「私たちはどうかしている」漫画バンクで全巻無料?rawや試し読み出来るサイト一覧も

私たちはどうかしている無料全巻 女性マンガ

漫画バンクで「私たちはどうかしている」を無料で全巻読めるのかどうか、また漫画バンクやrawダウンロードなど違法サイトやコミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「私たちはどうかしている」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「私たちはどうかしている」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「私たちはどうかしている」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
ebookjapan 全巻
1番お得
1~3巻無料
\登録不要/
今すぐ試し読み
コミックシーモア 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み

漫画「私たちはどうかしている」はebookjapanなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはebookjapanです!

登録料・解約料・月会費は無料
初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえる
登録不要で読める無料漫画を多数配信中!

ebookjapanなら…

  • 「私たちはどうかしている」の1~3巻を無料配信中
  • 「私たちはどうかしている 」をクーポンで6巻半額で読める
  • 「私たちはどうかしている」を全巻配信中

現在、ebookjapanでは初回ログイン時に好きな漫画6冊に使える半額クーポンがもらえます。

1~3巻の無料配信やお得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「私たちはどうかしている」を読むことが可能なこの機会にebookjapanをご利用ください。

1~3巻無料
私たちはどうかしている
ebookjapan公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「私たちはどうかしている」は漫画バンク・rawダウンロードで全巻無料で読める?

漫画「私たちはどうかしている」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

ebookjapan公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「私たちはどうかしている」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
ebookjapan ◯(全巻)
コミックシーモア ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)

漫画「私たちはどうかしている」はebookjapanなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はこちらで紹介したアプリでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「私たちはどうかしている」のあらすじと感想

あらすじ

和菓子職人の大倉百合子は創業400年という歴史を持つ金沢の老舗和菓子店・光月庵で住み込みで働くことになる。百合子の娘・七桜は幼い時から身体が弱く病気がち。光月庵には七桜と同い年の跡取り息子・椿がいた。椿は明るくて人懐っこく、すぐに二人は打ち解け仲良くなり、幸せな暮らしを送っていた。
ところが椿の父親である光月庵の若旦那が自宅で何者かによって殺されてしまう。椿が「七桜の母親が父親の部屋から出てくるのを見た」という証言をしたことで、百合子は警察に逮捕。七桜も店を追い出され施設へ。百合子は容疑を否認したものの、裁判中に突然倒れそのまま他界。あの証言のせいで母親との幸せな生活を奪われた七桜は、椿は二度と会いたくない人物だった。
15年もの月日が過ぎ、成人した七桜は母親と同じ和菓子職人の道を歩んでいた。ある日知らない男性から、七桜宛ての手紙を渡される。差出人は母親の百合子からで、手紙には「私は何もやってない」と記されていた。
数日後、知り合いの結婚式の引き出物に出す和菓子を選ぶため、対決という形で七桜と椿は再会する。もちろん椿は、対決相手の女職人が以前父の店で住み込みで出入りしていた従業員の娘とは気づいていない様子だったが…。

感想

3.5
恋人関係に発展しそうな、元々幼なじみだった2人にはかつて、周りを巻き込んだ秘密があって、最後に大どんでん返しが来るのがとてもドキドキしました。
意外な人が最後犯人という結末を迎えて、そういう結末なの!?と思いました。題名の通り、どうかしている、と思うことが多くありました。椿の母がサクラに対して冷たいのが、シンデレラのワンシーンのように感じました。なんでそんないじわるするの!と思いながら読んでました。
恋の関係に発展する場面も多くて、キュンとするシーンも多いです。恋愛系とミステリーを同時に楽しめるお得感がありました。
和菓子店が舞台になっていて、和風な描写もとても綺麗で可愛いと思いました。椿がとてもかっこいいです。
(20代・女性)

4.0
椿です。すごくぶっきらぼうだけど、凛としていてかっこいいです。小さい頃は可愛いのに、クールに成長したなと思いました。色々な過去があってのクールさなのかな、と色々な憶測ができる性格です。
和装もとても似合っています。キュンとすることをサラっと言ったりするので、そのクールさがとてもかっこいいと思いました。美人なサクラにもとても合ってます。
和菓子店の主がこんなに若くて、イケメンだったらなぁと思って、主人公になったつもりで読みました。こんな世界が本当にあったら、毎日がドキドキするだろうなと思います。
ただの恋愛じゃない、隠し事のある恋愛だからこそ惹かれるし、その相手がイケメンすぎて、なんとも言えないほど波乱万丈だなと思いました。
(20代・女性)

4.5
序盤から主人公の花岡七桜が母親が殺人の冤罪で捕まり、そのまま亡くなってしまったという話が出てきます。
そこで真犯人は誰なのか、目撃者は嘘をついたのか等、数々の疑問が頭をよぎります。
その後事件に関わったと思われる様々な登場人物が出てきて、関係性も徐々に分かっていきます。
考察しながら読んでいきますが、予想外の展開が多く、ほとんど先が読めません。
しかし伏線があったり、合点がいくことが多くあるので、見返しても面白いです。
最終的に椿と七桜のハッピーエンドにはなるだろうと思いますし、ハッピーエンドではありましたが、そこにいたるまでに残酷なことが多すぎて見ていて辛くなる部分もあります。
ただ、それ以上に先が気になる、二人の愛が実るのを見たいという気持ちが勝ちます。
最終回では数々の障害を乗り越えた二人には、これから人一倍幸せな生活を送っていって欲しいと思います。
(30代・女性)

5.0
高月椿の母、今日子が鍵となるキャラとなっています。
彼女が七桜を執拗にいじめるのは、深い理由があります。
その理由を知ると、彼女がそのような行動に出ることも理解はできます。
ただ、やっていい理由にはなりません。
最終的には椿を助ける形になりますが、そこにいたるまでの行動は全て最低でした。
ただ、椿は真っ直ぐで真面目な子なので、椿を生んでくれたことは本当に感謝です。
そして主人公の七桜は可愛くて、心は強くてかっこいいです。
和菓子は女性には難しい道と言われています。
それでも七桜は男所帯の和菓子屋で和菓子作りに真摯に向き合い、素晴らしい作品をたくさん作ります。
今日子に嫌がらせを受けても、立ち向かって自分のやりたいことを貫き通します。
椿には憎しみはあったものの、徐々に惹かれていく様も自然で共感できます。
(30代・女性)

4.5
昔好き同士だった幼馴染が再会して結婚するという設定自体はすごくロマンチックだと思います。でも、そこに老舗ならではの跡継ぎ争いや、殺人事件という不穏なしがらみが絡んでくると、こんなに恋愛に背徳感を感じるのかと少し恐ろしくなります。
恋愛はただ美しいだけでは成り立たないと思い知らされて胸が痛くなりますが、それを越えて惹かれ合う七桜と椿の想いだけは、子供の頃と変わらず純粋だと感じました。
それを象徴するように、ふたりが作る和菓子がとにかく美しくて、和菓子が苦手な自分も食べてみたいと思うくらい惹かれてしまいます。
全体的には、少女漫画っぽくない昼ドラ感もあるところが新鮮で、どんでん返しの連続で展開が予測不能なので、ついつい一気に読んでしまいます。
(40代・女性)

4.0
椿は、ある意味この愛憎劇の一番の被害者だと思います。父親の不倫現場を目撃してしまい、祖父からは本当の孫じゃないと罵られ、最愛の七桜の才能に嫉妬したりと、幼い少年が抱えるには大き過ぎる闇と対峙していました。
表向きはそれを見せないようにクールに振る舞っているけど、誰にも愛されなかった寂しさを、七桜への恋心に依存することで必死に昇華しようとしている姿が痛々しいです。
七桜に対しては、序盤の塩対応からの手のひら返しがすごくて、ツンデレ感に戸惑うレベルですが、とにかく顔がいいので、多少の嫌味も許してしまう不思議な魅力があります。
基本的に無口だけど、一旦口を開くと情熱的な感情をぶつけてくるところがまたいいです。
(40代・女性)

漫画「私たちはどうかしている」の作品情報

作品名 私たちはどうかしている
作者 安藤なつみ
出版社/レーベル 講談社/BE・LOVE
巻数 16巻 完結
公式サイト 日本テレビ「私たちはどうかしている」ドラマ公式サイト
公式SNS ドラマ「私たちはどうかしている」公式Twitter
Wikipedia 「私たちはどうかしている」Wikipedia

※本ページの情報は2022年2月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました