東京リベンジャーズ(漫画)を全巻無料で読めるサイトまとめ!【漫画バンク・違法サイトの配信状況も】

東京卍リベンジャーズを全巻無料で読めるアプリ 少年マンガ

漫画「東京卍リベンジャーズ」を全巻無料で読めるサイトはあるのか、漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「東京卍リベンジャーズ」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「東京卍リベンジャーズ」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「東京卍リベンジャーズ」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
クーポンで6巻半額
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「東京卍リベンジャーズ」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「東京卍リベンジャーズ」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「東京卍リベンジャーズ」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

この超お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「東京卍リベンジャーズ」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

クーポンで6巻半額
東京リベンジャーズ全巻無料

ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「東京卍リベンジャーズ」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「東京卍リベンジャーズ」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「東京卍リベンジャーズ」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「東京卍リベンジャーズ」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「東京卍リベンジャーズ」のあらすじと感想

あらすじ

この物語の主人公「花垣武道」は、冴えないフリーター。
バイト先の従業員に蔑まれ怒られ、その生活はまるで「底辺」。
そんな中、あるニュースがふと武道の目に留まる。
それは、中学校時代のかつての恋人「橘日向」と、その弟「橘直人」が、暴走族の抗争に巻き込まれて死亡したというニュースだった。
その後武道は何者かによって駅のホームに突き落とされ、電車に轢かれて死亡する――が、武道は奇跡的に目を覚ました....17年前の中学生の自分として。
金髪の髪をセットし、喧嘩を繰り返していた不良時代の武道は、17年前とまったく同じ喧嘩と敗北を経験する。
その後、偶然にも不良に絡まれている直人と遭遇し、直人を助けることで、武道は「17年後に日向と直人は暴走族の抗争に巻き込まれて死亡すること。どうか日向を守って欲しいこと」を伝え、半信半疑ながらもその言葉を信じた直人と握手を交わす。
その瞬間、武道は17年後の現在へ戻って来る。目の前には、生きている直人が居た。
「貴方の言葉を信じて警察官になった。」そう告げる直人は、駅のホームで突き落とされた武道を助けたという。
しかし、その世界でも日向はやはり暴走族に巻き込まれ死亡していた――
中学校時代へタイムリープが出来るようになった武道と、時代を行き来するトリガーとなっている直人との握手。二人は協力し、日向を暴走族の抗争から救うことを決意する。
日向が死亡する原因となる暴走族集団「東京卍會(東卍)」について調べる為、武道は中学時代に戻り東卍に接近する。
東卍のトップ、マイキーこと「佐野万次郎」、その右腕であるドラケンこと「龍宮寺堅」、この二人と関わるうちに、武道は東卍が日向を巻き込んで殺すような集団ではないことを確信する。
東卍を取り巻く不良集団との関わりや、裏で不良たちを誘導し抗争を誘発する頭脳派の黒幕の存在。武道は東卍へどんどんと巻き込まれていく――
かつての恋人「日向」の生死をかけた、武道と直人のタイムリープでの挑戦。不良漫画とタイムリープという、斬新なストーリー展開。

感想

5.0
ある条件を満たすと12年前にタイムリープすることのできる花垣武道ですが、タイムリープして過去を変えることに成功したと思っても、元カノであるヒナと友人のあっくんが死んでしまう事実が変わらなかったシーンにはとても切なくなりました。しかし、どんなに酷い未来を経験したとしても、ヒナやあっくんを救うために何度も過去に戻って奔走する武道の姿には胸が熱くなりました。特に印象的だったのは、ヒナが乗る車にあっくんが突っ込んだシーン、もうダメだと言うヒナに、「何度失敗しても君が助かる未来にたどり着くまで絶対折れないから」と叫ぶシーンは本当にかっこよかったです。タイムリープする前はフリーターでどうしようもない男だった武道が、何度変えても変わらない結末にも折れずに懸命にヒナや仲間を助けようと全力でぶつかるなど、タイムリープをきっかけにどんどん男らしくなっていく姿に感動しました!喧嘩が強いわけではないが、どんな状況でも諦めない武道の姿に、協力する仲間もどんどん増えていって、周りのメンバーからも武道の魅力が伝わってきます。キサキの死によってヒナが殺されてしまう未来を回避し、東卍のメンバーも幸せな未来を掴みますが、その中にマイキーの姿がないことを知るとまたしてもマイキーを助けるためにタイムリープを繰り返すように、仲間全員を見捨てない心意気が皆んなを惹きつける要因なんだろうと思いながら読んでいました。仲間のために熱くなる姿は本当にかっこいいなと思います。
(30代・男性)
4.0
現実世界で死んでしまった学生時代の恋人をたすけるために主人公のタケミチが学生時代の過去に戻って未来をかえるというSF設定に光るものがある意欲的作品になっています。SF要素はとてもおもしろいです。よく分からない過去に飛ぶという現象を研究し、なんとかしてヒロインのヒナを助けるために戦うタケミチの生き様に熱いものを感じ、時には感動もすることがあります。現実世界では冴えないフリーター生活をしているタケミチでは、自分の進路設定を失敗したと感じています。未来での一度の失敗があるからこそ、過去では全てを成功させるため自分のできる術トォ出し切って戦います。冴えない青年の悲哀と今度こそやりたいことを成功させたいという人間の真実性が強く出る展開には、深く共感もできるものです。過去世界にとんでからのメインの物語は、恐ろしい不良たちの抗争となっています。SF設定と古臭い不良文化のあわせ技は意外なものでした。ミスマッチに思われがちな2つの要素がうまいこと魅力を上げる効果を出しているのが良いです。マイキー、ドラケンら超人的に強く、良い人間性をもったキャラクター達も大きな魅力になっています。キャラクターの作り込み要素は秀逸なものがあると思います。未来で事件を起こした者が、どうやってそうなったのかという謎を過去世界を通して解き明かすミステリー要素にもワクワクする面白さがあると思います。未来と過去を行き来して情報を集めて解決に導く展開がとても面白いです。
(20代・男性)
4.5
作品の初めからインパクトがありました。25歳フリーターの武道(彼女なし)が中学時代にタイムリープして、過去を変えていく話です。タイムスリップして他の人になって世界を変えるような話は見たことがありますし、タイムリープして過去を思い出す話も見たことがありましたが、過去を変えていく漫画を読むのは初めてでした。その中で私が一番好きなキャラは武道が途中から所属する東京卍会副リーダーのドラケンです。初めて見た感想はいかつい!の一言。見るからに大きいしなんといってもこめかみ付近には刺青も入っており、インパクト大です。私が一番思い出に残っているドラケンのシーンは黒川イザナや稀崎鉄太と抗争するところです。武道と出かけていたマイキーの妹エマはバイクに乗った稀崎にバットで殴られ殺されてしまいます。エマを好きだったドラケンはエマが殺されたことに絶望し、マイキーに対して「みんかを守る為に東卍創ったんじゃないのかよ」と非難し、マイキー、武道を殴って現実から逃げてしまいます。しかし、その後武道の彼女であるヒナから励まされ、気を持ち直し、抗争へと足を運びます。私はこのシーンを見て、すごい精神力だなと思いました。私だったら好きな人が殺されてしまったら、多分数年は立ち直れません。それにも関わらずドラケンは自分の気持ちはさておき、仲間のために足を運びました。そして抗争に勝ちました。私はこのシーンから切替の大切さを感じました。もし、エマを失ったまま抗争に参加せずに仲間まで死んでいたら、一生後悔してもきりがないと思います。私もマイナスなことがあった場合にも状況整理して切替、次に進みたいと感じました。
(20代・男性)

漫画「東京卍リベンジャーズ」の作品情報

作品名 東京卍リベンジャーズ
作者 和久井健
出版社/レーベル 講談社/週刊少年マガジン
巻数 既刊24巻 ※2021年11月現在
公式サイト 「東京卍リベンジャーズ」公式サイト
公式SNS 「東京卍リベンジャーズ」公式Twitter
Wikipedia 「東京卍リベンジャーズ」Wikipedia

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました