罪と快は無料で漫画バンクで読めるのか調査!全巻無料で試し読みできるアプリはある?

罪と快無料漫画バンク 青年マンガ

漫画「罪と快」は無料で漫画バンクで読めるのかを調べました!

また、最新刊まで全巻無料で試し読みできるのか、違法サイト漫画バンク・rawやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しまとめました!

あらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい!

漫画「罪と快」は無料で漫画バンク・rawで全巻読める?

漫画「罪と快」は漫画バンク・rawで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全に無料で漫画を読めるアプリを紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapanが1番安い
罪と快無料漫画バンク
今すぐ罪と快を読む

ebookjapan公式サイトを見てみる
※登録・解約料はかかりません

漫画「罪と快」を漫画バンクの代わりに全巻無料で読めるアプリは?

漫画「罪と快」を無料で読めるアプリ一覧

漫画アプリ 配信状況 無料の巻数
ebookjapan
1番お得
なし
コミックシーモア なし
Amebaマンガ なし
まんが王国 なし
U-NEXT なし
BookLive なし
コミック.jp なし

漫画「罪と快」を読めるアプリはebookjapanをはじめ7つありましたが、全巻無料で読めるサービスはありませんでした。

Don
Don

でも「罪と快」を1番お得に全巻読めるサービスは分かりました!

この中で1番のおすすめは国内最大級の漫画配信サービスで登録料・解約料無料のebookjapanです。

  • 「罪と快」を全巻配信中
  • 初回50%OFFクーポンで「罪と快」を全巻半額で読める

現在、ebookjapanでは登録特典で初回50%OFFクーポンがもらえます。

一番お得に「罪と快」を読むことが可能なのでebookjapanをご利用ください。

\ebookjapanなら全巻半額
罪と快無料漫画バンク
今すぐ無料で試し読み

ebookjapan公式サイトを見てみる
※登録・解約料はかかりません

漫画「罪と快」の試し読みを無料でできるアプリ一覧

漫画アプリ 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
Amebaマンガ ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)
U-NEXT ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
コミック.jp 1巻のみ

漫画「罪と快」はebookjapanのほか6社で全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

\1番お得なのはebookjapan/
今すぐ無料で試し読み
※登録・解約料はかかりません

漫画「罪と快」のあらすじと感想

あらすじ

主人公の峰寺善は男子高校生1年だったが、彼には秘密があった。それは盗撮癖があることだったのだ。ある時、いつものように盗撮をしようとしていた峰寺善だったが、なんと盗撮しようとしていた女子高校生に逆に捕まってしまうという事態に陥ってしまう。その盗撮がバレてしまい、その女子高校生から脅迫を受けてしまう峰寺善だったが、「秘密にしておく代わりに私のいうことを聞くように」言われ、彼女の言われるがままにしていると、なんと彼女は緊縛師だったのだった!峰寺善は彼女に拘束されてしまい…?盗撮癖の男子高校生と緊縛師の女子高校生が織りなす禁断の物語が始まる…!!

感想

5.0
作品自体のストーリーが斬新で面白かったし、その中にエッチな要素も含まれていて、大人の自分が読んでも興味深いお話でした。
主人公の善が盗撮を繰り返しているのには正直冒頭からビックリしましたが、そんな彼にどんな天罰が下るのかと読みながら想像してしまいました…
あと、アヤメから善が屈辱を受けるシーンは鳥肌が立つぐらいで、それを高校生が繰り広げていると思うと複雑な心境に陥ってしまいます。
また、アヤメの表情がどんどん興奮していくのがリアリティーがあって…彼女の素性がますます気になってしまいました!!
背徳感や人間が持つ欲求などがバランス良く描かれていて、この作品ならではのオリジナリティー溢れる世界観を楽しめるはずです。
(女性 20代)

4.0
主人公の善というキャラクターが普段からおとなしくて真面目だから、この作品が成立していたようにも感じます!!
また、勉強や親のストレスから盗撮を繰り返していましたが、捌け口がそうなってしまった展開は残念で仕方がなかったです…
ただ、善自身もそうしないと自分がバランス取れなかったのかなぁっ!?と思ってしまう人物でした。
あと、ヒロインのアヤメに縛られて最初は嫌がっていまさしたが、そんな行為がある意味快感になっていく姿が見どころにもなっていました!!
善がアヤメから屈辱を受けるシーンも見応えありです…
一方、アヤメは緊縛師というちょっと異常な人物ですが、何故か見ていたら彼女に魅了されるような、独特な雰囲気があって彼女の言動や顔の表情から目が離せなかったです。
アヤメのドSっぷりはインパクト大です!!
(男性 30代)

5.0
この作品は絵に興味が魅力的だったので読むことにしました。
読み始めた時はSM作品かな?と感じて、読むのやめようかな?と思いましたが、暫く読み進めて行くと段々と引き込まれていきました。
ストーリーは私生活が色々上手くいかない主人公がストレスなどから盗撮を繰り返していたのですが、ある日その盗撮をヒロインである女性に見つかってしまいます。
その証拠をバラさないかわりにその女性から出された条件に言うことを聞いてもらうという約束をとりつけられ、彼女は自分が緊縛師であることを主人公に告げます。
そこから縛ることと性とが繋がっていくのですが、ただのセクシー漫画ではなく、縛るということで人と人が繋がるという新しいテーマを感じました。
絵も非常に上手で見やすくて引き込まれました。
(女性 20代)

4.0
私が魅力的だったのは主人公の峰寺善です。
初めの印象は自分の環境が上手くいかないことだらけで、むしゃくしゃした挙句に盗撮を繰り返すダメ人間。
それからヒロインである北条に盗撮がバレてしまい、緊縛されることを条件に周囲にばらさない約束を取り付けます。
しかし縛ること以外にも予想外のことを要求、または強制され困惑する善。
初めは抵抗し、嫌がっていましたが、徐々にその性癖二目覚め自ら北条を求めるようになります。
そこから善のことを好きになる同級生や北条を狙う男など、様々な登場人物が現れストーリーが進んでいきますが、縛ること、縛られることで善と北条の絆は強まり、善の成長が強く感じられていきます。
初めは自己主張もなく不満を周囲にバレないようにぶつけるだけの存在だった主人公がしっかりと意志を持った1人の人間に成長していくように感じ、私は魅力的に見えました。
(男性 30代)

4.0
漫画「罪と快」を読んで、コミックとしてはなかなかハードな内容だったにも関わらず、しっかり恋愛ものになっていて、きゅんきゅんする場所がありました。
自分の精神を安定させるために盗撮をやめれない主人公と緊縛師の少女の恋愛はどういう結末になるんだろうと予想しながら読んでいましたが、最終回前の津崎とのストーリーはハラハラドキドキして、予想外な展開だなと思い面白かったです。
最初の方から尿意を我慢させてお漏らしさせたりと、内容が内容なだけにちょっと大人なコミックだなと思い、そういった観点でもドキドキさせてくれました。
私がまだまだ知らないことってたくさんあるんだなとも思いました。それでも善とアヤメの純愛が成就して、とても嬉しくなりました。
(女性 30代)

4.0
私が一番好きなキャラクターは善と同じクラスの学級委員長、蒼井美羽です。
とても純粋な女子で善がアヤメを好きなこと、緊縛というプレイをしていることを知っても善を好きでいてアヤメと善を見て、新しい自分の扉を開けていく感じが、内容的にもとてもよかったです。何より可愛いです!
善とアヤメの恋の邪魔をした津崎も最終回でちゃっかり梨沙と付き合っていて、Mに開眼してるとの事で少し笑ってしまいました。
アヤメのSっ気で少し意地悪な性格も性格も最終回まで貫き通されてて、私的にはやっぱりこの二人はこうでなくっちゃと思い気持ちのいい最終回でした。
登場人物みんなが他の人には言えないようなものを抱えながら恋愛しているところが、普通の恋愛漫画と違ってよかったです。
(女性 30代)

漫画「罪と快」の作品情報

作品名 罪と快
作者 染谷ユウ
出版社/レーベル スクエアエニックス/ヤングガンガン
巻数 既刊6巻 ※完結
公式サイト 「罪と快」公式サイト
公式SNS 「罪と快」作者公式Twitter
Wikipedia

※本ページの情報は2021年10月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました