ワールドトリガー(漫画)を全巻無料で読めるサイトやアプリはある?最新刊までrawで配信されてるかも調査!

ワールドトリガー全巻無料 少年マンガ

「ワールドトリガー」を全巻無料で読む方法はあるのか、違法サイトをはじめまんが王国、コミックシーモアなど漫画アプリでの無料配信状況を調査しました!

「ワールドトリガー」を全巻無料で読む方法以外にもあらすじ、感想など作品情報もまとめてあるのでお好きな情報から読み進めて下さい。

漫画「ワールドトリガー」を全巻無料で読めるサイト・アプリは?

漫画「ワールドトリガー」を読めるサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
コミックシーモア 全巻
1番お得
クーポンで70%OFF
\登録不要/
今すぐ試し読み
ebookjapan 全巻 クーポンで6巻半額
今すぐ試し読み
まんが王国 全巻 最大50%還元
今すぐ試し読み
booklive 全巻 クーポンで1巻半額
今すぐ試し読み

漫画「ワールドトリガー」はコミックシーモアなど4つのサービスで読めます。

全巻無料で読めるサービスは現在残念ながらありませんが1番お得に読む方法が分かりました!

Don
Don

1番お得に読めるのはコミックシーモアです!

登録料・解約料は無料
月会費なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
無料登録で好きな漫画に使える70%OFFクーポンがもらえる
感想を書くだけで漫画購入に使えるポイントが貯まる
登録料・解約料は無料
月会費なしで漫画が読めちゃう
独占先行配信マンガが多い
無料登録で好きな漫画に使える半額クーポンがもらえる
感想を書くだけで漫画購入に使えるポイントが貯まる

コミックシーモアなら…

  • 初回70%OFFクーポンで「ワールドトリガー 」を半額以下で読める
  • 「ワールドトリガー」を全巻配信中

現在コミックシーモアでは無料登録特典で好きな漫画1冊に使える70%OFFクーポンがもらえます。

お得なクーポンの配布はいつなくなるか分かりません。

一番お得に「ワールドトリガー」を読むことが可能なこの機会にコミックシーモアをご利用ください。

クーポンで70%OFF
ワールドトリガー全巻無料
シーモア公式サイトへ行く

※立ち読みは登録不要です

漫画「ワールドトリガー」は漫画バンク・rawで全巻無料で読める?

漫画「ワールドトリガー」は違法サイトの漫画バンクやrawダウンロードで全巻無料で読めるのか調査を行いました。

その結果、違法サイトの漫画バンク・rawで全巻無料で読むことはできませんでした。

※漫画バンクは閉鎖され現在閲覧できなくなっています。

「漫画を無料で読みたい」「お金をかけずに漫画を楽しみたい」そう思う方もいると思います。

でも漫画バンクのような違法サイトを利用すると危ないって噂聞いたことありませんか?

Ani
Ani

違法サイトで漫画を読むことは著作権侵害にあたります。

アップロードした側だけでなくダウンロードして読んだ人も罰則の対象になるのでお気をつけください。

刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる可能性もあります。

以下の政府サイトでも著作権侵害について記載がありました。

実際にウイルスサイトにいくとどうなるのかyoutubeで検証動画もありました

Don
Don

本記事では安全で1番お得に漫画を読む方法を紹介しているので公式サイトで安心して漫画を楽しんで下さい。

シーモア公式サイトへ行く
※登録・解約料はかかりません

漫画「ワールドトリガー」の試し読みを全巻無料でできるサイト一覧

サービス名 無料の試し読み
コミックシーモア ◯(全巻)
ebookjapan ◯(全巻)
まんが王国 ◯(全巻)
BookLive ◯(全巻)

漫画「ワールドトリガー」はコミックシーモアなど4つのサービスで全巻無料で試し読みをすることが可能でした。

購入前に漫画のイラストの雰囲気や内容を見てから決めたい方はコミックシーモアでまず無料の試し読みをしてみてくださいね。

今すぐ無料で試し読み
※登録は不要です

漫画「ワールドトリガー」のあらすじと感想

あらすじ

主人公の中学生、三雲は正義感のある中学生。異次元から侵略の危険に晒されている三門市に住んでいる。「近界民」という名前の侵略者たちが三雲の住む街を侵略しようとしているようだった。ある日、三雲の通っている中学校に一人の謎に満ちた転校生がやってくる。彼の名前は空閑という。三雲は、その謎の転校生である空閑に出会ってから、振り回されるばかりで…。そんな三雲の今後の運命はいかに!?アニメ化で大ヒット!最新のSFアクションバトル漫画の超大作を見逃すな!!

感想

4.0
戦闘シーンや、組織内での人間の描き方がとても上手で楽しめる作品。単純に能力の強さや力の強さで圧倒すると言う戦闘パターンは少なく、それぞれの個性を生かした戦い方をしてくれるため、マンネリ化せず、毎回ワクワクしながら見ることができる。その個性を生かした戦い方というのも、賛同している環境や仲間をうまく利用した戦いであり、次の展開がどうなるかと毎回頭をフル回転させてくれる。戦闘シーン以外での会話やちょっとしたシーンでも各キャラクターが心理戦のようなものを仕掛けるなどしているため、暇を感じさせる瞬間がほとんどない大変内容の濃い最初から最後までワクワク感を持ったまま読める作品。キャラクターがとても多いがどれも魅力的で頭に残る。
(男性 30代)

5.0
主人公である三雲修が注目のキャラクター。最初は憧れでチームに加入して敵と戦ってる弱い一般キャラクターのような立ち位置でスタートし、見た目も使用する武器も至って平凡だが、何度も危険な戦闘を重ね、自分の力が平凡であることを把握した上でそれでも勝てるような立ち回りを考え抜いて勝利の経験を積み重ねていき成長するところが魅力的。能力的にも格上な相手と渡り合えるようになるなど、能力に頼り切った勝利ではなく工夫でなんとか乗り越えていくところが他のキャラクターと違って印象に残る。弱いながらに強敵に勝たなければならない場面が多いため、見ている側としても特に次はどうするんだろうと展開を考えさせてくれる良い主人公である。
(女性 20代)

4.0
とても面白い。初めは幼稚漫画かな?なんて思っていたら全然そんなことなくてすっかりハマってしまいました。キャラ一人一人がすごくカッコいい。ストーリーもカッコいい流石ジャンプって感じです。この漫画はそれぞれの個性もいいですが、主人公の最強感も最高にいいです。途中で覚醒したり急に強くなったりする演出はなく経験から強くなったそんな感じがリアル感があって僕は好きです。それに強いと言っても強すぎづ程よい。なんでも一発とか人類最強とかそんなんじゃなくて。チームの絶対的エースみたいな強さがちょうどいい。戦闘シーンは最高です。通常戦では主人公の強さがすごく表されてて爽快です。ボス戦では主人公が苦戦を強いられるのですが、その困難を乗り越えて勝つ最高にカッコいいです
(男性 30代)

4.0
三雲修、 このキャラがとても魅力的に感じました。なぜならこのキャラの成長性は本当に半端ない。すごいですよ。このキャラ最初は最弱キャラだったんですがそれが話しが進むごとにどんどん成長するんです。彼は成長センスとか全く無いけれども自分の能力、武器を磨きまくってどんどん強くなっていきます。それも戦闘じゃなくて戦闘のアシストとして。自分のできることを努力して伸ばして弱キャラから強キャラになるそれが凄くいい。そしてそんなからがチームのリーダーとして活躍している。戦闘は得意じゃなくてもまた違う戦いかたをして強くなるそんな姿が他のキャラとは一味違ってカッコいい、そんなキャラで唯一無にのキャラなっていて魅力的なキャラです
(男性 30代)

4.0
面白いバトル漫画ですね。
個人の能力の高さも重要ですけど、戦略・戦術を重視したバトルが魅力的だと感じます。
主人公の三雲は戦闘力自体低く、正直弱い部類。
でも弱いからこそ作戦を考える能力が凄いんだと思います。

バトルシーンで面白いのはボーダー同士の模擬戦です。
1vs1もいいんですが、ランク戦が凄く面白いです。
しかも色んな隊が一つの戦場に入り乱れるので、バトルはイレギュラーな展開ばかり。
目の前の敵相手に必死になっていたら、他の隊から狙撃されることも。
強敵がいれば一時的に共闘関係を組んだりするので、戦闘力が高いからといっても安心出来ません。
他の隊員もトリガーの使い方が独特だったりするのもいいです。
どのトリガーを選ぶか、どういう風に使うかで個性も出ていますし、ボーダー戦が面白過ぎます。
(男性 30代)

4.0
一番魅力的なのは迅悠一。
普段はお菓子を食べたり、飄々とした態度でつかみどころがありません。
でもその戦闘力はピカイチですし、サイドエフェクトの未来予知が凄すぎます。
ブラックトリガーを手放してしまったのは残念ですけど、風刃を持った時の強さは圧倒的。
複数のA級隊員に襲い掛かられても撃退したのは凄かった。

空閑もカッコイイですね。
特に気に入ってるのがグラスホッパーを使った高速機動戦。
グラスホッパーで立体的に動けるようになりますし、その奇襲は本当にすごい。
よくここまで使いこなせるものだと感心します。

あとは太刀川慶でしょうか。
A級1位の実力は伊達じゃないですね。
迅とライバル関係にあるだけあり、実力は本物。
ネイバーを一瞬で屠る姿にはしびれました。
(男性 30代)

漫画「ワールドトリガー」の作品情報

作品名 ワールドトリガー
作者 葦原大介
出版社/レーベル 集英社/ジャンプSQ
巻数 既刊24巻
公式サイト 「ワールドトリガー」公式サイト
公式SNS 「ワールドトリガー」公式Twitter
Wikipedia 「ワールドトリガー」Wikipedia

※本ページの情報は2022年3月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました