、まさにそれですね。
ダメ社員でありダメデザイナー。
こういうギャップが面白い作品です。
(男性 30代)

4.0
この作品を語る上で、近藤静也は欠かせないでしょう。
昼はパンティー職人、夜はヤクザというアンバランスさが最高です。
夜は銃や刀を手に、ドンパチ。
なのに昼は女性の履く下着、いわゆるパンティー作りで一喜一憂しているんです。これには笑わせてもらいました。
でもこれが近藤静也のメンタルバランスを取っていたというのには驚きました。
父譲りの狂暴な血が、昼間のパンティー作りで中和されて普通の生活を遅れていたんです。
パンティー作りから遠ざかるとその血が目覚め、とんでもない戦闘力を発揮。
なるほど、パンティー作りにも意味はあったんだと驚きました。

あと鳴戸竜次も外せないですね。
男っぷりは良く、恰好も良い。
さらにシャレもわかると、非の打ちどころのないダンディーヤクザ。
文字通り死力を尽くして近藤静也を守る姿に惚れました。
(男性 30代)

漫画「静かなるドン」の作品情報

作品名 静かなるドン
作者 新田たつお
出版社/レーベル 実業之日本社/週間漫画サンデー
巻数 既刊108巻 ※完結
公式サイト
公式SNS
Wikipedia 「静かなるドン」Wikipedia

※本ページの情報は2021年10月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました